ナビゲーションをスキップする

Java アプリのモダン化

パフォーマンス、セキュリティ、カスタマー エクスペリエンスに向けたクラウドを活用したイノベーションの 4 つのストーリー

公開: 2021/11/11

Java は、あらゆる種類の組織にとって最も重要なプログラミング技術の 1 つであり続けていますが、Java アプリケーションを大規模に実行するのは困難を伴う場合があります。クラウドマネージド サービスを利用して Java アプリケーションをモダン化することで、組織はインフラストラクチャではなくビジネス上の優先事項やイノベーションに集中できるようになります。 

e-Book 『Java アプリのモダン化』をお読みになり、4 つの会社がミッションクリティカルな Java アプリケーションをどのように変革し、パフォーマンス、セキュリティ、カスタマー エクスペリエンスの向上を実現したかご覧ください。各社が Java アプリケーションを Azure に移行した方法についてご確認ください。

  • AIA Singapore Private Unlimited のパフォーマンスを向上させ、お客様への新しい革新的なサービスの提供を加速。
  • Swiss Re Group が遵守する厳格なセキュリティおよび規制要件をサポートしながら、Java アプリの開発とデプロイを簡素化。
  • Sphera は、グローバルな顧客のニーズをさらに満たすために、マルチテナント型のソリューションを作成。
  • Raley's の eコマース サイトのスケーラビリティと管理性を向上させ、売上の増加に貢献。 

ビジネスクリティカルな Java アプリケーションのクラウドへの移行を成功させた企業の道のりと、使用したアーキテクチャの詳細をご紹介します。 

こんにちは。

以下のフォームに入力して、ご自身についてお聞かせください。

* でマークされたすべてのフィールドが必須です