Azure Information Protection の価格

価格の詳細

Microsoft Azure Information Protection は、スタンドアロンまたは次のいずれかの Microsoft ライセンス スイートから購入できます。

Azure Information Protection は、ユーザー サブスクリプション ライセンスとして提供されます。オンラインで直接購入することも、次のプログラムから購入することもできます。

機能 Free Office 365 用の Azure Information Protection Azure Information Protection Premium P1 Azure Information Protection Premium P2
Azure Information Protection ポリシー対応アプリおよびサービスから職場または学校アカウントを使用した、AIP コンテンツの使用 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
Microsoft Exchange Online、Microsoft SharePoint Online、Microsoft OneDrive for Business コンテンツの保護 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
ユーザー管理のキー プロビジョニング ライフ サイクル用の Bring Your Own Key (BYOK)2 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
部門テンプレートを含む、カスタム テンプレート 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
Rights Management コネクタによるオンプレミスの Exchange および SharePoint コンテンツの保護 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
Windows から Windows Mobile、iOS、Mac OSX、Android まで、あらゆるプラットフォームの保護に役立つ Azure Information Protection ソフトウェア開発者キット 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
PTXT、PJPG、PFILE などの非 Microsoft Office ファイル形式の保護 (汎用保護) 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
職場または学校アカウントの使用による Azure Information Protection コンテンツの作成 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
Office 365 Message Encryption 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
管理制御3 利用できません 利用可能 利用可能 利用可能
手動、既定、必須のドキュメント分類 利用できません 利用できません 利用可能 利用可能
Azure Information Protection スキャナーによる、オンプレミスにあって機密情報のタイプのいずれかに該当するファイルを対象としたコンテンツ検出 利用できません 利用できません 利用可能 利用可能
Azure Information Protection スキャナーによる、オンプレミスのファイル サーバーまたはリポジトリにあるファイルすべてを対象としたラベル付け 利用できません 利用できません 利用可能 利用可能
ファイル分類インフラストラクチャ (FCI) コネクタの使用による、オンプレミスの Windows Server ファイル共有との Rights Management コネクタ 利用できません 利用できません 利用可能 利用可能
ドキュメントの追跡と失効 利用できません 利用できません 利用可能 利用可能
Microsoft Information Protection ソフトウェア開発者キット (SDK) による、Windows、iOS、Mac OSX、Android、Linux を含むすべてのプラットフォームにあるメールとファイルを対象としたラベル付けと保護 利用できません 利用できません 利用可能 利用可能
自動および推奨の分類の条件構成 利用できません 利用できません 利用できません 利用可能
Outlook で事前に構成された S/MIME 保護を自動的に適用するためのラベルの設定 利用できません 利用できません 利用できません 利用可能
Outlook を使用しているときに情報の過度の共有を制御します (メールに対する警告、理由の入力、ブロック)。 利用できません 利用できません 利用できません 利用可能
規制が厳しいシナリオ用の、Azure Information Protection と Active Directory (AD) Rights Management にまたがる Hold Your Own Key (HYOK) 利用できません 利用できません 利用できません 利用可能
サポートされているオンプレミスのファイルの自動分類、ラベル付け、保護のための Azure Information Protection スキャナー 利用できません 利用できません 利用できません 利用可能

1一部の Office 365 サブスクリプションにも、Microsoft Azure Information Protection を使用したデータ保護が含まれています。該当する Office 365 のサブスクリプションおよびそれらに含まれるデータ保護機能については、「Azure Information Protection のライセンス データシート」を参照してください。

2Bring Your Own Key (BYOK) 用に設定されたキーを使用するには Azure サブスクリプションが必要です。

3サービスのアクティブ化/非アクティブ化、段階的デプロイのためのオンボード コントロール、使用状況ログ、eDiscovery およびデータ リカバリのためのスーパー ユーザー機能、ファイルの一括保護/保護解除が含まれます。

Free

Azure Information Protection で保護された機密ファイルが組織内のユーザーに送られたものの、IT 部門がそのユーザーのアカウントを Azure で管理しておらず (たとえば、IT 部門が Office 365 を持っていない場合や、Azure サービスを使用していない場合)、認証を受けられない場合に使用できる、セルフサービス サブスクリプション。

料金: Free

Office 365 用の Azure Information Protection

Microsoft Azure Information Protection は、Office 365 Enterprise E3 以上のプランに含まれています。

Azure Information Protection Premium P1

オンプレミスのコネクタを使用したり、共有ドキュメントの追跡および失効を行ったり、ユーザーがドキュメントを手動で分類およびラベル付けできるようにしたりするための追加の権限を提供します。

料金: $2

メモ:Microsoft Enterprise Mobility + Security E3、Microsoft 365 E3 および Microsoft 365 Business の一部でもあります。

Azure Information Protection Premium P2

Azure Information Protection Premium P1 の土台の上に、自動および推奨の分類、ラベル付け、保護や、Azure Rights Management と Active Directory Rights Management にまたがるポリシー ベースのルールと Hold Your Own Key (HYOK) 構成を追加したものです。

料金: $5

メモ:Enterprise Mobility + Security E5 および Microsoft 365 E5 の一部でもあります。

ライセンスに関する FAQ

保護されたコンテンツを使用する - 保護されたファイルを開き、表示し、変更する

  • いいえ。ラベル付きファイルや保護されているファイルを開いて表示するために作業者に Azure Information Protection ライセンスは必要ありません。

  • はい、ラベルを表示するには、ユーザーは Office アプリ用の Azure Information Protection クライアントをインストールする必要があります。これには Azure Information Protection ライセンスが必要です。

  • はい。分類、ラベル、または保護を変更するには、Azure Information Protection P1 (手動でラベルを変更する場合) または P2 ライセンス (自動的に分類ルールを適用してラベルを適用する場合) が必要です。

  • ライセンスを持っていないユーザーもラベル情報を表示できますが、ラベルを表示したり適用したりする目的で Office アプリ用の Azure Information Protection クライアントがインストールされているユーザーは、Azure Information Protection ライセンスが必要なため、これらのユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。ドキュメントに適用されている透かし、ヘッダー、フッターなどの視覚的なマークを表示するためにライセンスは必要ありません。Azure Information Protection クライアント (クラシック) を保護のみモードで実行しているユーザーには、ライセンスは必要ありません。

Azure Information Protection スキャナー

  • スキャン対象ファイル リポジトリにあるコンテンツを作成したすべての内部ユーザーに Azure Information Protection ライセンス (P1 または P2) が必要です。Azure Information Protection ライセンスの規定にあるように、保護されたファイルにアクセスしている外部ユーザーにも、以前にファイルを保護していたものの現在はテナントに所属していないユーザー (組織から退職したユーザーなど) にも、追加のライセンスは不要です。

  • この種類の「検出」モードで Azure Information Protection スキャナーを実行するには、スキャン対象リポジトリにあるコンテンツを作成したユーザーには、少なくとも Azure Information Protection P1 ライセンスが必要です。

  • スキャン対象リポジトリにあるコンテンツを作成したユーザーには、少なくとも Azure Information Protection P1 ライセンスが必要です。

  • スキャン対象リポジトリにあるコンテンツを作成したユーザーには、Azure Information Protection P2 ライセンスが必要です。

  • スキャン対象ファイル リポジトリにあるコンテンツを作成したすべての内部ユーザーに Azure Information Protection ライセンスが必要です。Azure Information Protection ライセンスの規定にあるように、保護されたファイルにアクセスしている外部ユーザーにも、以前にファイルを保護していたものの現在はテナントに所属していないユーザー (組織から退職したユーザーなど) にも、追加のライセンスは不要です。

    上記の例で、Azure Information Protection スキャナーを「検出」モードで使用する場合、追加のライセンスは不要です。すべてのユーザーに少なくとも Azure Information Protection P1 ライセンスが付与されているためです。スキャナーを使用して分類、ラベル付け、および保護を適用するには、50,000 人の社内ユーザー全員に Azure Information Protection P2 ライセンスが必要です。

  • スキャン対象リポジトリにあるコンテンツを作成した各ユーザーにライセンスが必要です (このシナリオでは、削除されたユーザー アカウントにはライセンスは必要ありません)。

Microsoft Information Protection SDK

  • 少なくとも Azure Information Protection P1 ライセンスが各ユーザーに必要です。

統合ラベル付けとセキュリティ/コンプライアンス センター

  • Azure Information Protection で使用するラベルを会社で移行している場合、ユーザーには少なくとも Azure Information Protection P1 ライセンスが必要です。Office 365 で使用するラベルを移行している場合は、少なくとも Office 365 E3 ライセンスが必要です。

  • それでも、統合ラベル付けエクスペリエンス (Azure Information Protection クライアント、Azure Information Protection スキャナーなど) がリリースされる前に、Azure Information Protection のすべての機能で Azure Information Protection P1/P2 が必要です。セキュリティ/コンプライアンス センターの秘密度ラベルを構成するには、Azure Information Protection P1/P2 ライセンスまたは Office 365 E3/E5 ライセンスのいずれかが必要です (両方は必要ありません)。Azure Information Protection クライアント (クラシック) を保護のみモードで実行しているユーザーには、ライセンスは必要ありません。

  • Office アプリに組み込まれているネイティブのラベル付けエクスペリエンスを使用して手動でラベルを適用するには、Azure Information Protection P1/P2 ライセンスまたは Office 365 E3/E5 ライセンスのいずれか (両方は必要ありません)、および Office アプリの Office 365 バージョンのインストールが必要です。2019 年 3 月より、次の Office 365 バージョンでネイティブのラベル付けが利用可能になりました。
    Office for Mac:Word、PowerPoint、Excel、Outlook
    iOS 用の Office モバイル アプリ:Word、PowerPoint、Excel
    Android 用の Office モバイル アプリ:Word、PowerPoint、Excel

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Information Protectionの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

クイック スタート チュートリアルを表示する