Ubuntu full cross-platform dev box with Team Services agent

最終更新: 2016/06/29

コストの見積もり

$46.2657000000

月額料金の見積もり

見積もりの計算方法とニーズに応じたカスタマイズ方法を理解する

料金計算ツール

This template allows you to create an Ubuntu VM with a full set of cross-platform SDKs and Visual Studio Team Services Linux build agent. Once the VM is successfully provisioned, Team Services build agent installation can be verified by looking under your Team Services account settings under Agent pools. Languages/Tools supported: OpenJDK Java 7 and 8; Ant, Maven and Gradle; npm and nodeJS; groovy and gulp; Gnu C and C++ along with make; Perl, Python, Ruby and Ruby on Rails; .NET; and go

この Azure Resource Manager (ARM) テンプレートは、マイクロソフトではなく、コミュニティのメンバーによって作成されました。各 ARM テンプレートは、マイクロソフトではなく、テンプレートの所有者によるライセンス契約に基づいて使用許諾されます。マイクロソフトは、コミュニティ メンバーによって提供および使用許諾される ARM テンプレートに対して責任を負わず、セキュリティ、互換性、パフォーマンスなどについての調査を行っていません。コミュニティ ARM テンプレートは、Microsoft サポート プログラムまたはサービスのサポート対象ではなく、手を加えずに提供され、いかなる保証もありません。

パラメーター

パラメーター名 説明
vstsAccountURL Team Services Account URL (e.g. https://myaccount.visualstudio.com)
vstsPAT Team Services PAT for user with build permissions
vstsPoolName Team Services Agent Pool Name
vstsAgentName Team Services Agent Name
adminUserName Linux VM User Account Name
adminPassword (説明なし)
dnsLabelPrefix DNS Label for the Public IP. Must be lowercase. It should match with the following regular expression: ^[a-z][a-z0-9-]{1,61}[a-z0-9]$ or it will raise an error.

テンプレートを使用する

PowerShell

New-AzureRmResourceGroupDeployment -Name <deployment-name> -ResourceGroupName <resource-group-name> -TemplateUri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/vsts-fullbuild-ubuntu-vm/azuredeploy.json
Azure PowerShell のインストールと構成

コマンド ライン

azure config mode arm
azure group deployment create <my-resource-group> <my-deployment-name> --template-uri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/vsts-fullbuild-ubuntu-vm/azuredeploy.json
Azure クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイスのインストールと構成