予測メンテナンスだけではない、IoT を使用した "可能性のアート"

このリソースは English で利用できます。

公開: 2019/04/04

モノのインターネット (IoT) は当初の過剰宣伝を超えて成熟しており、幅広い業界のあらゆる規模の組織にとって、実行可能なテクノロジとなっています。主なユース ケースが既に主流になっており、組織は以下の目的のために、なぜ、どのようにして、どこに IoT を展開するべきかについて、より高いレベルを求めています。
  • 新しい収益の流れを作成する。
  • 新しいビジネス モデルを可能にする。
  • AI、ブロックチェーン、高度なエンドポイントなどの他の高度なテクノロジとの相乗効果を実現する。 

IoT の可能性を最大限に活用するには、まず、そのビジネス価値とプロジェクト成功のための重要な要素について、より明確に理解することから始めてください。Boston Consulting Group (BCG) によるこの無料の委託レポートをお読みになり、IoT を使用してビジネス上の課題を解決するのに役立つガイダンスを得たり、実際の例を探索したりしてください。 

サインインしてダウンロード

- または -

いくつかの追加の詳細情報を入力し、送信してください。

Microsoft は、Microsoft Azure やその他の Microsoft 製品およびサービスに関する最新情報や特別プランの情報を提供する目的で、お客様の連絡先情報を使用することがあります。サブスクリプションはいつでも解除できます。詳細については、プライバシーに関する声明をご覧ください。