Microsoft Azure IaaS に関する Total Economic Impact™ (日本語)

Azure IaaS で実現する 費用削減、新たな収益機会、ビジネス上の便益

公開: 2017/10/03

Forrester Consulting はマイクロソフトの委託を受け、オンプレミス、ホスティング環境、外部委託などで管理または運営されている IT 環境の一部またはすべてを Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) に移行することでもたらされる投資対効果 (投資利益率、ROI) を計る Total Economic Impact(総合的経済効果、TEI) 調査を実施しました。この調査の目的は、企業が Azure IaaS を利用する財務的影響、すなわち ROI 評価の枠組みを提示することです。インタビュー調査を行った企業は、ワークロードの一部またはすべてをオンプレミスから IaaS に移行もしくは再構成したことにより、次のような便益を得られたと回答しています。

• ソリューションのモビリティと信頼性が向上し、周期的なニーズに応じたキャパシティの増減が可能になったことで、企業間 (B2B) チャネルおよび小売り向け (B2C) Web チャネルでの収益機会が拡大
• 売上に伴う便益の増加
• 生産効率の向上
• データ センター、IT リソース、外部委託の費用削減
• ソフトウェア/ハードウェア管理の手間の軽減および時間の短縮 (パッチの適用やサポートなど)


その他のリソースを検索

サインインしてダウンロード

- または -

レポートをダウンロードするには、サインインするか、以下の情報を入力してください。

Microsoft は、Microsoft Azure に関する最新情報や特別プランの情報を提供する目的でお客様の連絡先情報を使用することがあります。サブスクリプションはいつでも解除できます。詳細については、プライバシーに関する声明をご覧ください。