Microsoft Government の利用資格の確認
Azure Government 試用版リクエスト

Microsoft Azure Government の試用版を今すぐリクエストしてください!

こちらのフォームに記入してください。Microsoft Government Cloud の信頼性を保つ一環として、米国連邦、州、地方、部族機関としてのお客様の資格、またはこれらの機関に従事するパートナーとしてのお客様の資格を確認するプロセスを開始いたします。その後の手順に関して 2 営業日以内に電子メールでご連絡いたします。Azure Government の 90 日間試用版では、毎月 $500 相当の Azure Government サービスをご利用いただけます。本契約は期間固定の無料試用版であり、更新できません。90 日を過ぎた後も Azure Goverment の使用継続を希望されるお客様とパートナー様は、ボリューム ライセンス契約を結んでいただく必要があります。

お客様の顧客が Azure Government の試用版を申請する場合、Microsoft の使用条件に署名する権限を持つその顧客企業の代表者が、Azure Goverment 試用版リクエスト フォームを提出する必要があることに注意してください。

今すぐの購入をご希望ですか? Azure Government の購入方法に関するページを御覧ください。

ご質問はありますか? Microsoft Azure Government チームにお問い合わせください。

お客様が安全な Microsoft Government Cloud へ一日も早く切り替えられることをお待ちしております。

お客様と組織についてお聞かせください


お客様の組織
勤務先の住所を入力してください。
お客様は連邦研究開発センター (FFRDC) に所属する機関ですか。
お客様の属する組織は米国国民に該当しますか?
米国国民とは、永住権保持者または法的に保護された個人を指します。また、法人、事業組合、共同経営会社、協会、トラスト、その他、米国内でビジネスを行うために法人化されたあらゆる機関、組織、グループも指しています。これには、政府機関 (連邦政府、州政府、地方自治体) も含まれます。外国人はこれには含まれません。
現在、既存の Microsoft パートナーシップ プログラムに参加されていますか。
お客様は現在、調達局の IT Schedule 70 で IT サービスを提供する資格をお持ちですか。
GSA IT-70 契約番号をお持ちでない場合、これまでに米国連邦政府、州政府、地方自治体、または部族政府に IT サービスを提供したことがありますか。
お客様の属する組織は米国国民に該当しますか?
米国国民とは、永住権保持者または法的に保護された個人を指します。また、法人、事業組合、共同経営会社、協会、トラスト、その他、米国内でビジネスを行うために法人化されたあらゆる機関、組織、グループも指しています。これには、政府機関 (連邦政府、州政府、地方自治体) も含まれます。外国人はこれには含まれません。
お客様は、政府の規制対象となる次のデータの種類のいずれかを保有する民間団体ですか。

1. 武器輸出管理法 (AECA) の 22 U.S.C.2778 による定義に準じます。

2. 28 CFR CH I Sec. 20.33 および CJIS セキュリティ ポリシーによる定義に準じます。

ドメイン名に使用できるのは、アルファベット a ~ z (大文字と小文字は区別されません) と数字 0 ~ 9 のみです。また、ドメイン名と管理ユーザー名の長さは、それぞれ 64 文字以下である必要があります。
ユーザー名に使用できるのは、アルファベット、数字、ピリオド、ハイフン、およびアンダースコアのみです。スペース、特殊文字、アクセント記号付きの文字は使用できません。
Azure Government Cloud は論理的に分離されているため、選択されたドメインは onmicrosoft.com 名前空間内で一意である必要があります。そのため、Office 365、Azure Global などのクラウド サービスを既にご利用中の場合は、そのいずれとも異なるドメイン名を指定する必要があります。これには、Azure Government のプレビュー版と試用版も含まれます。

Azure Government 試用版の使用条件

Microsoft Azure 政府機関向け試用版をリクエストしていただくと、試用版のご案内とサービスについてのお知らせをお送りいたします。