1 - 10 of 20

GDPR クラリティ: よく寄せられる 19 の質問への回答

欧州の一般データ保護規則 (GDPR) の影響は、欧州連合 (EU) の域外にまで広く及ぶため、全世界のセキュリティおよびリスク管理のリーダーは、持続可能な GDPR 準拠に向けた組織の体制作りに取り組む必要があります。 こちらの Gartner レポートで、GDPR についてよく寄せられる質問への回答を見つけることにより、チームとして要件を理解しリスク軽減処置の優先順位を決めるのに役立てることができます。次のようなご質問が含まれます。• 私たちにも GDPR は適用されますか。 • どのような個人データを扱うことができますか。 • プライバシーに関する通知には何を含める必要がありますか。 • クラウド技術は GDPR とどのように関連していますか。 この情報は、英語でご利用いただけます。

クラウド スキルと組織における影響力

自身の IT キャリアを促進させながら、同時に組織によるクラウド技術の導入も加速させましょう。クラウドがコンピューティング プラットフォームとして拡大する中、DevOps など、クラウドのトレンド分野に関して、認定資格を取得したり、正式なクラウド開発トレーニングを受けたりすることによって、自身のキャリアを高められるだけでなく、組織によるクラウド サービスの導入および拡大に対し、絶大な影響を及ぼす地位を確保することもできます。 こちらの International Data Corporation (IDC) のホワイト ペーパーをダウンロードして、以下の事項についてご確認ください。 • IT プロフェッショナルがクラウド スキルを使用して組織に影響を及ぼす方法 • クラウド プロフェッショナルが最も影響力を発揮できるスキル • クラウド プロフェッショナルに影響を及ぼす重要なトレンド

分散システムの設計

分散システムがあると、ビジネスのさまざまな部門でそれぞれのニーズをサポートする独自のアプリケーションを構築し、インサイトの獲得とイノベーションを推進することが可能になります。分散システムはビジネスには素晴らしいメリットがありますが、同じシステムを何度も繰り返して実装することになると、開発は非効率的になります。この無料の e-Book では、反復可能な汎用的なパターンと再利用可能なコンポーネントをご紹介します。信頼性の高いシステムをより簡単に効率良く開発できるようになるため、アプリの主要な部分の開発に集中することが可能になります。この e-Book (160 ページ) では、以下のような内容を取り上げています。• 分散システムという概念の紹介。 • 分散システムを構築するための再利用可能なパターンと方法。 • アプリケーション、データ ソース、ビジネス パートナー、クライアント、モバイル アプリ、ソーシャル ネットワーク、IoT デバイスを統合するプラットフォームの詳細。 • リアルタイムでイベントを処理し、イベントに反応するイベントドリブン型アーキテクチャ。 • コンテナおよびコンテナ オーケストレーション システムの詳細を学習するための補足的なリソース。 「構築しなければならない分散システムはますます増えています。ただ、その構築方法を熟知している人々がいるということも事実です。分散システム構築のパターン(特に Kubernetes のようなコンテナ オーケストレーション技術)を開発して共有すれば、ベテランだけでなく、経験の浅いシステム開発者も信頼性の高い分散システムを短期間で開発し、デプロイすることが可能になります」—Brendan Burns著者について: Brendan Burns は、マイクロソフトの Distinguished Engineer として Azure の開発に取り組む一方、Kubernetes プロジェクトの共同設立者でもあります。

Azure ユーザーを対象としたバックアップと復旧の概要 (日本語)

Azure をバックアップや障害復旧の用途にまだ使用していない方は、こちらのガイドで Azure Site Recovery および Azure Backup サービスを使用する方法とその理由に関する簡単な概要を把握できます。現在 Azure を使用している IT プロフェッショナルを対象としたこちらの簡易ガイドでは、導入に関するガイダンスへのリンクが提示されています。

Azure 初心者を対象としたバックアップと復旧の概要 (日本語)

バックアップと障害復旧は IT チームに課された最も重要な責務です。Azure 初心者の IT プロフェッショナルを対象としたこちらの簡易ガイドでは、BCDR の用語など、クラウド バックアップおよび障害復旧における主要な概念が取り上げられており、Azure Site Recovery および Azure Backup の詳細と導入に関する情報へのリンクが提示されています。

アプリ開発者を悩ませる「クラウド データの 6 つの課題」を解消 (日本語)

利用可能なデータと人工知能 (AI) テクノロジを最大限に活用できていますか? e-Book『アプリ開発者を悩ませる「クラウド データの 6 つの課題」を解消』をご覧いただくと、実用的な回答を得ることができます。以下の 6 つの一般的なデータ シナリオに最適なアプローチをご確認ください。• 拡張性や可用性などの必須要素を追跡。• アプリにより複数ユーザーに提供されるサービスの一貫性を確保。• 複数のデータセンターの複雑さを伴うことなく、全世界にリアルタイムでデータを提供。• ビッグ データから実用的なインサイトを構築。• アプリに人工知能の機能を導入。• クラウドで構築しながらセキュリティを確保。 登録して e-Book『アプリ開発者を悩ませる「クラウド データの 6 つの課題」を解消』

Gartner リサーチ ノート: 2017 年のクラウド ビジネスに役立つ Microsoft Azure Stack の機能とは

企業のおよそ 75% は、ハイブリッド クラウド コンピューティング戦略を推進しています。* ハイブリッド クラウドを最大限に活用するには、相互運用性が決め手となります。IT マネージャーおよび開発者にとっては、内部および外部のクラウド サービス間でアプリを開発してデプロイし、効率性と柔軟性を獲得することができます。顧客にとっては、クラウド導入の過程において、優れたユーザー エクスペリエンスのため、オンプレミス、ホストされたプライベート、またはパブリック ターゲットとの API の互換性を備えたサービスやアプリを提供することができます。Azure Stack により、以下の事項が実現されます。• オンプレミス環境におけるクラウド コンピューティングのアジリティと迅速なイノベーションの実現。• オンプレミスおよびクラウド間の開発エクスペリエンスの一貫性の推進。• 組織によるスケーリングの簡素化。• 現在のハイブリッド クラウド コンピューティング モデルに見られる「技術の孤立化」の防止。Gartner のリサーチ ノート「2017 年のクラウド ビジネスに役立つ Microsoft Azure Stack の機能とは」をご覧ください。こちらのハイブリッド クラウド コンピューティングに関するリサーチ ノートでは、エキスパートによる推奨事項、分析、人気の使用用途をご紹介しています。ぜひご登録ください。Azure Stack に関する Gartner のレポートをダウンロードいただけます。

パフォーマンスと生産性: クラウド スプロール管理ガイド (日本語)

ワークロード、アプリ、サービスが増加の一途をたどる中、クラウド スプロールを管理する方法をご存知ですか?ハイブリッド クラウド モデルを採用している企業では、新たな次元のアジリティとイノベーション、そしてコスト削減を実現しています。同時に、企業によっては、クラウドベースのサービスの拡散、すなわち「スプロール」にも直面しています。クラウド スプロールは適切に管理する必要があります。「パフォーマンスと生産性: クラウド スプロール管理ガイド」e-Book は、複数のクラウド サービスを管理するためのアプローチを再考するのに役立ちます。これにより、インテリジェントで包括的なソリューションを採用して、クラウド リソースのセキュリティとコントロールを確保することができます。この e-Book では、管理とセキュリティのための統合アプローチにより、以下の事項を実現する方法について解説しています。• 内部および外部の脅威を明らかにして、セキュリティに関する重要なインサイトを取得する• 業務の中断に対する保護を行う• リアルタイムでクラウド環境を監視する• 大規模な構成を管理する• ハイブリッド環境全体にわたってガバナンス ポリシーを実装する

Microsoft Azure IaaS に関する Total Economic Impact™ (日本語)

Forrester Consulting はマイクロソフトの委託を受け、オンプレミス、ホスティング環境、外部委託などで管理または運営されている IT 環境の一部またはすべてを Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) に移行することでもたらされる投資対効果 (投資利益率、ROI) を計る Total Economic Impact™ (総合的経済効果、TEI) 調査を実施しました。この調査の目的は、企業が Azure IaaS を利用する財務的影響、すなわち ROI 評価の枠組みを提示することです。インタビュー調査を行った企業は、ワークロードの一部またはすべてをオンプレミスから IaaS に移行もしくは再構成したことにより、次のような便益を得られたと回答しています。 • ソリューションのモビリティと信頼性が向上し、周期的なニーズに応じたキャパシティの増減が可能になったことで、企業間 (B2B) チャネルおよび小売り向け (B2C) Web チャネルでの収益機会が拡大• 売上に伴う便益の増加• 生産効率の向上• データ センター、IT リソース、外部委託の費用削減• ソフトウェア/ハードウェア管理の手間の軽減および時間の短縮 (パッチの適用やサポートなど)

サーバレス クラウド コンピューティング エコノミクス

2017 年は「サーバーレスの年」です。サーバーレス クラウド コンピューティングはあらゆる領域において猛烈なスピードで成長を続けており、最終的にはクラウドにおけるアプリケーションの開発、構築、運用に変革をもたらすと見込まれています。451 Research 社のレポート「サーバレス クラウド コンピューティング エコノミクス」をご覧いただくと、サーバーレスが単なる流行語にとどまらない理由、そして組織が以下の事項を実現することで、サーバーレスの主要なメリットがどのように優れた効率性とコスト削減へとシフトされるのか確認できます。• プロビジョニングもインフラの保守も行わずに、オンデマンドでコードを実行• デペロッパーを保守から解放し、コーディングへの集中を実現• 消費量を低減することで、仮想マシンのコスト削減に貢献• インフラの管理コストを大幅に削減することにより、総所有コストを低減 「サーバレス クラウド コンピューティング エコノミクス」では、クラウドの価格モデル、利用、手間などに関する詳細な分析が提供されており、サーバレス技術の経済的要素と、業界を揺るがすその長期的な将来性について理解するうえで役立ちます。 レポートを今すぐダウンロードいただけます。