LUIS または QnA Maker はどのような場合に使用すればよいですか?

QnA Maker では、Q&A のペアが抽出されて保持されます。Language Understanding (LUIS) によって意図が特定され、エンティティが抽出されます。Bot Framework SDK V4 のその他のツールを使用すると、その双方の間で発話をルーティングできるため、ボット内で両者を簡単に結合することができます。

関連する質問と回答

  • Azure Bot Service は、ISO/IEC 27001:2013、ISO/IEC 27018:2014、Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS)、Health Insurance Portability and Accountability Act Business Associate Agreement (HIPAA BAA)、Health Information Trust Alliance Common Security Framework (HITRUST)、および SOC 1、SOC 2、SOC 3 に準拠しています。

  • マネージド サービスである Azure Bot Service では、単一のサービスを通じて Azure 上で会話型アプリケーションを作成して管理できます。Azure Bot Service を使用して、ボットを作成し、さまざまな会話チャネルでこれを顧客に接続し、他の Azure サービスと連携し、分析を通じてアプリケーションをどのように使用するかについて知ることができます。

    Bot Framework SDK には、ボットを提供するための最も包括的なエクスペリエンスが備わっています。会話エクスペリエンスを構築するための一連のオープンソース SDK、ボットのローカルでのテストとデバッグ用の Bot Framework Emulator、ボットのさまざまなサービスをより効率的に作成および管理するためのコマンド ライン ツールのセットが含まれています。

  • Bot Service チームでは常に新しいチャネルと使用テレメトリを評価しています。新しい Bot Service チャネルについてこちらまたは GitHub リポジトリからご要望をお寄せください。

  • Microsoft Bot Framework は、企業向け仕様の会話型 AI エクスペリエンスを構築するための包括的なプラットフォームです。オープンソースの SDK、ツール、サービスのセットが含まれており、開発者はユーザーと自然に対話できるボットを、どこにいても作成、テスト、接続することができます。Microsoft Bot Framework は Azure Cognitive Services と統合されており、話す、聞く、理解する、ユーザーから学ぶなどの機能を備えたボットを簡単に作成できます。

  • Microsoft Bot Framework (Azure Bot Service を含む) は、企業向け仕様の会話型 AI エクスペリエンスを構築するための包括的なプラットフォームです。オープンソースの SDK、ツール、サービスのセットが含まれており、開発者はユーザーと自然に対話できるボットを、どこにいても作成、テスト、接続することができます。Microsoft Bot Framework は Azure Cognitive Services と統合されており、話す、聞く、理解する、ユーザーから学ぶなどの機能を備えたボットを簡単に作成できます。

  • ボットの移行中に問題が発生した場合は、Bot Service チームが解決をお手伝いします。問題を GitHub で送信するか、Azure portal から Azure サポートにお問い合わせください。