リソース検索結果

111 - 120 of 138

Gartner の Magic Quadrant for Infrastructure as a Service

Gartner は Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service (IaaS), Worldwide2018 年版において、マイクロソフトを5 年連続リーダーとして選出しました。 たすように設計されています。Azure は独自のハイブリッド デプロイ モデルと、業界をリードするコンプライアンスおよびセキュリティを提供しています。Azure はオープンソース テクノロジをサポートしているので、好みのツールをお使いいただけます。Gartner による IaaS プロバイダの評価は多岐にわたり、トップ クラウド ベンダーの強み、注意事項、推奨用途などが含まれています。詳細については、Gartner レポートの完全版をダウンロードしてご確認ください。

ID の管理と Azure Active Directory

Azure Active Directory (Azure AD) を利用した ID 管理でネットワーク セキュリティを強化しましょう。シングル サインオン (SSO) なら、会社が承認したモバイル デバイスとクラウドを通じてどこからでもネットワーク アクセスを認証できるため、社員の生産性を維持できます。ID 管理を利用すれば、クラウド ネットワークにセキュリティ層を追加できます。データシートでは、次の方法をご覧いただけます。• 適切なクラウドベースの ID ソリューションで、セキュリティと生産性の目標を達成する。 • SSO で社員の生産性を高める。 • ディレクトリ サービスをクラウドに拡張した場合に、Azure AD を利用してアクセス管理プロセスを合理化する。

GDPR コンプライアンス: サービスとしてのインフラによって簡単に対応する方法

Azure のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) を使用して、一般データ保護規則 (GDPR) コンプライアンスに備えましょう。 このインフォグラフィックをダウンロードして、GDPR コンプライアンスを実現するまでの過程と、Azure IaaS でそれがいかに容易になるかを視覚的に概観してください。GDPR に関連する誤解や重要な変更点をご理解いただくとともに、新たな要件を満たすために役立つ、効果的でコスト効率が高く、拡張性を備えた長期的な Azure のソリューションについてご理解いただけます。

エッジ コンピューティング: IoT による新しいインフラ市場の創造

モノのインターネット (IoT) により創造される、急速に拡大するインフラストラクチャ ニーズに準じてください。何百万ものセンサーやデバイスによって収集されるデータを処理できるネットワークを維持するために企業で必要な事柄について学びましょう。ますます大きくなるこうした要件に対応し続けるには、インフラストラクチャを管理するための包括的なアプローチが必要になります。 この Forrester 社のレポートでは次の点について詳しくご説明します。 • 一般的な階層型ネットワークで、IoT がもたらす大幅なトラフィック増加を処理できなくなる理由について。IoT デバイスの拡張に伴い、インフラに集中して、システムを迅速に展開させる必要が生じます。 • IoT テクノロジがもたらすトラフィック増加に対処するために必要な事柄。システムでは、包括的なシステム設計、自動化、および管理について考える必要があります。サイロ化と IoT テクノロジの相性は最適ではありません。 • 統合されたアプローチを使用して始めるインフラの設計内容について。最良の結果を得るには、アプリ開発者と業務の専門家が連携してネットワーク アーキテクチャの改良に取り組む必要があります。 

クラウド移行の基本: サーバーと仮想マシンの移行ガイド

クラウドに移行すると優れたスケーラビリティ、コスト効率、パフォーマンスの向上が実現しますが、同時に、慎重な IT 計画と戦略が必要になります。幸いにも、クラウドの移行に気後れすることなく、簡単にクラウドに移行するのに役立ち、ビジネスへのリスクと影響を最小限に抑えることができるリソースがあります。 この Azure 移行に関する e-Book をダウンロードし、当初の考慮事項から必要なツールに至るまで、プロセス全体のガイダンスとしてください。次の点についてご説明します。• クラウドに移行するためのアプローチ。 • サーバー、仮想マシン、およびアプリケーションの確認と評価。 • 移行の確実な実行。 • クラウド サービスとリソースの最適化と調整。

Azure の戦略および実装ガイド

組織にとって、クラウド コンピューティングの可能性は明らかですが、クラウドへの移行において IT 組織がどのような調整を行う必要があるのかは不明瞭である場合があります。 このガイドを使用して、IT チームはクラウド テクノロジをより効果的に実装および統合することができます。主要なクラウドの概念と、以下の分野に関する Azure 固有のヒントと戦略について説明します。 • セキュリティ、ID、クラウド設計の基本原則を踏まえた一般的なアーキテクチャ。 • DevOps とクラウド テクノロジの活用。 • クラウド リソースを統合、計画、管理する方法。  • Microsoft Azure のガバナンス。

ハイブリッド クラウド戦略の設計: ID 管理とアクセス管理

調査によれば、現在の企業の 80% 以上がハイブリッド クラウドのアプローチを採用しています (出典: マイクロソフトが 2017 年に実施したハイブリッド クラウドの現状に関するレポート)。企業のハイブリッド環境を複雑化させる要因を可能な限り減らすには、効果的な ID 管理とアクセス管理戦略の策定が欠かせません。それによって、オンプレミス ネットワークとクラウド サービスを利用するために従業員が作成している、複数の ID や資格情報を一元化する必要があります。この e-book では、ハイブリッド クラウドの ID とアクセスに関する以下のような共通課題を解決する、Azure のソリューションを紹介します。 • ユーザー ID を統合する。 • 単一の ID を導入し、管理性を高めコストを削減する。 • 管理しやすい ID を導入してセキュリティを強化する。 • 新しいアプリをシステムに統合する。

Azure SQL Database によるインテリジェントなパフォーマンス

どのようなアプリを開発する場合でも、データベース パフォーマンスの最適化は最も重要な考慮事項です。マイクロソフトのインテリジェントなクラウド データベース Azure SQL Database は、開発者としての業務を簡素化し、ワークロードに適応できるように設計されているため、重要な局面でも慌てて対処する必要がなくなります。 『Azure SQL Database によるインテリジェントなパフォーマンス』をご覧いただくと、最小限のコストでデータベースのパフォーマンスと最適化を最大限に高めるための実用的な方法がわかります。この e-Book では、データベースのパフォーマンスについて、3 つの観点から説明します。 • リソースの動的スケーリング • データベース パフォーマンスの機能 • インテリジェント パフォーマンスのモニタリングとチューニングこの無料の e-Book を今すぐ入手して、データベースに必要なリソースを確保。それらのリソースを最大限に活用し、バックグラウンドで常に最適化を行うことで、最高の SQL パフォーマンスを実現できます。

あらゆる場所でデータを活用するための秩序を構成する

さまざまな組織で、オンプレミスとクラウドのデータを統合し、管理するための継続的な取り組みが行われていますが、適切なハイブリッド クラウド インフラを選ぶことにより、組織のデータ管理戦略に大きな効果をもたらすことができます。こちらのデータ管理プロセスに関するホワイト ペーパーをお読みいただくと、ハイブリッド クラウド環境のデータの混沌から秩序を取り戻すためのヒントやツールを把握することができます。

優れたアプリを開発し、必要な場所に保存されたデータを迅速に取得する

企業がグローバル展開を進めると、製品やサービスの新たな市場が見つかります。これは、より多くの潜在的な顧客、より大きな成長の可能性、より高い投資収益率にアプローチできることを意味します。しかし、これらの新興市場に進出するには、一貫性のある優れたユーザー エクスペリエンスを提供する必要があります。現在は、データ センターのホスティングに煩わされることなく、グローバル分散型のデータベースを使用して最新のアプリを大規模に構築、デプロイ、管理することができます。 e-Book『グローバル スケールのビッグ データを活用して最新アプリ構築する』をご覧いただき、ターンキーグローバル分散型データベース サービス、 Azure Cosmos DB が、最新のデータマネジメントの世界をどのように変革するかを学びましょう。 業界をリードするエンタープライズ クラスのセキュリティとコンプライアンスで、データ アクセスの実用性、整合性、安全性を維持します。明確に定義された 5 つの整合性モデルに基づいて、ユーザーに最適なアプリ エクスペリエンスを開発しましょう。• Strong: データの整合性が最優先されます。銀行、e コマースの処理、オンライン予約に最適です。 • Bounded Staleness: 妥当なタイムフレームに、時系列順で正確なデータを提供します。GPS データの収集や配送アプリに最適です。 • Session: プロファイルの更新、音楽アプリ、小売業のサポートとして。ロジカル、且つ、リアルタイムなデータを提供します。 • Consistent Prefix: ユーザーにデータを順序どおりに提供します。シナリオの例としては、スポーツの最新情報やソーシャル メディアのコメントなどがあります。 • Eventual: 書き込む順序より可用性を重視します。製品レビュー、ウォールへの投稿、領収書検索に最適です。 必要事項を入力して、今すぐ『グローバル スケールのビッグ データを利用する最新のアプリを構築する』をダウンロードしてください。