プライベート クラウドとは

プライベート クラウドは、一般向けではなく特定のユーザーのみを対象とした、インターネットまたは内部のプライベート ネットワーク経由のいずれかで提供されるコンピューティング サービスであると定義されています。内部クラウドまたは企業クラウドとも呼ばれるプライベート クラウド コンピューティングにより、企業はセルフサービス、スケーラビリティ、エラスティック性などのパブリック クラウドのメリットの多くを活用でき、オンプレミスでホストされるコンピューティング インフラストラクチャから専用リソースを利用して管理を強化し、カスタマイズできます。またプライベート クラウドでは、会社のファイアウォールと内部ホスティングの両方を通じてより高いレベルのセキュリティとプライバシーが確保されるため、サード パーティ プロバイダーによる操作や機密データへのアクセスを防止できます。1 つ欠点があるとすれば、会社の IT 部門がプライベート クラウドの管理のコストと説明責任を負うことです。したがって、プライベート クラウドの場合、従来所有しているデータセンターの場合と同じスタッフ配属、管理、保守の費用が必要です。

クラウド サービスの 2 つのモデルをプライベート クラウドで提供できます。1 つはサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) で、企業はコンピューティング、ネットワーク、ストレージなどのインフラストラクチャ リソースをサービスとして利用できます。2 つ目はサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) で、企業はシンプルなクラウドベースのアプリケーションから高機能対応のエンタープライズ アプリケーションまですべてを提供できます。プライベート クラウドをパブリック クラウドと組み合わせてハイブリッド クラウドを構築することもでき、企業はクラウド バースティングを利用することで、コンピューティングの需要が増したときには、より多くのスペースを解放し、コンピューティング サービスをパブリック クラウドに拡張できます。

関連製品およびサービス

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニング、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続

ExpressRoute

Azure への専用プライベート ネットワーク ファイバー接続