Create and assign a standard App Service Certificate

最終更新: 2016/07/18

Creates a standard App Service Certificate, verifies it using an App service App and creates SSL bindings once the certificate is ready

この Azure Resource Manager (ARM) テンプレートは、マイクロソフトではなく、コミュニティのメンバーによって作成されました。各 ARM テンプレートは、マイクロソフトではなく、テンプレートの所有者によるライセンス契約に基づいて使用許諾されます。マイクロソフトは、コミュニティ メンバーによって提供および使用許諾される ARM テンプレートに対して責任を負わず、セキュリティ、互換性、パフォーマンスなどについての調査を行っていません。コミュニティ ARM テンプレートは、Microsoft サポート プログラムまたはサービスのサポート対象ではなく、手を加えずに提供され、いかなる保証もありません。

パラメーター

パラメーター名 説明
certificateOrderName Name of the App Service Certificate
productType App Service Certificate type
existingKeyVaultId Existing Key Vault resource Id that already has access policies to allow Microsoft.CertificateRegistration and Microsoft.Web RPs to perform required operations on secret (Checkout README.md for more information)
existingAppName Existing App name to use for verification and assignment. This App should have the domain assigned as a custom domain
rootHostname Hostname for App Service Certificate. The root and www subdomain should be assigned to the Web App as custom domains
existingAppLocation App location

テンプレートを使用する

PowerShell

New-AzureRmResourceGroupDeployment -Name <deployment-name> -ResourceGroupName <resource-group-name> -TemplateUri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/101-app-service-certificate-standard/azuredeploy.json
Azure PowerShell のインストールと構成

コマンド ライン

azure config mode arm
azure group deployment create <my-resource-group> <my-deployment-name> --template-uri https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/101-app-service-certificate-standard/azuredeploy.json
Azure クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイスのインストールと構成