MSDN での職場アカウントに関する FAQ

全般

  • 職場アカウントは、Microsoft Azure、Microsoft Intune、または Office 365 など、Microsoft のすべてのクラウド サービスに組織のメンバーがアクセスできるようにするために、組織の管理者が作成するアカウントです。職場アカウントは、Azure Active Directory に対して組織の Active Directory アカウントをフェデレーションまたは同期している場合に、username@orgname.com など、ユーザーの職場の電子メール アドレスの形式にすることができます。組織の管理者が職場アカウントを管理する手順の詳細については、「対象となる組織のメンバーの職場アカウントを管理する手順はどのようなものですか?」を参照してください。

    Microsoft アカウントは、個人的な使用のためにユーザーが作成します。これまで "Windows Live ID" と呼ばれていたものの新しい名称です。Microsoft アカウントは、電子メール アドレスとパスワードを組み合わせたものです。すべてのコンシューマー指向の Microsoft 製品と、Outlook (Hotmail)、Messenger、OneDrive、MSN、Windows Phone、または Xbox LIVE などのクラウド サービスにサインインするためにユーザーが使用します。これらのサービスまたは他のサービスにサインインするために電子メール アドレスとパスワードを使用しているユーザーは、既に Microsoft アカウントを持っていますが、いつでも新しいアカウントでサインアップできます。

  • Visual Studio サブスクリプションをアクティブ化するには Microsoft アカウントが必要ですが、アカウント ポータルを使用してその特典を自分の職場アカウントにリンクすることもできます。職場アカウントと Microsoft アカウントのどちらを使用しても、同じレベルの特典を利用できます。

  • Visual Studio サブスクリプションを持つ組織が、Microsoft Azure の特典を同じ組織の異なる社員に移行する柔軟性を必要としている場合に役立ちます。たとえば、組織内の MSDN サブスクライバーが Microsoft アカウントのもとで Microsoft Azure アセットを作成している場合、その Microsoft アカウントを使用している社員が退職したときに不必要なビジネス上のリスクを招くことを懸念する組織です。Microsoft Azure の特典を別の社員に移行するには、その社員にも MSDN ライセンスが必要です。ライセンスの詳細はこちら

  • まだ Microsoft Azure MSDN の特典をアクティブ化していない新規または既存の Visual Studio サブスクライバーは、アカウント ポータルを通して職場アカウントをアクティブ化できます。

    既に Microsoft Azure の特典をアクティブ化したユーザーが、自分の Microsoft アカウントから自分の職場アカウントにサブスクリプション移行することを希望する場合は、Microsoft Azure カスタマー サポートにご連絡ください。

手順

    1. 管理者が、Microsoft Azure、Microsoft Intune、または Office 365 などの Microsoft クラウド サービスに組織としてサインアップします。
    2. Azure Active Directory 内に組織を代表するクラウド ベースのテナントが自動的にプロビジョニングされます。
    3. テナントのプロビジョニングが完了した後、管理者は、組織のメンバー各自に職場アカウントを発行します。
  • Visual Studio サブスクライバーが自分の Microsoft Azure 特典を職場アカウントでアクティブ化するには、次の手順を実行します。

    1. アカウントに移動します (このとき、Microsoft アカウントでサインインするように求められます)。
    2. [サブスクリプション特典] の [Microsoft Azure] の下で、[職場アカウントにリンク] を選択します。
    3. 職場アカウント (たとえば、username@orgname.com) を入力して、[リンク] を選択します。
    4. [Microsoft Azure のアクティブ化] を選択し、自分の職場アカウントでサインインします。
  • 「対象となる Visual Studio サブスクライバーが自分の職場アカウントで MSDN Microsoft Azure サブスクリプションを作成するにはどうすればよいですか?」に対する答えで説明されている手順を最後まで完了した時点で、職場アカウントがアクティブ化されます。この手順により、職場アカウントを検証できます。また、特典にアクセスしているユーザーが、その特典へのアクセスを許可されている社員であることを確認できます。

  • 社員が退職したときは、割り当てられていたアカウントを Azure Active Directory から削除した時点で、そのユーザーの職場アカウントが自動的に無効になります。無効になった MSDN Azure サブスクリプションの配下にあるアセットを組織内の別の Visual Studio サブスクライバーに移行する必要がある場合は、組織の管理者が Microsoft Azure カスタマー サポートに連絡して、無効になったアカウントの所有権の移行を依頼できます。

    注意: ユーザーの職場アカウントを無効にしても、そのユーザーの Visual Studio サブスクリプションは取り消されません。退職した社員から MSDN サブスクリプションを取り消す方法については、ボリューム ライセンスの管理を参照してください。

  • Visual Studio サブスクライバーが職場アカウントを使用する場合の明確なポリシーを、組織内で規定する必要があります。

  • 組織内で明確なポリシーとガイダンスを定めることにより、そのような事態が発生する可能性を低くできますが、完全に防止することはできません。