11 - 20 of 130

Microsoft Azure で組織の規制管理に関する課題をより効率的に解決する

国内および国際的な規制とコンプライアンスの要件を満たすため、実際の組織が Azure のセキュリティとコンプライアンス ツールを使用することにより経験した経済的な影響とビジネス上の利点を確認します。 IDC による調査では、Azure の規制およびコンプライアンスのサービスを使用している 12 の組織で、次のようなことが実現していることが示されています。465% の投資収益率。コンプライアンスに関連する罰金のコストを 35% 削減。規制および IT コンプライアンス環境の容易な監査。業界標準 (HIPAA、HITECH、SEC など) の規制に対する組み込みのコンプライアンス。 

The Total Economic Impact™ Of Microsoft Azure IaaS - Forrester Consulting が実施した委託調査

企業がオンプレミスのインフラストラクチャを Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) に移行することによって得られる実際の財務的影響とビジネス上の利点についてご確認ください。この Microsoft の依頼による Forrester Consulting の調査では、実際のお客様が体験した投資収益率などの結果に関する詳細な分析が示されています。 オンプレミス インフラストラクチャの Azure への移行を体験した 9 社のお客様がインタビューを受けました。分析では、聞き取り対象のお客様に基づいた複合組織が以下を体験したことが示されました。3 年間で 478% の投資収益率。インフラストラクチャおよびオンプレミスの従業員コストとして 1,030 万米ドルの節約。オンラインの受注量が 83% から 167% の間で増加。平均受注サイズが 20% から 27% 増加。Azure のハイブリッド機能により移行の柔軟性に加え、開発者およびテスト担当者のプロセスが加速。  

他社と比較し、自社の分析戦略が標準を満たせない理由を理解する

今後 2 年にわたり、効果的なデータおよび分析戦略がビジネス トランスフォーメーション イニシアティブを成功させるのに不可欠になるでしょう。アンケートに回答したビジネス リーダーのうち 91% はこれが真実であると同意しましたが、自分の組織がこの領域で成熟していると答えたのはわずか 20% でした。サイロ化されたデータソース、一貫性のないデータの種類、オンプレミスのデータ システムでの容量とパフォーマンスの制約を解決することが、デジタル トランスフォーメーションを成功に導き、分析サービスの ROI を最大化するための鍵である理由を説明します。 Harvard Business Review Analytic Services のレポート『Understanding Why Analytics Strategies Fall Short for Some, but Not Others (他者と比較し、自社の分析戦略が標準を満たせない理由を理解する)』をお読みになり、次のことを理解しましょう。先見の明のあるビジネス リーダーが、データや分析に対して統合された企業全体を対象とするアプローチを採用している理由。分析、BI、AI をフル活用して、企業がどのような一般的な課題を解決できるか。デジタル トランスフォーメーションを進めるための準備を行い、組織の分析の成熟度を上げるための方法。 

Microsoft Azure Analytics と Power BI を連携させることによる Total Economic Impact™

Microsoft が依頼したこの Forester Consulting の調査で、企業が低いコストで、より高い分析のパフォーマンスを実現する方法をご確認ください。 Forrester は 4 人のお客さまにインタビューし、その他 364 人に Azure Analytics を Power BI と一緒に使用することについてのアンケートを実施しました。アンケートに回答したお客様のうち、85% のお客様が、分析用データベースとストレージ、データ管理スタック、ビジネス インテリジェンス ツールが適切に統合されていることが、組織にとっての利益になったと同意、または強く同意しました。またお客様は、他の分析ソリューションと比較し、Microsoft の分析および BI のサービスでは、平均で 21.9% の総コスト削減になったと回答しました。 インタビューおよびアンケートを実施した会社に基づき、Forrester は Microsoft の分析およびビジネス インテリジェンス (BI) ソリューションで提供できることについて、以下のように見積もりました。3 年間で 2,210 万ドルの利益と 600 万ドルのコスト。結果、正味現在価値 1,610 万ドルと、投資に対する予測収益率 271%。総所有コストを 25.7% 削減。データ セキュリティの改善、意思決定の強化、データ アクセスの民主化により、分析システムの全体的なパフォーマンスを改善しましょう。 レポートをダウンロードして、Microsoft の分析がお客様の組織の財務にどのようによい影響を与えるかの詳細をご確認ください。 

Azure SQL Data Warehouse にデータ資格情報コンテナーをデプロイする

Azure SQL Data Warehouse にデータ資格情報コンテナーをデプロイする

『Azure Networking Cookbook』を使ってより効率的にネットワークを管理する

Azure からネットワーク ソリューションを使用して、より効率的にネットワークの構成、管理、監視、トラブルシューティングを行います。Packt 社が発行しているこの無料の『Azure Networking Cookbook』で、Azure ネットワーク サービスの使用に関するハンズオン ガイダンスをご確認ください。この電子書籍では、以下を行う方法に関する詳細な情報が取り上げられています。ハイブリッド接続の作成およびそれを使った作業。Azure ネットワーク サービスの構成および管理。高可用性ネットワーク ソリューションの設計。ネットワーク リソースの監視とトラブルシューティング。仮想ネットワークへのローカル ネットワークの接続。 この電子書籍には、学習に役立つ GitHub でのコード バンドルのサンプルへのリンクが含まれます。 

クラウドネイティブな SIEM: Azure Sentinel のクイック スタート ガイド

クラウドと AI で、よりスマートにすばやく脅威を検出して対応しましょう。Azure Sentinel を使用すると、インテリジェントなセキュリティ分析や、無制限のコンピューティングやストレージを利用できます。組織全体のセキュリティ データを 1 か所に集め、会社全体の保護を今すぐ開始しましょう。 e-Book「Cloud-Native SIEM: Quick Start Guide to Azure Sentinel (クラウドネイティブの SIEM: Azure Sentinel のクイック スタート ガイド)」をお読みください。ご紹介する内容は次のとおりです。Azure Sentinel を有効にする。すべてのソースからのデータを結び付けて、さらに詳細なセキュリティ インテリジェンスを実現する。組み込みのダッシュボードとクエリを使用して、データを表示して分析する。警告の見落としや誤検知を減らし、重要なことに集中できるようにする。 

Azure での Linux 管理の演習

開発者や管理者の方は、Linux ワークロードを Azure 上にデプロイするのに必要なすべての知識を、Packet 発行の「Hands-On Linux Administration on Azure (Azure での Linux 管理の演習)」e-Book でご確認いただけます。この無料 e-Book では、次のような操作を行うための技術に関する全般的なガイダンスを提供します。Azure で使い慣れたものと同じ Linux ツールやコマンドを使用する。Ansible を使用して Azure クラウド環境で Linux インスタンスを管理する。Azure Resource Manager と PowerShell を使用して Linux のデプロイを自動化する。Linux のセキュリティを強化し、Azure ID 管理サービスを使用する。Azure 環境のコンテナーを管理する。 Azure では、Red Hat、SUSE、Ubuntu、CentOS、Debian、CoreOS など、最も一般的な Linux ディストリビューションがサポートされており、今後もさらに増える予定です。 

セキュリティ分析と運用: クラウド コンピューティング時代の業界の動向

サイバー攻撃はますます巧妙化し、その件数も増加する一方です。それにより、生成されるテラバイト (さらにはペタバイト) 規模のセキュリティ データを保護するサイバーセキュリティ インフラストラクチャをサポートするにあたっての課題もますます増えています。データ容量とインフラストラクチャ要件に対応するため、組織はクラウドベースのセキュリティに切り替えています。 Enterprise Strategy Group の e-Book 『Security Analytics and Operations:Industry Trends in the Era of Cloud Computing (セキュリティ分析と運用: クラウド コンピューティング時代の業界の動向)』 をお読みになり、大企業や中小企業がセキュリティ分析ソリューションを評価して購入し、クラウドベースのセキュリティ分析を採用して以下のようなことを実現している様子をご確認ください。セキュリティ テレメトリ データを管理、維持する。さまざまなソースからの非常に大規模なデータセットにアクセスし、分析する。オンプレミスのセキュリティ分析アーキテクチャを構築するのではなく、クラウド規模のセキュリティ運用を活用する。