Create a DNS Zone with the correct records for Office 365

最終更新: 2017/07/25

This template configures the records needed to integrate Azure DNS with Office 365 by adding the correct CNAME, SRV, MX, and TXT records.

この Azure Resource Manager (ARM) テンプレートは、マイクロソフトではなく、コミュニティのメンバーによって作成されました。各 ARM テンプレートは、マイクロソフトではなく、テンプレートの所有者によるライセンス契約に基づいて使用許諾されます。マイクロソフトは、コミュニティ メンバーによって提供および使用許諾される ARM テンプレートに対して責任を負わず、セキュリティ、互換性、パフォーマンスなどについての調査を行っていません。コミュニティ ARM テンプレートは、Microsoft サポート プログラムまたはサービスのサポート対象ではなく、手を加えずに提供され、いかなる保証もありません。

パラメーター

パラメーター名 説明
dnsZoneName Name of the DNS Zone to create or update.
ttl Time to live value, in seconds
_artifactsLocation The base URI where artifacts required by this template are located.
_artifactsLocationSasToken The sasToken required to access _artifactsLocation. When the template is deployed using the accompanying scripts, a sasToken will be automatically generated.
recordTypes A delimited list that defines the resources to create, acceptable values are (mail,mdm, and sfb). A combination of all or just one of the values can be used.

テンプレートを使用する

PowerShell

New-AzureRmResourceGroupDeployment -Name <deployment-name> -ResourceGroupName <resource-group-name> -TemplateUri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/dns-records-office365/azuredeploy.json
Azure PowerShell のインストールと構成

コマンド ライン

azure config mode arm
azure group deployment create <my-resource-group> <my-deployment-name> --template-uri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/dns-records-office365/azuredeploy.json
Azure クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイスのインストールと構成