開発者がアルゴリズムを選択したり、パラメーターを調整したりできないのはなぜですか?

Language Understanding (LUIS) はマシン ティーチングに重点を置いているため、専門外の開発者でも簡単にモデルを作成できます。モデルを分析するツールやバッチ テストを実行するツールは用意されていますが、基盤となるテクノロジを変更する機能は提供されません。

Azure Bot Service

関連する質問と回答

  • .NET および JavaScript のボットを最新版の Bot Framework SDK に移行する方法については、https://docs.microsoft.com/en-us/azure/bot-service/migration/migration-overview をご覧ください。

  • 仮想アシスタントを使用するとご自身のブランド パーソナリティを具現化した仮想アシスタントを構築できる点で、Cortana、Alexa、Google Assistant とは異なります。また、仮想アシスタントでは、広範なチャネルを通じた顧客との対話から得られたすべてのデータの所有権も保証されます。

  • はい。ボットは Direct Line Speech チャネル経由での音声をサポートします。

  • QnA Maker は、FAQ ページなどのドキュメントに記載されている質問に、会話で回答するボットを作成する際に役立ちます。QnA Maker のしくみの詳細を確認する

  • Microsoft を利用すると、強力な会話型 AI、自然言語の理解、オープンソース Bot Framework、エンタープライズ級のサポート、データの完全な所有権と管理を活用できます。

  • 新しい会話型エクスペリエンスについては、Bot Framework SDK V4 を使用します。Bot Framework SDK V3 のダイアログ モデルは制約が厳しすぎるとの見方がありましたが、Bot Framework SDK V4 はモジュラー式の拡張可能なフレームワークです。ボット テンプレートとソリューション アクセラレータの基盤を提供します。運用中の Bot Framework SDK V3 ボットが既にある場合でも、当面の間はそのまま機能します。Bot Framework に関する FAQ のページでさらに詳しく