Visual Studio サブスクリプションでの職場アカウントの使用

よく寄せられる質問 (FAQ)

FAQ

全般

  • 職場または学校アカウントは、Azure Active Directory、または Microsoft 365 などの別の Microsoft クラウド サービスを通じて作成された ID です。職場アカウントでは通常、組織のカスタム ドメイン名または会社名 (jon@contoso.com など) が使用されます。職場アカウントは、Microsoft Azure、Microsoft Intune、または Microsoft 365 などの Microsoft クラウド サービスに組織のメンバーがアクセスできるようにするために、組織の管理者が作成します。組織の管理者が職場アカウントを管理する手順については、下記の FAQ をご覧ください。

    Microsoft アカウント (MSA) は、個人的な使用のためにユーザーが作成するアカウントで、これまで "Windows Live ID" と呼ばれていたアカウントの新しい名称です。Microsoft アカウントは、メール アドレスとパスワードを組み合わせたもので、すべてのコンシューマー向けの Microsoft 製品と、Outlook (Hotmail)、Messenger、OneDrive、MSN、または Xbox LIVE などのクラウド サービスにサインインするためにユーザーが使用します。お使いの Microsoft アカウントは、Microsoft が運営する Microsoft コンシューマー ID アカウント システムで作成および保存されます。

  • はい。組織によって職場アカウントに Visual Studio サブスクリプションが割り当てられている場合は、サブスクリプションへのサインインにはそのメール アドレスを使用します。職場アカウントで Visual Studio サブスクリプションにサインインする手順については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。または、Microsoft アカウント (MSA) を使用して既にサインインしている場合は、お使いのサブスクリプションに代替アカウントを追加して、サブスクリプションだけでなく、Azure や Azure DevOps などの他のサブスクリプションの特典に職場アカウントの ID でサインインすることができます。詳細については、代替アカウントの追加に関する Visual Studio サブスクリプション ドキュメントの記事をご覧ください。

  • サブスクライバーが職場アカウントを使用して Azure Dev/Test 個人用クレジットをアクティブにすると、個人の Azure サブスクリプションのロール ベースのアクセス制御が組織の Azure Active Directory の組織 ID に関連付けられます。これにより、開発者は自分の個人用クレジットのサブスクリプションで組織と同じ ID を維持することができます。

  • Azure Dev/Test 個人用クレジットをまだアクティブにしていない新規または既存の Visual Studio サブスクライバーは、Visual Studio サブスクライバー ポータルで職場アカウントを使用してクレジットをアクティブにすることができます。

    既に Azure Dev/Test 個人用クレジットをアクティブにした方が、Microsoft アカウントから職場アカウントに Azure サブスクリプションを移行することをご希望の場合は、Microsoft Azure カスタマー サポートにお問い合わせください。

手順

    1. 管理者が、Microsoft Azure、Microsoft Intune、または Microsoft 365 などの Microsoft クラウド サービスに組織としてサインアップします。
    2. Azure Active Directory 内に組織を代表するクラウド ベースのテナントが自動的にプロビジョニングされます。
    3. テナントのプロビジョニングが完了した後、管理者は、組織のメンバー各自に職場アカウントを発行します。
  • Visual Studio サブスクライバーの方は、職場アカウントまたは Microsoft アカウントを使用して Azure Dev/Test の個人用クレジットをアクティブ化できます。それには、Azure クレジットのタイルで [アクティブ化] ボタンを選択し、Visual Studio サブスクライバー ポータルの指示に従います。スクリーンショットを含む詳細な手順については、Azure クレジットのアクティブ化に関する Microsoft ドキュメントの記事をご覧ください。

  • 組織内で明確なポリシーとガイダンスを定めることにより、そのような事態が発生する可能性を低くすることができます。