Azure は、どの国やリージョンで販売されていますか?

  • China
  • アイスランド
  • アイルランド
  • アゼルバイジャン
  • アフガニスタン
  • アラブ首長国連邦
  • アルジェリア
  • アルゼンチン
  • アルバニア
  • アルメニア
  • アンゴラ
  • イエメン
  • イスラエル
  • イタリア
  • イラク
  • インド
  • インドネシア
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • ウズベキスタン
  • ウルグアイ
  • エクアドル
  • エジプト
  • エストニア
  • エチオピア
  • エルサルバドル
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • オマーン
  • オランダ
  • ガーナ
  • カーボベルデ共和国
  • カザフスタン
  • カタール
  • カナダ
  • カメルーン
  • キプロス
  • キュラソー島
  • ギリシャ
  • キルギス
  • グアテマラ
  • クウェート
  • クロアチア
  • ケイマン諸島
  • ケニア
  • コートジボワール
  • コスタリカ
  • コロンビア
  • コンゴ共和国
  • サウジアラビア
  • ザンビア
  • ジャマイカ
  • ジョージア
  • シンガポール
  • ジンバブエ
  • スイス
  • スウェーデン
  • スペイン
  • スリランカ
  • スロバキア
  • スロベニア
  • セネガル
  • セルビア
  • セントクリストファー・ネーヴィス
  • タイ
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • チェコ共和国
  • チュニジア
  • チリ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • ドミニカ共和国
  • トリニダード・トバゴ
  • トルクメニスタン
  • トルコ
  • ナイジェリア
  • ナミビア
  • ニカラグア
  • ニュージーランド
  • ネパール
  • ノルウェー
  • バーレーン
  • パキスタン
  • パナマ
  • バハマ
  • バミューダ諸島
  • パラグアイ
  • バルバドス
  • パレスチナ自治政府
  • ハンガリー
  • バングラデシュ
  • フィジー
  • フィリピン
  • フィンランド
  • プエルトリコ
  • フェロー諸島
  • ブラジル
  • フランス
  • ブルガリア
  • ブルネイ ダルサラーム国
  • ベトナム
  • ベネズエラ
  • ベラルーシ
  • ベリーズ
  • ペルー
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ボスニア ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ボリビア
  • ポルトガル
  • ホンジュラス
  • マカオ
  • マケドニア (旧ユーゴスラビア共和国)
  • マルタ
  • マレーシア
  • メキシコ
  • モーリシャス
  • モナコ
  • モルドバ
  • モロッコ
  • モンゴル国
  • モンテネグロ
  • ヨルダン
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • ルーマニア
  • ルクセンブルク
  • ルワンダ
  • レバノン
  • ロシア
  • 英国
  • 韓国
  • 香港特別行政区
  • 台湾
  • 南アフリカ
  • 日本
  • 米国
  • 米領バージン諸島

関連する質問と回答

  • 現在、3 つのキャンペーンで提供された仮想マシンは、2020 年 10 月 31 日までオンデマンド デプロイで利用可能です。それ以前にデプロイされたキャンペーンの仮想マシンは引き続き稼働します。ただし、キャンペーンの終了日後は、これらの仮想マシンを新しいデプロイのために使うことはできません。

  • 新しい会話型エクスペリエンスについては、Bot Framework SDK V4 を使用します。Bot Framework SDK V3 のダイアログ モデルは制約が厳しすぎるとの見方がありましたが、Bot Framework SDK V4 はモジュラー式の拡張可能なフレームワークです。ボット テンプレートとソリューション アクセラレータの基盤を提供します。運用中の Bot Framework SDK V3 ボットが既にある場合でも、当面の間はそのまま機能します。Bot Framework に関する FAQ のページでさらに詳しく

  • Service Bus メッセージングの Premium レベルでは、Azure Service Bus キューおよびトピックのすべてのメッセージング機能が提供され、パフォーマンスは予測可能かつ繰り返し可能なものとなり、スループットと可用性は向上します。Premium レベルでは、専用のリソース割り当てモデルを使用して、ワークロードの分離と一貫したパフォーマンスが提供されます。Premium レベルでは専用のコンピューティング リソースとメモリ リソースが使用されるため、他のレベルと異なり、メッセージ トランザクションごとの課金はありません。すべてのトランザクションは、メッセージ ユニットの割り当てに含まれます。

  • Service Bus メッセージングの Premium レベルでは、購入したメッセージング ユニットごとに定額料金が日割りで課金されます。Premium として作成された名前空間は 1、2、または 4 個のメッセージング ユニットを持つことができ、メッセージング ユニット数に応じて料金が日割りで課金されます。Premium の名前空間では購入メッセージング ユニット数をいつでも変更可能ですが、日額はいずれかの時点で名前空間に割り当てられたメッセージング ユニットの最大数に基づいて課金されます。

  • アクティブなデバイスは、通知を受信できるデバイスです。Google Cloud Messaging または Amazon Device Messaging を使用するデバイスの一意の登録 ID、Windows の通知サービスまたは Microsoft プッシュ通知サービスを使用するデバイスのチャネル URI (Uniform Resource Identifier)、または Apple Push Notification Service を使用するデバイスのデバイス トークンとして定義されています。

  • Microsoft を利用すると、強力な会話型 AI、自然言語の理解、オープンソース Bot Framework、エンタープライズ級のサポート、データの完全な所有権と管理を活用できます。