セキュリティ分析と運用: クラウド コンピューティング時代の業界の動向

このリソースは English で利用できます。

公開: 2019/09/20

サイバー攻撃はますます巧妙化し、その件数も増加する一方です。それにより、生成されるテラバイト (さらにはペタバイト) 規模のセキュリティ データを保護するサイバーセキュリティ インフラストラクチャをサポートするにあたっての課題もますます増えています。データ容量とインフラストラクチャ要件に対応するため、組織はクラウドベースのセキュリティに切り替えています。 

Enterprise Strategy Group の e-Book 『Security Analytics and Operations:Industry Trends in the Era of Cloud Computing (セキュリティ分析と運用: クラウド コンピューティング時代の業界の動向)』 をお読みになり、大企業や中小企業がセキュリティ分析ソリューションを評価して購入し、クラウドベースのセキュリティ分析を採用して以下のようなことを実現している様子をご確認ください。
  • セキュリティ テレメトリ データを管理、維持する。
  • さまざまなソースからの非常に大規模なデータセットにアクセスし、分析する。
  • オンプレミスのセキュリティ分析アーキテクチャを構築するのではなく、クラウド規模のセキュリティ運用を活用する。 

サインインしてダウンロード

- または -

いくつかの追加の詳細情報を入力し、送信してください。

私は、Microsoft Azure およびその他のマイクロソフト製品/サービスに関する情報、ヒント、セール情報を受け取ることを希望します。プライバシーに関する声明