11 - 20 of 98

Windows Server 2008 のサポート終了に備えましょう

Windows Server 2008 / 2008 R2 の延長サポートが2020年 1 月 14 日に終了するのに伴い、業務の中断を避けるために今から準備を始めましょう。 このe-Book を読むことで、迅速かつ影響の少ないAzure への移行手段を学んでください。Azure へ移行することで、定常的なセキュリティ更新プログラムが提供され、悪意のある攻撃を防ぎ、業界の規制に準拠したコンプライアンスを担保することが可能になるだけでなく、最新のイノベーションによるインテリジェントなクラウドの機能を利用することができます。また、これらは使い慣れたマイクロソフトのツールを利用し、既存のスキルを活用することができます。さらに、以下についても詳しく説明します。Azure の機能と利点 - Azure が Windows Server の最高のクラウドである理由。 コスト削減 - Azure Hybrid Benefit と Azure Reserve Virtual Machine Instances により、最大80% のコストが削減できる可能性があります* 移行戦略 - 移行のためのベスト プラクティスとアプローチを解説します。

クラウドで得られた教訓: Windows Server を移行した 4 社

Windows Server 2008 および 2008 R2 のサポート終了が近づいています。しかし、今までに他の会社に見られたように、それは、ご利用のワークロードが必要としているセキュリティ、コスト削減、サポート、開発エクスペリエンスをあきらめる必要があることを意味するものではありません。 この電子書籍をお読みになって、Azure への移行が Allscripts、GEA Group、Jellyfish Pictures、および MedPoint Digital にとってなぜ正しい道筋だったかをご確認ください。彼らがここまでに得たコスト、スキルセット、およびコンプライアンスに関する教訓を知り、さらに、貴社が次のことを実現する上で Azure がどのように役立つのかをご確認ください。 馴染みのある Microsoft テクノロジを使用して移行を簡単に行う。オープンソース機能を使用してハイブリッド クラウド シナリオを可能にする。既存のワークロードのセキュリティ保護を維持する。 一元管理されたサービスを取得して、Microsoft のサポートを受ける。 “Azure でも Windows Server ライセンスを引き続き使用できるので、移行によりコストを削減できます。” —Stefan Heimann, Chief Information Officer, GEA Group 

Azure vs. AWS - Windows Server と SQL Server で使用する場合のコストの比較

Windows Server および SQL Server の場合、最もコスト効率に優れたクラウドは Microsoft Azure です。このデータシートをダウンロードして、Azure 独自のコスト削減オプションの活用、セキュリティ更新プログラムの無料での延長、現在のスキルと使い慣れたツールを使用した迅速かつ効率的なイノベーションの開始を行う方法をご確認ください。また、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) のコストに関する情報を確認できます。

ISV のクラウド移行のガイド

ご自身の会社のニーズに合った適切なクラウド移行戦略を使用して、収益の拡大、新規顧客へのリーチ、ビジネスを競合他社と差別化する方法をお読みください。ユース ケースを確認し、Microsoft から支援を受けた独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) のクラウド最新化への道がどのようにスタートしたかについて説明します。ご自身のクラウド移行または最新化に適した計画とパートナーを見つけ、SaaS アプリ業界のソフトウェア ベンダーとして、200 億ドルと予想されている四半期売上のシェアを獲得してください。 電子書籍をダウンロードして次のことができます。どのクラウド移行戦略が自社に適しているかを判断するために支援を受ける (コード変更を伴わない "リフト アンド シフト" の移行戦略か、より包括的な再構成による最新化)。クラウドへの移行によって総保有コスト (TCO) を削減し、世界のオーディエンスにリーチすることができた企業の実際の事例と顧客の証言を確認する。インテリジェント機能、予測分析、データドリブン分析情報を使用して顧客の行動を分析し、充実した魅力的なユーザー エクスペリエンスを提供することで、基盤を拡大する方法を学ぶ。 

クラウドの移行チェックリスト

このチェックリストは、クラウドの移行を計画、評価、開始するための手順を紹介し、Microsoft Azure を使用してのクラウドへの移動を助けるためのリソースを提供します。

Packt:データ サイエンスの原則

データ サイエンティスト。機械学習エンジニア。ビッグ データ エンジニア。この 3 つはいずれも新興職種*の首位を占めており、数学、プログラミング、ドメインの専門知識という必須のスキルを備えた人材が様々な業界の企業から求められています。 データを処理する多くの人は、このうち 1 つまたは 2 つのスキルを持っていますが、適切なデータ サイエンスには 3 つのスキルすべてが必要です。Packt 社が発行したこの包括的な電子書籍「データ サイエンスの原則」はギャップを解消するのに役立ちます。 ビジネス パフォーマンスを向上させ、革新を促進し、新たな収入源を作り出すには、データ製品を構築します。すべてはそこから始まります。 このガイドは、以下が当てはまる方を対象読者としています。データ サイエンスの基本的なプラクティスを理解して、任意のドメインに適用したいと思っている。数学の基礎 (代数学と確率) に詳しい。コードスニペットと擬似コードを容易に読める。 「データ サイエンスの原則」を今すぐダウンロードして、次の内容をご確認ください。データ サイエンスの用語とデータの種類。データ サイエンスの 5 つのステップ。統計的データ分析と機械学習の基礎。基本を超えて実行可能なこと。 

Azure SQL Database Edge の概要

Azure SQL Database Edge について調べる

ブロックチェーン ワークフロー アプリケーション

企業では、ブロックチェーンを使用して、サプライ チェーン全体での物的資産の移動など、他の組織と共有するワークフローをデジタル化しています。ユース ケースは違っても、ブロックチェーン アプリのしくみは似ています。ここでは、基盤となるマネージド ブロックチェーン ネットワークとして Azure Blockchain サービスを使用し、共同事業体アプリケーションを作成します。このアプリは、関連するユーザー インターフェイスから信号を取り込んで、共同事業体の全域にある消費アプリに台帳データを伝達します。

クラウドにおけるデータの基本ガイド:DBA 向けハンドブック

貴社のデータがクラウドに移行され、お客様のデータベース管理者 (DBA) としての役割が変わろうとしています。準備のための時間が十分にある場合でも、ワークロードをすぐに移動する必要がある場合でも、今こそ DBA としてビジネスに価値を追加できるか腕の見せ所です。クラウドへのデータベースの移行に万全を期すために、「クラウドにおけるデータの基本ガイド:DBA 向けハンドブック」をご覧ください。 この DBA 向け電子書籍では、以下のことを理解できます。オンプレミス データベースからクラウド データ サービス (Azure で利用できるクラウド データベース テクノロジ) への変換。自分のスキルを転換する方法と、最適化、実験、高度なデータ アーキテクチャを増やして、修正、保守、管理を減らすよう自分の役割を高める方法。DBA がどのようにクラウドを使用して、コストを削減し、収益性を高められるか。  

実際の IoT製造業のストーリー

この無料のガイドを読んで、ビジネス リーダーが、データ、デバイス、アプリケーションのコントロールを管理するエンドツーエンド アプローチに Azure IoT をどのように使っているかを学びましょう。モノのインターネット (IoT) の活用に必要なものと IT ソリューションを稼働する方法について理解を深めましょう。次に挙げるトピックを検討して、経験者から学びましょう。 IoT で実現できること。これには、接続されているデバイスの情報、データを分析情報に変換する方法、アクションを起こすために必要なものが含まれます。 ビジネスのニーズに合わせて IoT コストを評価し、IoT ソリューションを迅速に稼働する方法。 Microsoft が、リモート監視、予測メンテナンス、設備の管理、接続された製造工程、車両、航空機、船舶の管理など一般的な IoT シナリオに安全なエンドツーエンド アプローチを提供する方法。