自分のサブスクリプションで LUIS を実行できないのはなぜですか?

個別のサブスクリプションで Language Understanding (LUIS) を実行する機能についてチームで模索中です。ロードマップは現在利用できませんが、更新プログラムはこちらから入手できます。

Azure Bot Service

Related questions and answers

  • スキルでは別のボット (仮想アシスタント) からの要求を認証できるようにする必要があります。

    詳細情報: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/reference/skills/skillauthentication/

  • Power BI ダッシュボードの例は、Power BI Analytics のサンプルでご確認いただけます。ここでは特に、ボットのパフォーマンスと品質についての分析情報を得る方法について説明しています。

  • ホスピタリティのサンプル仮想アシスタントはアシスタントのプロトタイプの 1 つで、ホスピタリティに特有のシナリオで仮想アシスタントを使用する方法について概念化し、実証することができます。ご興味がある場合は、このシナリオ向けにカスタマイズされたアシスタントの作成をここから開始することもできます。

    詳細情報: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/reference/samples/hospitalitysample/

  • Botskill コマンド ライン ツールを使用すると、仮想アシスタントとスキルとの接続を自動化することができます。これには、ディスパッチ モデルの更新プロセスと、認証用接続の作成 (必要な場合) が含まれます。

    詳細情報: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/reference/skills/botskills/

  • Bot Framework 仮想アシスタント テンプレートを使用すると、お客様のブランドやユーザーに合わせてカスタマイズされ、幅広いクライアントやデバイス間で使用できる、会話型のアシスタントを作成できます。このテンプレートでは、基本的な会話の意図、ディスパッチ、LUIS、QnA Maker 統合、スキル、自動化された ARM デプロイが提供されており、新しいボット プロジェクトの作成が大幅に簡素化されます。

    詳細情報: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/overview/virtualassistant/

  • Application Insights は Azure サービスの 1 つで、お使いのアプリケーション、インフラストラクチャ、ネットワークに関する分析を行うことができます。Bot Framework は、Application Insights テレメトリを使用して、ボットのパフォーマンスに関する情報を提供したり、主要なメトリクスを追跡したりすることができます。Bot Framework SDK にはいくつかのサンプルが含まれており、テレメトリをボットに追加する方法やレポート (含まれます) の作成方法などのデモを確認することができます。

    Power BI はビジネス分析サービスの 1 つで、データを視覚化して、組織全体で分析情報を共有することができます。Application Insights からデータを取り込んで、それをライブ ダッシュボードやレポートに反映させることができます。

    詳細情報: https://microsoft.github.io/botframework-solutions/overview/analytics/