データベース シャーディングとは

データベース シャーディングは、大規模なデータベースを小さなコンポーネントに分割し、より高速で管理しやすくする、横方向のパーティション分割の種類の 1 つです。シャードとは、負荷を分散するために別々のデータベース サーバー インスタンスに存在する個々のパーティションのことです。自動シャーディングまたはデータ シャーディングは、データセットが大きすぎて 1 つのデータベースに格納できない場合に必要です。

データベースのサイズとトランザクションの数の両方が増加するにつれて、データベースのクエリの応答時間も長くなります。大規模なデータベースの管理に関連するコストは、ワークロードを管理するために必要なコンピューターの数と品質によって急増することもあります。一方、データ シャードのハードウェアとソフトウェアの要件は少なくなり、より少ないコストのサーバー上で管理することができます。

関連製品およびサービス

Azure Cosmos DB

グローバル分散型のマルチモデル データベース サービス

Azure SQL Database

インテリジェントなリレーショナル クラウド データベース サービス

Azure Database for MySQL

エンタープライズ対応のフル マネージド コミュニティ MySQL