管理者用の Azure Multi-Factor Authentication の無料版はありますか?

対応する Azure Active Directory がディレクトリ ユーザーに対して Azure Multi-Factor Authentication を使ってプロビジョニングされていない場合、Azure の全体管理者は Azure Multi-Factor Authentication 機能の一部を無料でご利用いただけます。

Multi-Factor Authentication

関連する質問と回答

  • 課金は、Multi-Factor Authentication が有効になっているユーザーの数に基づいて行われます。

  • "ユーザーごと" または "認証ごと" の課金/使用量モデルは、Microsoft Azure クラシック ポータルで Multi-Factor Authentication プロバイダーを作成するときに選択します。これは、使用量をベースとしたリソースで、仮想マシンや Web サイトと同様に、組織の Azure サブスクリプションに対して課金されます。

  • 課金モデルはリソースの作成中に選択するため、リソースをプロビジョニングした後に変更することはできません。ただし、新しい Multi-Factor Authentication リソースを作成して元のリソースを置き換えることは可能です。ユーザー設定と構成オプションを新しいリソースに転送することはできません。

  • すべてのコストは、サービスのユーザーごとまたは認証ごとのコストにまとめられます。Azure Multi-Factor Authentication を使用している場合、組織 (個人からの変更) には、個人の通話や、ユーザーに送信されたテキスト メッセージは課金されません。電話の所有者には、通話やテキスト メッセージの受信に対して電話会社からローミング関連などのコストを請求される場合があります。