Java での継続的デリバリー

運用環境にコードをデプロイするために不可欠なツールとベストプラクティス

このリソースは English で利用できます。

公開: 2018/11/27

継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) を実践することはソフトウェア配信の速度や安定性に対する必要性の増加に対応するのに役立つと広く受け入れられています。しかし、継続的デリバリーを実践するため、多くの Java 開発者には、コンフォートゾーンを超える新しいスキルを身に付けることが求められます。 

O’Reilly 社が発行したこの電子書籍には、どのように、またなぜ、仕事の方法を変える努力を払ってまで継続的デリバリーを採用する価値があるかが説明されています。学習内容:
  • 継続的デリバリーの主要な概念と開発者にとっての利点。
  • Java 開発と IT ロールの経時的な発展に伴って生じた課題やリスクを継続的デリバリーで軽減する方法。
  • 継続的デリバリーに対応する効果的なソフトウェア アーキテクチャを設計して導入するための技術的基礎。
  • 継続的インテグレーションが重要な理由とビルド パイプラインを作成する第一歩を踏み出す方法。

サインインしてダウンロード

- または -

いくつかの追加の詳細情報を入力し、送信してください。

Microsoft は、Microsoft Azure やその他の Microsoft 製品およびサービスに関する最新情報や特別プランの情報を提供する目的で、お客様の連絡先情報を使用することがあります。サブスクリプションはいつでも解除できます。詳細については、プライバシーに関する声明をご覧ください。