Azure のデータ プライバシーと保護

データ プライバシーの自動化や、顧客からの信頼の獲得、自信を持って行う機密データの分析ソリューションの構築—世界で最も厳しいプライバシー基準のいくつかに準拠したクラウド プラットフォームである Microsoft Azure なら可能です。

プライバシー コンプライアンスを簡略化する

データ保護作業を自動化するツールを使って、コンプライアンスを加速し、経費を節減できます。組み込みプライバシー コントロール、構成管理ツール、データ主体の要求ツールを入手してください。これには次のものが含まれます。

Microsoft Azure Information Protection: 機密度に基づいてデータを分類、ラベル付け、保護するのに役立つポリシーを構成します。

Azure Policy: 使用するクラウド環境が内部のポリシーと外部の規則に準拠したものとなるようにするポリシーを定義し、適用します。

データ主体の要求: 一般データ保護規則 (GDPR) 要求を満たすうえで役立ちます。

コンプライアンス マネージャー: ダッシュボードを使用して、Office 365 と Azure の ISO 2700 コントロールおよび GDPR コントロールに対する準拠状況を追跡します。

BinBox
“Prospects also really like our strengthened data protection story, too, as Azure’s adherence to standards means we are now a fully GDPR-ready option now.”
Tiberiu Croitoru 氏、CEO

データを所有し、管理する

Azure でデータの保存、処理、保護をどのように行うか、柔軟に選択できます。お客様の組織の情報は、お客様の組織がその収集、使用、配布に関する権利を所有し制御するものであり、顧客データに関しては、合意したサービスでのみ使用され、マーケティングや宣伝目的で使用されることは決してありません。お客様がサービスを利用停止する場合、Microsoft は、システムからのデータ削除に関する厳格な基準とプロセスに従います。

厳しいプライバシー基準で構築されたプラットフォームでの開発

Microsoft Privacy Standard や Microsoft セキュリティ開発ライフサイクル (Security Development Lifecycle: SDL) など、業界で最も強力な内部プライバシー基準と外部プライバシー基準により、お客様のデータを保護します。

Azure は、以下のような多くの外部プライバシー基準、法律、規則にも準拠しています。例: GDPR、ISO 27001、ISO 27018、欧州連合の Model Clauses、HIPAA、HITRUST、FERPA、日本のマイ ナンバー法、カナダの PIPEDA、スペインの LOPD、アルゼンチンの PDPA。

マイクロソフトのデータ利用に関して完全な透明性を得る

お客様のデータの保管場所と、誰がそのデータにアクセスでき、どのような条件下でアクセスが認められるかなどのセキュリティに関して、明確に把握できます。

新しい下請業者の利用に関するデータ マップ情報の変更通知が送付されます。これには、完全なオンライン監査レポートへのアクセスも含まれます。

Microsoft は、お客様の指示があった場合または法律によって要請された場合を除いて、お客様の顧客データを政府機関や法執行機関に開示しません。また、法執行機関の求めに応じてお客様の顧客データを開示する場合には、必ずしかるべき手順に従ってこれを行います

サインアップ

各種サービスを 12 か月間無料で使用できます。さらに、$200 クレジットも取得できます。

詳細情報

チュートリアルとビデオを参照して、Azure を今すぐご利用ください。

構築

よく使われるサービスを確認して、ソリューションの構築を開始してください。