Microsoft Azure での Oracle ソフトウェアのライセンス ポリシーはどのようなものですか?

Oracle は、Microsoft Azure で Oracle ソフトウェアを実行するユーザーに、ライセンス モビリティを提供します。「Licensing Oracle Software in the cloud computing environment (クラウド コンピューティング環境における Oracle ソフトウェアのライセンス取得)」をご覧ください。Oracle と Microsoft のパートナーシップにより、Oracle からの認定とサポートを得て、ユーザーは Oracle ソフトウェアを Microsoft のパブリック クラウドまたはプライベート クラウドにデプロイできます。詳細については、「Oracle Data Recovery Licensing paper (Oracle データ復旧ライセンシング ペーパー)」をご覧いただけます。

Azure Site Recovery

関連する質問と回答

  • Windows Server のライセンスは、サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) で取得できます。

  • Windows Server のライセンスは、ご契約の SPLA またはエンド カスタマー向けライセンスで、ディザスター リカバリー ソフトウェア アシュアランスの特典の利用資格をお持ちの場合に取得できます。

  • Azure does not support persistent MAC addresses, and so software with MAC based license models can't be used for both on-premises to Azure migration or disaster recovery.

  • Azure ハイブリッド特典を使用すると、オンプレミスとクラウド内のライセンスを最大限に活用することができます。これにより、ソフトウェア アシュアランス付きの Windows Server ライセンスを基本コンピューティング料金の仮想マシンに利用でき、すべての Azure リージョンにおいて 最大で 40 パーセント以上の割引を受けることができます。Windows サーバーを Azure に移行する際は、Azure ハイブリッド特典をご利用ください。詳細情報

  • Azure ハイブリッド特典 は、Azure の入手方法 (Enterprise Agreement、クラウド ソリューション プロバイダーなど) に関わらず、アクティブなソフトウェア アシュアランスをお持ちのすべてのお客様に適用され、Azure でアクティベートできます。

  • ご利用のサードパーティ アプリケーションのライセンス条項をご確認ください。