11 - 20 of 94

SAP ワークロードのクラウドへの移行方法を学習する

SAP は組織の主要なデータ ストアです。今こそ、SAP のワークロードをクラウドに移行する計画を立て始めるときです。SAP をクラウド上で実行することには大きなメリットがあります。その中には、コスト削減、イノベーションの促進に役立つ強力な BI ツール、包括的なセキュリティまたはディザスター リカバリー能力が含まれます。 SAP の資産をクラウドへ移行する計画を立てるのに役立つ、この無料の e-book、ホワイト ペーパー、編集可能な PowerPoint テンプレートのコレクションをダウンロードして、社内のチームと戦略を共有しましょう。次の重要な分析情報について学習します:実稼働グレード SAP 環境向けのクラウドベースのオプション。2025 年までに ERP ソリューションを S/4HANA へ移行するための SAP の要件を順守する。リスク管理やセンチメント分析などの様々なアプリケーションで、クラウドベースの Power BI および他のビッグ データ ツールを使用する。Microsoft の SAP 認定高性能インフラストラクチャが、SAP HANA へのリフトアンドシフトをサポートする方法。    

ハイブリッド クラウド戦略の策定: 両方のメリットを最大限に利用してビルドする

クラウド サービスの採用は、企業が競争力を保つために不可欠になっています。ただし、規制要件や、既存のインフラストラクチャへの投資を最大化する必要性のため、すべてをクラウドで行うアプローチが常に実現できるわけではありません。代わってハイブリッド クラウド環境は、クラウド サービスがオンプレミスのテクノロジと統合されており、規制を満たし、現在のオンプレミスの投資を最大限に活用しつつ、クラウド コンピューティングのコストと生産性のメリットを活かす上で理想的な方法です。 Microsoft Azure ハイブリッド クラウドのリソース キット全体をダウンロードして、次に関する分析情報を取得します:ID およびアクセス管理を含む、ハイブリッド クラウド環境でのセキュリティの管理。開発効率の向上と DevOps の実装。ハイブリッド クラウドへの移行計画。2018 年のハイブリッド クラウドの状況調査に見られる競合会社の傾向の活用。 

エンタープライズ クラウド戦略 (第 3 版)

エンタープライズのインフラストラクチャをクラウドに移行し、管理する上で知っておくべきことエンタープライズ クラウド戦略に関する電子書籍の第 3 版では、エンタープライズのインフラストラクチャを Azure に移行して管理するための戦略を策定する方法に関する特に重要な情報を紹介して、以下についてすばやく理解できるようにします:サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) によって、どのようにオンプレミス プロセスの管理から解放され、費用と時間が節約されて革新に注力できるようになるか。整合性のあるハイブリッド クラウド コンピューティング インフラストラクチャを計画および実装する方法。組み込みの Azure セキュリティおよびコンプライアンス ツールを使用して、会社のデータをクラウドで保護および管理する方法。開発およびテスト環境の実装によって、ソフトウェア開発の速度と効率性を向上させる方法。これは、IaaS エコシステムの作成、管理、メンテナンスの概要を紹介し、監視、管理、コンプライアンスなどのトピックに関する具体的なガイダンスを提供する IT リーダーとビジネス リーダーのための貴重な資料です。

ROI を解き放つ

モノのインターネット (IoT) テクノロジに取り組んでいる組織が、ビジネス ケースや大局的な戦略を考えずに、革新的なソリューションに飛び付くことがあります。有意義なビジネス価値を推進することを主要目的として、ご自身の IoT プロジェクトを戦略的イニシアティブとして捉え、IoT 投資に対する収益を最大化してください。まずは、成功をもたらす IoT プロジェクトを開始して管理するために、何をする必要があるかを明確に理解しましょう。 この無料のホワイト ペーパーでは次の方法について説明します。IoT プロジェクトの強固な基盤を開始する。プロジェクトを効果的に実行して ROI を最大化する。プロセスのあらゆる段階で経験豊かな IoT パートナーと連携する。

予測メンテナンスだけではない、IoT を使用した "可能性のアート"

モノのインターネット (IoT) は当初の過剰宣伝を超えて成熟しており、幅広い業界のあらゆる規模の組織にとって、実行可能なテクノロジとなっています。主なユース ケースが既に主流になっており、組織は以下の目的のために、なぜ、どのようにして、どこに IoT を展開するべきかについて、より高いレベルを求めています。新しい収益の流れを作成する。新しいビジネス モデルを可能にする。AI、ブロックチェーン、高度なエンドポイントなどの他の高度なテクノロジとの相乗効果を実現する。 IoT の可能性を最大限に活用するには、まず、そのビジネス価値とプロジェクト成功のための重要な要素について、より明確に理解することから始めてください。Boston Consulting Group (BCG) によるこの無料の委託レポートをお読みになり、IoT を使用してビジネス上の課題を解決するのに役立つガイダンスを得たり、実際の例を探索したりしてください。 

あらゆるコンピューティング ニーズにクラウドを適合させる:Azure のコンピューティング ポートフォリオ

International Data Corporation (IDC) が提供するこのホワイトペーパーをダウンロードして、お客様のクラウド コンピューティング ニーズに合った仮想マシンを選択する際に考慮すべき要素を特定してください。このリソースでは、エントリレベルのテスト環境からハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) まで、あらゆるワークロードやユース ケースに利用できる Azure VM の概要を紹介しています。競争力のある価格設定を提供しているだけでなく、業界をリードするセキュリティとハイブリッド機能も備えている Azure についてお調べください。 

Azure Stack: 自分に合ったハイブリッド クラウドを

すべてのワークロードにクラウドの利点を デジタル変革へと急かされるなか、多くの組織は、最新のアーキテクチャに構築され従来のアプリを更新するパブリック クラウド サービスを使用して、より迅速に前進できることに気づき始めています。ただし、技術上の障害や規制の問題などの理由のため、多くのワークロードをオンプレミスに残す必要があります。詳しくはデータシートをダウンロードしてください。

エンタープライズ クラウド導入状況のベンチマーク評価—Forrester Research レポート

クラウド コンピューティングへの移行は、企業が競争力を維持するための戦略的な要件になっています。Forrester Research によるこのレポートを読むと、自社のクラウド導入の優先度、懸念事項、戦略を広域市場と比較して検討することができます。今すぐダウンロードして、次の内容をご確認ください。自社が他の企業に比べて、クラウド導入に関して先行しているか、遅れているか。多くの企業がセキュリティとコンプライアンスの要件にどのように取り組んでいるか。クラウド移行の計画をどこから始めるか。ハイブリッド クラウド、マルチクラウド、パブリック クラウド、およびプライベート クラウドなどの各種環境を含む、クラウド コンピューティング プラットフォームの動向。 

Azure Serverless Computing Cookbook (Azure サーバーレス コンピューティング クックブック)、第 2 版

サーバー インフラストラクチャの管理にかける時間を減らし、より多くの時間を優れたアプリの構築に注ぎましょう。データの処理、システムの統合、単純な API とマイクロサービスの構築のためのフルマネージド コンピューティング プラットフォームである Azure Functions を使用して、ソリューションをより早期に市場投入しましょう。この電子書籍では、独自のサーバーレス環境をすばやく構成できるようにするための各種ユース ケース、ハンズオンの手順、チュートリアルが用意されています。Functions のベスト プラクティスが含まれており、次の方法を学ぶことができます。サーバーレス アーキテクチャでイベントベースのハンドラーを開発します。Azure Functions をテスト、トラブルシューティング、および監視します。開発からデプロイ、保守まで、管理タスクを自動化します。Functions を他の Azure サービスと統合します。Durable Functions を使用して、ステートフルなサーバーレス アプリと自己復旧ジョブを構築します。399 ページのサーバーレス コンピューティングに関する電子書籍をダウンロードして、サーバーレス アプリの迅速な構築に役立つ多くのステップ バイ ステップ形式のレシピをご覧ください。 

Azure Databricks のユース ケースを紹介する電子書籍でビッグ データと AI の課題を解決

無料の電子書籍「Azure Databricks を使用した 3 つの実用的なユース ケース」では、Azure Databricks のツールを使用してビッグ データと AI の課題を解決する方法について説明しています。高速でコラボレーションに対応した Spark ベースの分析プラットフォームで利用できる既製のノートブックの例をご覧ください。それらを使用して独自のソリューションを実行しましょう。 変更頻度分析モデル、レコメンデーション エンジン、侵入検出デモという、3 つの一般的な分析のユース ケースが詳しく紹介されています。この電子書籍では、以下を実行できます。 既成の Azure Databricks ノートブックを使用して実用的なユース ケースを順番に確認し、関連するデータ モデルを実行します。 3 つの一般的な分析ユース ケースに関する、実際に動作するコード例と段階を追った説明を入手します。 作業グループとの共同作業によってビジネスのサイロ化を回避できるようにする分析プラットフォームでトレーニングを行います。