11 - 20 of 46

Microsoft Azure で実現する一貫性のあるハイブリッド クラウド

IT 機能のほとんどがクラウド化へと方向性を示す中で、クラウド コンピューティングは大きな注目を集めています。その一方で、オンプレミスのデータセンターも重要な役割を果たし、この状況は今日、そして近い将来も続くことが見込まれています。この 2 つを統合してハイブリッド クラウドを構築することは、多くの組織にとって非常に重要です。マイクロソフトはこの現実を理解し、組織におけるハイブリッド クラウドの構築を支援するため、整合性と連携のとれたクラウド テクノロジとオンプレミス テクノロジを幅広く提供しています。また、競合他社とは異なり、お客様に適した方法を選択していただける柔軟性の高いオプションもご用意しています。お客様が選ばれたアプローチをサポートする、一貫性のあるハイブリッド クラウドを提供すること。それがマイクロソフトのコミットメントです。

Microsoft AI で初めてのインテリジェント ボットを開発する

製造、小売、金融、医療など、さまざまな業種でAI によるデジタル トランスフォーメーションが加速しています。変革が今のペースで進めば、いずれどの業界でも、AI を使用して人間の創造力を拡張できるようになるでしょう。この e-Book では、マイクロソフトの Anand Raman と Wee Hyong Tok が、AI を活用したアプリケーション開発の総合的なロードマップについて、開発者の皆様に解説します。Conference Buddy を例に、会議出席者による講演者とのコミュニケーションをサポートするインテリジェント チャット ボットを開発するための基本要素を紹介します。さらに、このe-Book では、Microsoft AI プラットフォームが提供するさまざまなツール、インフラストラクチャ、サービスに関する概要を簡単に紹介し、インテリジェントで強力なアプリケーションの開発手法について説明しています。 クラウド、データ、AI を融合してインテリジェントなシステムを構築する方法を理解する。Microsoft AI プラットフォームが提供する、AI アプリケーション開発に役立つツール、インフラストラクチャ、サービスを知る。視覚、翻訳、音声など、事前構築済みの AI 機能を使い、Conference Buddy アプリケーションに新しい AI のスキルを学習させる。Open Neural Network Exchange の概要を理解する。

AI の活用—1 つのガイドで 3 つの技術事例をご紹介

『開発者向け AI 活用ガイド』では、開発者が AI を活用して次世代アプリを作成している事例を詳しくご説明します。AI に関する 3 つケース スタディでは、さまざまなコード、技術仕様に関する詳細、実際に導入されているソリューションの段階的な説明をご覧いただけます。通信プロバイダーの Three、旅行アプリメーカーの NAVITIME、地方自治体向けサービス プロバイダーの Powel の 3 社が AI 技術搭載アプリを迅速に構築した方法と、その結果ユーザー エクスペリエンスに起こった変化についてご紹介します。 各ケース スタディには、次の内容が含まれます。使用される主な技術お客様情報問題の説明ソリューションとステップテクニカル デリバリーまとめ

データ主導型のワークスペース

スマート ビルディングが世界中に根付いていることは周知の事実です。数多くのデータ収集センサーと高度な 分析を用いて施設管理を最適化するスマート ビルディング戦略の開始を促したのが、エネルギーの利用をより 適切に管理したいという願望でした。実際、Harvard Business Review Analytic Services が世界各地の 405 名に及ぶ商業不動産の開発者、所有者、および居住者を対象として実施した調査でも、66% のグローバル組 織が、スマート ビルディングの一番のビジネス推進要因はエネルギー管理であると回答しています。 このレポートでは、スマート ビルディングのイ ニシアチブを、データ収集センサーと分析機能を 用いて、施設のコスト、エネルギーの利用、イン フラストラクチャのメンテナンス、および物理ス ペースの利用をより適切に管理するためのイニ シアチブとして定義しています。

Azure 上の Windows Server 完全ガイド

2020 年にWindows Server 2008 / 2008 R2のサポートが終了します。これを機にビジネスをモダナイズするためにクラウドへの移行をご検討いただいてはいかがでしょうか。このガイドを利用し、既存のWindows Server の知識を活かした、迅速かつシンプルで、影響を最小限に抑えたAzure への移行を実施ください。 Azure 上の Windows Server 完全ガイドでは、以下についてご確認いただけます。移行をサポートする実践的な手順。ビジネスへの影響を最小限に抑えながら円滑な移行を支援する主要な指針。Azure 機能を理解するためのマイクロソフトとマイクロソフトのパートナーから提供されるリソースと、Windows Server のワークロードを移行する際に活用できる機会。

サポート終了から Azureへの移行パスについて

2020 年 1 月の Windows Server 2008 / 2008 R2 のサポート終了に伴い、オンプレミス サーバーを Azure に移行することをご検討ください。データをクラウドに移行することにより、自由にスケール アップまたはダウンが可能。信頼性とコンプライアンスを改善して、ワークロードに高い可用性をもたらすことができます。 この e-Book をご覧になり、Windows Server 2008 のライセンスを Azure に簡単に移行する方法をご確認ください。この 3 段階のサーバー移行プロセスでは、以下についてご確認いただけます。 移行の必要性を評価する 移行のサポートのためにオンプレミスデータセンターのリアルタイムレプリケーションとツールを利用する クラウド環境を最適化して、パフォーマンスとスケーラビリティ機能を大幅に低コストで最大限活用する

「数字で見るハイブリッド クラウド」インフォグラフィック

このインフォグラフィックでは、マイクロソフトとリサーチ会社 Kantar TNS により実施された、2018年版『State of Hybrid Cloud』の主要な調査結果が示されています。どれほど多くの企業がハイブリッド クラウドを利用しているか、またその理由や得られるメリットはどのようなものかご覧いただけます。また、レポートの内容をすべて収録したオンデマンド ビデオへのリンクも掲載されています。

エンタープライズ クラウド戦略 - クラウド コンピューティング e-Book の概要

企業向けクラウド コンピューティング戦略の導入に関する基礎を学ぶことができます。クラウド コンピューティングについて解説した e-Book、『Enterprise Cloud Strategy』(エンタープライズ クラウド戦略) 第 2 版では、エンタープライズ クラウドへの移行の計画策定および実施に関する重要な情報を取り上げています。140 ページにわたる同 e-Book の要旨をまとめたこちらの概要版では、企業にとってのクラウドの戦略的重要性や、以下の内容についてご確認いただけます。企業のクラウド移行をサポートするリソースなど、e-Book で取り上げられている主な内容の要約 クラウド コンピューティングの用語、概念、選択肢に関する解説クラウド移行のロードマップの構築に関する詳細情報

I&O リーダーが直面している主要な課題とその対処方法

IT が急速な変化を遂げる中、インフラおよびオペレーション (I&O) リーダーは、俊敏かつスケーラブルなインフラ戦略を策定する上で大きな課題に直面しています。 こちらの Gartner の無料レポートをダウンロードして、成功を収めるハイブリッド クラウド戦略の構築、適切な IT 人材の確保、レガシー アプリケーションのモダナイズまたはリタイアに関する決断など、IT プロフェッショナルが挙げる今年の主要な懸念事項をご確認ください。また、I&O 機能を向上させ、デジタル ビジネスを効果的にサポートするために推奨される次のステップと、候補となるソリューションもご紹介しています。

Gartner の Magic Quadrant for Infrastructure as a Service

Gartner は Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service (IaaS), Worldwide2018 年版において、マイクロソフトを5 年連続リーダーとして選出しました。 たすように設計されています。Azure は独自のハイブリッド デプロイ モデルと、業界をリードするコンプライアンスおよびセキュリティを提供しています。Azure はオープンソース テクノロジをサポートしているので、好みのツールをお使いいただけます。Gartner による IaaS プロバイダの評価は多岐にわたり、トップ クラウド ベンダーの強み、注意事項、推奨用途などが含まれています。詳細については、Gartner レポートの完全版をダウンロードしてご確認ください。