1 - 10 of 11

サーバレス クラウド コンピューティング エコノミクス

2017 年は「サーバーレスの年」です。サーバーレス クラウド コンピューティングはあらゆる領域において猛烈なスピードで成長を続けており、最終的にはクラウドにおけるアプリケーションの開発、構築、運用に変革をもたらすと見込まれています。451 Research 社のレポート「サーバレス クラウド コンピューティング エコノミクス」をご覧いただくと、サーバーレスが単なる流行語にとどまらない理由、そして組織が以下の事項を実現することで、サーバーレスの主要なメリットがどのように優れた効率性とコスト削減へとシフトされるのか確認できます。• プロビジョニングもインフラの保守も行わずに、オンデマンドでコードを実行• デペロッパーを保守から解放し、コーディングへの集中を実現• 消費量を低減することで、仮想マシンのコスト削減に貢献• インフラの管理コストを大幅に削減することにより、総所有コストを低減 「サーバレス クラウド コンピューティング エコノミクス」では、クラウドの価格モデル、利用、手間などに関する詳細な分析が提供されており、サーバレス技術の経済的要素と、業界を揺るがすその長期的な将来性について理解するうえで役立ちます。 レポートを今すぐダウンロードいただけます。

エンタープライズ クラウド戦略

クラウドへの移行に関してすぐに知るべきこと『Enterprise Cloud Strategy』(エンタープライズ クラウド戦略) e-Book 第 2 版には、エンタープライズ クラウドへの移行の戦略を構築し、実施する方法に関する必須情報が集約されているので、以下のようなトピックについて、すぐにご理解いただけます。1. クラウド環境をハイブリッド、パブリック、プライベートの中から選ぶ際の検討事項2. クラウドでオンプレミス コンピューティングのコストを削減するうえにメリットももたらす方法3. 新しい分析および IoT 機能4. セキュリティとコンプライアンスに関する検討事項こちらの e-Book では、クラウドへの移行に関する包括的な概要や、アプリ移行の優先順位、ステークホルダーとの連携、クラウド アーキテクチャのブループリントなどのトピックに関する詳細なガイダンスが提供されており、IT およびビジネス リーダーにとって貴重な資料です。

Gartner 社の Magic Quadrant for IaaS

Gartner 社は 2017 年の Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service (IaaS), Worldwide において、IaaS 市場でのビジョンの完全性と実行能力の双方でマイクロソフトを「リーダー」 クアドラントに位置付けました。さらに、マイクロソフトは Gartner 社の Magic Quadrant のエンタープライズ クラウド ワークロード向け IaaS、PaaS および SaaS ソリューションの各部門でも「リーダー」に認められています。Azure Infrastructure as a Service (IaaS) や Platform as a Service (PaaS) など、ビジネス ニーズに対応するよう設計されたクラウド サービスの広範なポートフォリオを展開するマイクロソフトは、業界において独自の地位を占めています。ご登録いただくと、Gartner 社のレポート全文をダウンロードいただけます。

エンタープライズ クラウドの導入状況を評価する

貴社のクラウド戦略は順調に進んでいますか? Forrester Research のレポート『Benchmark Your Enterprise Cloud Adoption』(エンタープライズ クラウドの導入状況を評価する) では、クラウド戦略プランの評価に役立てられる、国際的な調査に基づいた新たな情報をご覧いただけます。このレポートでは、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびハイブリッド クラウドの導入状況の指標や、以下に関するインサイトをご紹介しています。• 他社が使用しているクラウド プラットフォーム展開モデル• 開発者がクラウド サービスに望むことや求めること• 組織がクラウド管理機能を進化させる方法そしてレポートの最後は、クラウド戦略を進めるための 4 つの推奨事項で締めくくられています。ご自身の情報をご入力いただいた方は、『Benchmark Your Enterprise Cloud Adoption』(エンタープライズ クラウドの導入状況を評価する) を無料でご覧いただけます。

エンタープライズ開発に最適なパブリック クラウドとは

最新の Forrester Wave レポートをご覧頂き、最も優れたパブリック クラウド プロバイダーをお確かめのうえ、お選びください。多くのエンタープライズ開発者が、顧客アプリケーション開発やビジネス イノベーション推進の基礎として、パブリック クラウド プラットフォームを採用している理由について説明します。 2016 年第 3 四半期の Forrester Wave では、8 つのグローバル プロバイダーの中で Microsoft がリーダーに選出されています。この評価では、次の 4 つの機能セットに基づいてリーダーが選出されます。• インフラストラクチャ サービスの幅広さ• 分析アプリケーションのサービス範囲• データおよびアプリケーションをパブリック クラウドへ移行するサービスおよびツール• アプリケーションの開発および配信を可能にするツールの奥深さ

Forrester Research レポート: オープン ソースが企業のビジネスにどのような変化をもたらすかを知る

組織がオープンソースを採用するメリット         Forrester Research のレポートによれば、調査対象となったソフトウェア意思決定者の 41% は、オープンソースの使用率を引き上げることを 2016 年の最も重要な課題として挙げています。Fortune 50 および Fortune 100 でも、オープンソースツールを使用したデジタル革新を推進している企業の数は増え続けています。Forrester レポート「Open Source Powers Enterprise Digital Transformation」は、多くの企業がオープンソーステクノロジーに注目し、積極的に活用する背景や要因などの最新情報をご提供します。その影響の詳細などについては、こちらのフォームに必要事項を入力し、レポート全体をお読みください。

Microsoft Azure PaaS の経済的な影響全般

Microsoft Azure のサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) を使用して、どのようにアプリケーションのイノベーションを促進し、新たな収益を生み出し、コストを削減できるかに興味をお持ちではありませんか。アプリケーションの開発とデプロイに Azure PaaS を使用すれば、非常に大きな投資利益率を得られることに気付くでしょう。しかし、自分の組織で Azure PaaS を利用することで得られるかもしれない影響を評価するための総体的なフレームワークをお持ちでないお客様が数多くいます。Azure PaaS の経済的な影響をより詳しく評価するには、Forrester 社の Total Economic Impact (“TEI”) モデルを使用できます。Forrester Consulting 社によって行われた研究である、『The Total Economic Impact of Microsoft Azure PaaS』(Microsoft Azure PaaS の総合的な経済的影響) を無料でダウンロードして、Microsoft Azure PaaS の使用に関連した主な利点、コスト、リスクについて参照し、ビジネスに与える影響について理解を深めてください。

コード開発に即着手:コーディング以外のタスクをなくし、迅速にWeb開発を完了させるためのガイド

ネットワーク レベルのセキュリティで、攻撃対象となる範囲を最小限に抑えることは、あらゆる Web 開発において困難な点の 1 つです。バックアップ、スケール プランニング、ログ記録など、他の必要な作業にも貴重な時間を割かなければなりません。この電子書籍には、コードのサンプル、アプリのサンプル、ARM テンプレートが掲載されており、Web 開発者がコーディング以外のタスクを減らし、いち早くコーディングに取り組むのに役立ちます。知識を深めることのできる主な内容には、使用パターンとトレンドの特定、コンテンツ配信ネットワークへの接続、検索機能のカスタマイズ、アプリのユーザー管理およびアクセス手順の実装、サーバーの自動スケール アウトの構成などがあります。

コード開発に即着手:コーディング以外のタスクをなくし、迅速にモバイル開発を完了させるためのガイド

モバイル開発者が取り組みたいと願う作業は、何よりもコードの作成です。しかし、バックアップ、スケール プランニング、ログ記録など、他の必要な作業に貴重な時間を割かなければならない場合も多々あります。この電子書籍には、コードのサンプル、アプリのサンプル、ARM テンプレートが掲載されており、モバイル開発者がコーディング以外のタスクを減らし、いち早くコーディングに取り組むのに役立ちます。知識を深めることのできる主な内容には、ユーザー ID の迅速な特定、さまざまなプッシュ通知システム間での信頼性の高い配信、ネットワーク レベルでの攻撃対象範囲の最小化、使用パターンとトレンドの特定、高品質なメディアの再生などがあります。

クラウドに向かって突き進む: オープン ソース IT リーダーの使命の概要

『クラウドに向かって突き進む: ハイブリッド クラウド、自動スケール、マイクロサービスに関するオープン ソース IT リーダーの使命の概要』 エンタープライズにふさわしい開発環境を構築することは、宇宙船の艦長を務めるようなものです。艦長の成功 (とクルーの成功) は、生産性と革新性を高めるツールを使って未来のクラウドを運用する艦長の能力に依存しています。 この電子書籍は、IT リーダーの "使命の概要" です。ハイブリッド分散、スマートなスケール、マイクロサービス アーキテクチャなど、クラウドに組み込まれた新しい機能について説明します。 この電子書籍で取り上げている主なトピックは、次のとおりです。 • 継続的にクラウドの構造を拡張して、IT 部門への増大する要望に応える。 • 新しい管理ツールで、今年最大の CAPEX コスト削減要因、つまりハイブリッド クラウドを正面から実現できるようにする。 • マイクロサービス アーキテクチャで大規模な俊敏性と復元性を達成して、エンタープライズ アプリケーションを強化する。