ナビゲーションをスキップする

ガートナーの 2020 年クラウド データベース管理システムのマジック クアドラント

このリソースは English で利用できます。

公開: 2020/12/01

データおよびアナリティクスのリーダーは、現在の優先事項と将来のニーズの両方のバランスを考慮した意思決定を行うことを、これまで以上に求められています。最新の調査を利用して、クラウド データベースの移行を十分な情報を基に決定し、クラウド ベンダーからの新たなビジネス チャンスを詳しくご確認ください。

この 2020 年ガートナーのマジック クアドラント レポートをダウンロードして、次のことをご確認ください。

  • Microsoft が、ビジョンの実行と完全性の能力においてリーダーとして評価されている理由を確認する。
  • ガートナーがさまざまなクラウド データベース管理システム ベンダーをどのように位置付けているかを理解する。
  • さまざまな業界やデプロイの規模の異なるさまざまなユース ケースに対応し、地理的な分散に対しまとまりのあるクラウド データ管理のエコシステムを提供する、幅広いクラウド DBMS オファーを提供する Microsoft 製品の数々を詳しく見る。

ガートナーのオペレーショナル データベース管理システムのマジック クアドラント、2020 年 11 月 30 日 Donald Feinberg | Merv Adrian | Rick Greenwald | Adam Ronthal | Henry Cook

Gartner 社は、そのリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartner 社は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

ご希望のアカウントでサインイン

- または -

お客様の情報をご入力ください。

* でマークされたすべてのフィールドが必須です