事前構築済みドメインがプレビュー段階なのはなぜですか?

事前構築済みドメインはプレビュー段階です。Language Understanding (LUIS) チームでは、これをどのように使用すればモデル開発が最適に促進されるかを評価中であるためです。

Azure Bot Service

関連する質問と回答

  • 新しい会話型エクスペリエンスについては、Bot Framework SDK V4 を使用します。Bot Framework SDK V3 のダイアログ モデルは制約が厳しすぎるとの見方がありましたが、Bot Framework SDK V4 はモジュラー式の拡張可能なフレームワークです。ボット テンプレートとソリューション アクセラレータの基盤を提供します。運用中の Bot Framework SDK V3 ボットが既にある場合でも、当面の間はそのまま機能します。Bot Framework に関する FAQ のページでさらに詳しく

  • Microsoft を利用すると、強力な会話型 AI、自然言語の理解、オープンソース Bot Framework、エンタープライズ級のサポート、データの完全な所有権と管理を活用できます。

  • QnA Maker は、FAQ ページなどのドキュメントに記載されている質問に、会話で回答するボットを作成する際に役立ちます。QnA Maker のしくみの詳細を確認する

  • 仮想アシスタントを使用するとご自身のブランド パーソナリティを具現化した仮想アシスタントを構築できる点で、Cortana、Alexa、Google Assistant とは異なります。また、仮想アシスタントでは、広範なチャネルを通じた顧客との対話から得られたすべてのデータの所有権も保証されます。

  • はい。ボットは Direct Line Speech チャネル経由での音声をサポートします。

  • 仮想アシスタント Android クライアントを使用する方法については、こちらをご覧ください: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/howto/samples/vaclient_android/

    仮想アシスタントの Android クライアントの総合的な機能セットについては、こちらをご確認ください: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/reference/samples/vaclient_android/