Azure VM の Red Hat Enterprise Linux 上の Microsoft SQL Server 2017 に関する操作ガイド

このリソースは English で利用できます。

公開: 2019/09/05

Red Hat Enterprise Linux で利用可能な Microsoft SQL Server の最初のリリースに移行することにより、運用データベースのパフォーマンスを向上させます。この操作ガイドには、トランザクションおよび分析のワークロードの実行などを同じシステム上で効率的に行い、リアルタイムの更新に応答する方法に関する詳細な技術情報が示されています。また、以下の方法に関するガイダンスが記載されています。
  • Azure 内の Red Hat Enterprise Linux 仮想マシン (VM) 上に SQL Server 2017 をデプロイおよび構成する。
  • Red Hat Enterprise Linux VM を Azure Active Directory (Azure AD) ドメインに参加させる。
  • 列ストア インデックスを使用して、ハイブリッド トランザクションおよび分析処理 (HTAP) と運用分析のデータベースを設定する。
  • データベースを Power BI に接続し、既存のレポートをインポートする。
  • Linux VM の高可用性の管理、パフォーマンスの監視、ディザスター リカバリーの計画を行う。  

サインインしてダウンロード

- または -

いくつかの追加の詳細情報を入力し、送信してください。

私は、Microsoft Azure およびその他のマイクロソフト製品/サービスに関する情報、ヒント、セール情報を受け取ることを希望します。プライバシーに関する声明