Azure for Students Starter は海外から利用することはできますか。

はい。Azure が販売されているすべての国で利用できます (ただし、米国政府機関と Azure China および Azure Germany リージョンではソブリン クラウド製品は含まれません)。Azure は現在、以下を含む 140 の国/地域で販売されています。

  • アフガニスタン
  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アンゴラ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バーレーン
  • バングラデシュ
  • バルバドス
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • ベリーズ
  • バミューダ諸島
  • ボリビア
  • ボスニア ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブラジル
  • ブルネイ ダルサラーム国
  • ブルガリア
  • カメルーン
  • カナダ
  • ケイマン諸島
  • チリ
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • コートジボワール
  • クロアチア
  • キュラソー島
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • エストニア
  • エチオピア
  • フェロー諸島
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ガーナ
  • ギリシャ
  • グアテマラ
  • ホンジュラス
  • 香港特別行政区
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラク
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • 韓国
  • クウェート
  • キルギス
  • ラトビア
  • レバノン
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ
  • マケドニア (旧ユーゴスラビア共和国)
  • マレーシア
  • マルタ
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • モルドバ
  • モナコ
  • モンゴル国
  • モンテネグロ
  • モロッコ
  • ナミビア
  • ネパール
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • ナイジェリア
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パレスチナ自治政府
  • パナマ
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • カタール
  • カーボベルデ共和国
  • コンゴ共和国
  • ルーマニア
  • ロシア
  • ルワンダ
  • セントクリストファー・ネーヴィス
  • サウジアラビア
  • セネガル
  • セルビア
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • 南アフリカ
  • スペイン
  • スリランカ
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • イギリス
  • 米国
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • 米領バージン諸島
  • イエメン
  • ザンビア
  • ジンバブエ

関連する質問と回答

  • Managed Instance を使用すると、計算とストレージを個別にスケーリングできます。お客様には、仮想コア、ストレージ、バックアップで測定されるコンピューティングに対して、ギガバイト (GB) 単位で課金されます。

    Managed Instance には、次の 2 つの価格オプションがあります。

    • ライセンス込み:SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典は除きます。このオプションは、ソフトウェア アシュアランス付きの既存の SQL Server ライセンスを Managed Instance に適用しないお客様向けです。
    • 基本料金:SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典を含む割引価格。お客様は、ソフトウェア アシュアランス付きの SQL Server ライセンスを使用してこの価格を選択することができます。
  • Managed Instance は、サービス レベルに基づく予測可能な時間単価、仮想コアでプロビジョニングされた計算、月間にプロビジョニングされたストレージおよびバックアップ (GB 単位) に基づいて課金されます。データベース ストレージの合計サイズの最大 100 パーセント分のバックアップ ストレージが含まれています。この上限を超えると、月間の GB 数に応じた課金が発生します。

  • Azure does not support persistent MAC addresses, and so software with MAC based license models can't be used for both on-premises to Azure migration or disaster recovery.

  • Service Bus メッセージングの Premium レベルでは、Azure Service Bus キューおよびトピックのすべてのメッセージング機能が提供され、パフォーマンスは予測可能かつ繰り返し可能なものとなり、スループットと可用性は向上します。Premium レベルでは、専用のリソース割り当てモデルを使用して、ワークロードの分離と一貫したパフォーマンスが提供されます。Premium レベルでは専用のコンピューティング リソースとメモリ リソースが使用されるため、他のレベルと異なり、メッセージ トランザクションごとの課金はありません。すべてのトランザクションは、メッセージ ユニットの割り当てに含まれます。

  • 仲介型接続は、以下のいずれかとして定義されます。

    1. クライアントから Service Bus トピック、サブスクリプション、キュー、またはイベント ハブへの AMQP 接続。
    2. 受信タイムアウト値がゼロより大きい Service Bus トピックまたはキューからメッセージを受信するための HTTP 呼び出し。 Microsoft は、無料使用量 (Standard レベルおよび Premium レベルでは 1,000 個の接続) を超える同時ブローカー接続の最大数を請求します。最大値は 1 時間ベースで測定され、1 か月を 730 時間で割り、月払いの請求期間の合計が計算されます。無料使用量 (1 か月に 1,000 個のブローカー接続) は、請求期間の終わりに、時間割りの最大数の合計に対して適用されます。 例:
    3. 5,000 台のクライアントを、それぞれ単一の AMQP 接続を介して接続し、Service Bus トピックからのコマンドを受信して、キューにイベントを送信するとします。すべてのクライアントが、毎日 12 時間接続する場合、次のような接続料金になります (他の Service Bus 料金を除く) - 5,000 個の接続 * 12 時間 * 30.5 日間/730 = 2,500 個の仲介型接続。この合計数から仲介型接続の月あたりの許容数である 1,000 を引いた、1,500 個の仲介型接続に対して課金されます。
    4. 5,000 台のクライアントは、タイムアウトをゼロでない値に指定して、Service Bus キューから HTTP を介してメッセージを受信します。 すべてのデバイスが、毎日 12 時間接続する場合、次のような接続料金になります (他の Service Bus 料金を除く) - 5,000 個の HTTP 受信接続 * 1 日 12 時間 * 30.5 日間/730 時間 = 2,500 個の仲介型接続。
  • Service Bus メッセージングの Premium レベルでは、購入したメッセージング ユニットごとに定額料金が日割りで課金されます。Premium として作成された名前空間は 1、2、または 4 個のメッセージング ユニットを持つことができ、メッセージング ユニット数に応じて料金が日割りで課金されます。Premium の名前空間では購入メッセージング ユニット数をいつでも変更可能ですが、日額はいずれかの時点で名前空間に割り当てられたメッセージング ユニットの最大数に基づいて課金されます。