A シリーズ インスタンスの課金のしくみを教えてください。

これまで、A0、A2、A3、A4 の Standard および Basic Virtual Machines の使用量は、A1 Virtual Machines のメーター (分) の分数 (A0 の場合) または乗数 (A2、A3、A4 の場合) として計算されていました。この方法が一部のお客様に混乱を招いていることを確認したため、A0、A2、A3、A4 メーター専用の秒単位の使用量を割り当てるように変更いたしました。この移行の結果として、A0、A2、A3、および A4 Virtual Machines のリソース GUID が変更されます。請求ルーチンのいずれかでリソース GUID をご利用の場合、それらを変更して、新しい請求メーターを考慮に入れる必要があります。 デプロイ サイズ2016 年 1 月 10 日まで A1 の乗数として計算される使用量 2016 年 1 月 11 日時点で専用メーターで計算される使用量| | |A0|A1 時間の 0.25 倍|A0 時間の 1 倍| |A2|A1 時間の 2 倍|A2 時間の 1 倍| |A3|A1 時間の 4 倍|A3 時間の 1 倍| |A4|A1 時間の 8 倍|A4 時間の 1 倍|

関連する質問と回答

  • はい。ライセンス モビリティを利用することで可能です。ソフトウェア アシュアランスをお持ちの場合は、Virtual Machines をサポートしているすべてのサーバー製品に "ライセンスを持ち込む" ことができます。

  • 一時ディスクとは、デプロイした VM に直接アタッチされているストレージのことです。一時ディスクのデータは、VM をシャットダウンすると消失します。永続的なストレージが必要な場合のために、種類やサイズが異なる永続データ ディスクを多数ご用意しています。このデータ ディスクは個別に課金されます。詳細については、ストレージの価格に関するページをご覧ください。永続 VM ストレージについては、より高度な管理機能やスケーラビリティ、可用性、セキュリティが備わった Managed Disks の使用をお勧めします。

  • NSG について確認します。

  • 自動スケーリングを構成する方法を確認します。