Microsoft Ignite

Watch the Azure keynote

Microsoft Ignite highlights

See all Azure announcements from Ignite

AI + 機械学習

Bot Framework と Azure Bot Service の更新により開発者の生産性が向上

オープンソースの Bot Framework の最新リリースで提供される新しい機能は、開発者がより多くのチャネルに対して容易にボットを作成して提供するために役立ちます。 提供される機能には、Microsoft Teams 用の SDK、Java SDK 向けの新しい言語サポート、Power Virtual Agents 向けのスキル統合などがあります。 さらに、新しいツールによってボットの作成プロセスが簡略化され、開発者はグラフィカル ユーザー インターフェイスを使用してボットを作成できます。

機械学習ライフサイクルを加速化

機械学習モデルの構築、トレーニング、デプロイを合理化に役立つ Azure Machine Learning の新機能をご覧ください。  新しい機能には、ML デザイナー、自動 ML の拡張機能、すべてのスキル レベルのユーザーが Python を使用してモデルをビルドしてデプロイするために役立つ組み込みのノートブックなどがあります (モデルのビルドとデプロイは R でも可能になりました)。新しい MLOP の機能を使用すると、エンドツーエンドの機械学習サイクルを加速できます。

自律システムのプレビューの拡大と新しいパートナーシップ

自律システム プラットフォームの限定プレビューを拡大し、このプラットフォームをテストする開発者とエンジニアを増員するだけでなく、信頼できる自律性を備えた、実世界で動作するインテリジェントなシステムを作成することに関心のある企業のお客様やパートナーも募集します。 このプラットフォームでは、機械ティーチングを使用して、データ サイエンスの専門知識がほとんどあるいは全くないエンジニアでも、期待される結果や動作を指定することができます。

Azure Cognitive Search の更新による企業の開発者エクスペリエンスの強化

Azure Search は Azure Cognitive Search に名称が変わり、企業の構造化された情報と構造化されていない情報の取り込み、強化、検索を容易に実行できるようになりました。 新しい更新には、データ コネクタ、組み込まれているスキルの追加、利用可能リージョンの拡大が含まれています。 Azure Cognitive Search に組み込まれている AI 機能によって、あらゆる種類のコンテンツを簡単に識別し、関連するコンテンツを大規模に探索する操作が強化されています。

Azure Cognitive Services の継続的なイノベーション 

Azure Cognitive Services のさまざまなイノベーションを発表します。プレビュー段階にあるものと一般提供されているものがあります。Personalizer の一般提供が開始されます。これは、関連性のあるコンテンツとエクスペリエンスの優先度を考慮することによって企業と顧客の深い対話を可能にする業界初の AI サービスです。 新しい Customer Neural Voice のプレビューも開始されます。これは Form Recognizer のテキスト分析とフィードバック ループの機能です。

オープンソースの ML.NET 1.4 により機械学習が .NET 開発者にとって身近になる

ML.NET は、.NET 開発者にとって機械学習を身近なものにする、オープンソースでクロス プラットフォームのフレームワークです。 最新のリリースでは、ML.NET アプリケーション プログラム インターフェイス (API) を使用した画像分類トレーニングと、ML.NET によるモデルのトレーニングに使用するデータを読み取るためのリレーショナル データベース ローダー API が追加されます。 新しいプレビュー機能の Visual Studio Model Builder 拡張機能では、グラフィカル ユーザー インターフェイスからの画像分類トレーニングがサポートされます。

Azure FarmBeats によってデータ駆動型農業を加速

世界人口は、2050 年までにほぼ 100 億人に達すると見込まれています。 農業従事者やその他の食料生産者は、持続的に成長する方法と、これまでにない大量の食料を届ける方法を見つける必要があります。 デジタル テクノロジは有用ですが、その導入は限られています。 Microsoft は、データ駆動型農業を加速させるために、長年にわたって業界をリードする研究を行い、そが FarmBeats と呼ばれる Azure ベースの製品として結実しました。

分析

Azure Synapse Analytics によって組織にもたらされる制限のない分析

Azure Synapse Analytics を使用すると、従来のデータハウスとビッグ データ分析をまとめることができます。企業は、サーバーレスのオンデマンド リソースとプロビジョニング済みのリソースを使用して、条件に合わせたデータのクエリを、規模を拡大して自由に実行できます。Azure Synapse を使用すると、この 2 つの世界が統一されたエクスペリエンスにまとめられ、データの取り込み、準備、管理が行われ、BI と機械学習にすぐに応用できるデータが提供されます。

ブロックチェーン

Azure Blockchain の拡張機能によるエンタープライズでの導入の加速の支援

複雑なテクノロジを民主化して、アイデアを持つ人が誰でもソフトウェアを作成できるようにする取り組みは、Microsoft のブロックチェーンに対する投資ロード マップの中核をなしています。 Microsoft Ignite での発表は、エンタープライズでのブロックチェーンの導入を加速することを目的としています。 この中には、トークン化を単純にする新しいマネージド サービス、オフレジャー データ管理、レジャーの選択肢と開発者の生産性の拡大が含まれています。

コンピューティング

Azure Kubernetes Service 向けの合理化された開発者エクスペリエンス

Dev Spaces の新しい機能により、AKS 上での開発がよりシームレスになります。 Connect を使用すると、開発者は、AKS 上で実行されているアプリケーションのコンテキストで他のクラウド サービスに接続したまま、サービスをローカルで実行およびデバッグすることができます。 また、GitHub Actions の統合を使用すると、開発者は、リポジトリのメイン ブランチに変更をマージする前に、アプリケーションを自動的に作成してレビューすることができます。 どちらの機能もプレビューで使用可能になります。

Azure 上の Windows Server:Windows Admin Center バージョン 1910 が GA に

Microsoft の継続的なイノベーションにより、Azure とオンプレミスにまたがる最適な Windows Server エクスペリエンスがお客様に提供されています。 Microsoft Ignite において、Windows Admin Center バージョン 1910 の一般提供を発表します。 ハイライトとしては、Azure Security Center との統合、オンプレミスのサーバー環境の Azure への拡張の簡略化のほか、新しいプレビュー機能であるサーバーと VM のパフォーマンスを追跡およびトラブルシューティングするパフォーマンス監視機能があります。

SQL Server 2019 によるあらゆるデータに対するインテリジェンスの提供 

SQL Server 2019 を使用して、新しいビッグ データ クラスターの機能を拡張されたデータ仮想化と組み合わせることにより、企業では、構造化されたデータと構造化されていないデータの両方について自社のあらゆるデータからインテリジェンスを獲得できます。製品に対するこれらの強力な追加機能により、企業では、任意の規模でビッグ データを格納および照会できるだけでなく、それらのデータを任意の場所 (SQL Server、Oracle、Mongo、PostgreSQL など) にある顧客データと組み合わせることもできます。

Azure Kubernetes Service – 使いやすい診断とログ記録

プレビュー版の Azure Kubernetes Service (AKS) 診断を使用すると、AKS クラスターの潜在的な問題を診断して解決するために役立つガイド付きの対話型のエクスペリエンスが提供されます。 AKS 診断では、AKS クラスターのバックエンド テレメトリが分析され、特定の AKS ドメインの知識とベスト プラクティスを使用してその情報がベンチマークされます。そのすべてがユーザーフレンドリなインターフェイスにパッケージ化されています。

Azure Spring Cloud のプレビュー

Java の開発者が Spring ベースのアプリケーションを作成するには、通常は、Spring Boot を使用して最小限の事前構成から開始し、Spring Cloud を使用してマイクロサービスの回復性、信頼性、調和性を高めます。 Microsoft Ignite では、Azure Spring Cloud のプレビューが開始されたことをお知らせします。これはフル マネージド Spring Cloud サービスであり、Pivotal と連携して構築と運用が行われます。

Azure Stack Hub 上の Windows Virtual Desktop (プレビュー) のハイブリッド機能の拡張

今日の企業は、データ主権とデータ グラビティの両方を必要としています。 Windows Virtual Desktop にハイブリッド機能を構築している Microsoft は、Microsoft Ignite で、Azure Stack Hub に対する WVD のプレビューを発表します。この完全に接続されたシナリオでは、管理プレーンは Azure に残り、ワークロードを実行するホスト プールは Azure Stack Hub 上に残ります。

Azure Kubernetes Service に対する脅威からの保護

Microsoft は、ユーザーがセキュリティの分析情報とベスト プラクティスをさらに活用できるように、Azure Security Center のサポートが Azure Kubernetes Service を脅威から保護するように拡張されたことをお知らせします。 現在パブリック プレビュー段階にある新しい機能には、Security Center に登録されているサブスクリプション内のマネージド AKS インスタンスの継続的な検出、ユーザーがセキュリティのベスト プラクティスを管理するために役立つ実用的な項目、ホストベースとクラスターベースの脅威分析などがあります。

Azure Stack Hub の AKS エンジンが一般提供

プロビジョニング、デプロイ、ライフサイクル管理の簡略化は、アプリケーション開発者と IT 設計者にとって重要です。 Microsoft Ignite において、Microsoft は、Azure Stack Hub での AKS エンジンの一般提供を発表します。 お客様は、Kubernetes クラスターのライフサイクルを Azure Stack Hub 上で単一のツールを使用してデプロイおよび管理できるようになり、クラスターのデプロイ、アップグレード、スケーリングのプロセスを調整する複雑な機構をセットアップする必要がなくなります。

コンテナー用の Azure Monitor:ハイブリッド監視のプレビューと Prometheus のサポートの一般提供開始

コンテナーの監視は重要であり、複数のアプリケーションを含む大規模な運用クラスターを実行するときは特に重要です。 コンテナー用の Azure Monitor は、AKS でホストされる Azure Container インスタンスまたはマネージド Kubernetes クラスターにデプロイされているコンテナー ワークロードのパフォーマンスを監視するように設計されています。 Microsoft Ignite では、ハイブリッド監視と Prometheus のサポートという、Azure Monitor のコンテナー用の 2 つの新しい機能を発表します。

Azure Bastion:VM へのセキュリティで保護されたアクセスを提供するフル マネージド PaaS サービスが一般提供

プライベート ネットワーク上でワークロードと仮想マシンに接続しているお客様は、セキュリティ リスクの増大に直面しています。 リモート デスクトップ プロトコルや Secure Shell を使用してパブリック インターネットにネットワーク資産を公開すると、管理と保護が困難になります。 Microsoft では、Azure portal を介して仮想マシンへのより安全な RDP および SSH アクセスを直接提供するフル マネージド PaaS サービスである Azure Bastion が一般提供になることを発表します。

コンテナー

Azure Kubernetes Service 向けの合理化された開発者エクスペリエンス

Dev Spaces の新しい機能により、AKS 上での開発がよりシームレスになります。 Connect を使用すると、開発者は、AKS 上で実行されているアプリケーションのコンテキストで他のクラウド サービスに接続したまま、サービスをローカルで実行およびデバッグすることができます。 また、GitHub Actions の統合を使用すると、開発者は、リポジトリのメイン ブランチに変更をマージする前に、アプリケーションを自動的に作成してレビューすることができます。 どちらの機能もプレビューで使用可能になります。

Azure Kubernetes Service – 使いやすい診断とログ記録

プレビュー版の Azure Kubernetes Service (AKS) 診断を使用すると、AKS クラスターの潜在的な問題を診断して解決するために役立つガイド付きの対話型のエクスペリエンスが提供されます。 AKS 診断では、AKS クラスターのバックエンド テレメトリが分析され、特定の AKS ドメインの知識とベスト プラクティスを使用してその情報がベンチマークされます。そのすべてがユーザーフレンドリなインターフェイスにパッケージ化されています。

オンデマンドの価格設定と Azure Red Hat OpenShift に対する Azure Monitor Log Analytics の統合 

Azure Red Hat OpenShift の新しい時間単位の価格設定を使用すると、お客様は、前もって丸 1 年の予約インスタンスをコミットせずにクラスターを起動および停止することができます。 さらに、プレビュー機能として、Azure Red Hat OpenShift クラスターは Azure Monitor Log Analytics と統合されたため、お客様は 1 つの統合されたプラットフォームでアプリケーション ログとクラスター ログを表示できるようになりました。 

Azure Container Registry による Open Container Initiative の成果物のサポート

一般提供されている Azure Container Registry で、Docker コンテナー イメージと Helm チャートの格納に加え、Open Container Initiative (OCI) Image Format Specification で構築された OCI の成果物とイメージも格納できるようになりました。 ユーザーは、すべてのコンテナー関連の成果物用に単一のレジストリを使用できます。

Azure Kubernetes Service に対する脅威からの保護

Microsoft は、ユーザーがセキュリティの分析情報とベスト プラクティスをさらに活用できるように、Azure Security Center のサポートが Azure Kubernetes Service を脅威から保護するように拡張されたことをお知らせします。 現在パブリック プレビュー段階にある新しい機能には、Security Center に登録されているサブスクリプション内のマネージド AKS インスタンスの継続的な検出、ユーザーがセキュリティのベスト プラクティスを管理するために役立つ実用的な項目、ホストベースとクラスターベースの脅威分析などがあります。

Azure Stack Hub の AKS エンジンが一般提供

プロビジョニング、デプロイ、ライフサイクル管理の簡略化は、アプリケーション開発者と IT 設計者にとって重要です。 Microsoft Ignite において、Microsoft は、Azure Stack Hub での AKS エンジンの一般提供を発表します。 お客様は、Kubernetes クラスターのライフサイクルを Azure Stack Hub 上で単一のツールを使用してデプロイおよび管理できるようになり、クラスターのデプロイ、アップグレード、スケーリングのプロセスを調整する複雑な機構をセットアップする必要がなくなります。

コンテナー用の Azure Monitor:ハイブリッド監視のプレビューと Prometheus のサポートの一般提供開始

コンテナーの監視は重要であり、複数のアプリケーションを含む大規模な運用クラスターを実行するときは特に重要です。 コンテナー用の Azure Monitor は、AKS でホストされる Azure Container インスタンスまたはマネージド Kubernetes クラスターにデプロイされているコンテナー ワークロードのパフォーマンスを監視するように設計されています。 Microsoft Ignite では、ハイブリッド監視と Prometheus のサポートという、Azure Monitor のコンテナー用の 2 つの新しい機能を発表します。

データベース

Azure Arc: あらゆるインフラストラクチャへの Azure の管理とセキュリティの拡張

企業は、数千のアプリや多様なハードウェアとインフラストラクチャ、複数のクラウドが含まれる、複雑化を増す環境に対峙しています。 必要なのは、イノベーションと開発者の俊敏性の実現、大規模な異種環境の運用、統合されたセキュリティの確保です。 Azure Arc を使用すると、Azure サービスをどこでも利用でき、すべてのインフラストラクチャを一元管理し、複数のクラウド、データセンター、エッジのガバナンスと制御を行うことができるように Azure の管理が拡張されます。

Azure Data Services プレビュー:Azure のデータ サービスをあらゆる場所から実行可能

Azure Arc を使用すると、Azure のデータ サービスをあらゆる場所で実行できるようになり、Azure SQL Database や Azure Database for PostgreSQL Hyperscale などのソフトウェアを任意のインフラストラクチャで実行できます。 データを管理する方法の改革により、Azure Data Services は従来の複雑なプロセスを、数秒しかかからないデプロイに変えます。 お客様は、リアル タイムでより多くの分析情報を取得し、データセンター、エッジ、クラウドの全体で AI の威力を発揮させることができます。

Azure SQL Database Edge で一度開発すればどこにでもデプロイ可能

Azure SQL Database Edge がプレビューで利用可能になります。 データ ストリーム、時系列分析、ストレージを AI 機能と一緒に占有領域の小さいコンテナーに容易に組み込めるため、エッジ アーキテクチャと実装の複雑さが大幅に軽減されます。ユーザーは、アプリケーションを一度開発すれば、エッジ、自社データセンター、Azure のどこにでもデプロイすることが可能です。 顧客は、Azure IoT Edge が利用可能なリージョンの Azure portal でダウンロードできます。

Azure Cloud Databases: 無限のパフォーマンスとスケールへの投資

デジタル トランスフォーメーションの推進は、大量のデータの管理とその潜在能力を活用する能力にますます依存しています。 Azure Database for PostgreSQL Hyperscale の一般提供によって、データ資産を無限に拡張できることをお知らせします。Hyperscale (Citus Data テクノロジを使用) により、PostgreSQL データベース ワークロードに対して、ハイパフォーマンス スケーリングがもたらされます。これは、数百ノードにわたる単一データベースの水平スケーリングによる驚くほど高速のパフォーマンスとスケーリングの提供によって実現されます。

Azure Cloud Databases で TCO の最大化を最大化するためのさらに柔軟な購入オプションの提供を開始

クラウド ワークロードに最高の価値を与えるために、リレーショナル データベースと非リレーショナル間の柔軟な購入オプションを発表します。これにより、どのデータベースでも選択できます。 Azure SQL Database サーバーレスの一般提供が開始されます。新しいコンピューティング レベルとして提供される Azure SQL DB サーバーレスを使用すると、断続的に使用され、使用量を予測できないデータベースのパフォーマンス管理が簡素化されます。

開発者ツール

Visual Studio Online: どこからでもアクセスできることによる開発者の生産性の向上

Visual Studio Online によって Visual Studio、クラウドでホストされる開発者環境、 Web ベースのエディターが統合され、どこからでもアクセス可能になることで、開発者の生産性がますます向上します。   Visual Studio Online のクラウドでホストされる環境に加え、Visual Studio Code と Web UI に対する拡張機能のサポートをプレビュー版で使用できます。

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 プレビュー 3 

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 の最新プレビューが利用可能になりました。これには、コンテナーを使用したアプリ開発の改善、CMake プロジェクト ガイダンスと C++ を使用したコード分析、ドキュメント タブの縦型レイアウトが含まれます。 その他の全般的なパフォーマンス強化とバグ修正に加えて、このプレビューでは、メイン リリース チャネルではまだ使用できない最新の機能や改善への先行アクセスが開発者に提供されます。

Azure Bastion:VM へのセキュリティで保護されたアクセスを提供するフル マネージド PaaS サービスが一般提供

プライベート ネットワーク上でワークロードと仮想マシンに接続しているお客様は、セキュリティ リスクの増大に直面しています。 リモート デスクトップ プロトコルや Secure Shell を使用してパブリック インターネットにネットワーク資産を公開すると、管理と保護が困難になります。 Microsoft では、Azure portal を介して仮想マシンへのより安全な RDP および SSH アクセスを直接提供するフル マネージド PaaS サービスである Azure Bastion が一般提供になることを発表します。

DevOps

Visual Studio Online: どこからでもアクセスできることによる開発者の生産性の向上

Visual Studio Online によって Visual Studio、クラウドでホストされる開発者環境、 Web ベースのエディターが統合され、どこからでもアクセス可能になることで、開発者の生産性がますます向上します。   Visual Studio Online のクラウドでホストされる環境に加え、Visual Studio Code と Web UI に対する拡張機能のサポートをプレビュー版で使用できます。

オンデマンドの価格設定と Azure Red Hat OpenShift に対する Azure Monitor Log Analytics の統合 

Azure Red Hat OpenShift の新しい時間単位の価格設定を使用すると、お客様は、前もって丸 1 年の予約インスタンスをコミットせずにクラスターを起動および停止することができます。 さらに、プレビュー機能として、Azure Red Hat OpenShift クラスターは Azure Monitor Log Analytics と統合されたため、お客様は 1 つの統合されたプラットフォームでアプリケーション ログとクラスター ログを表示できるようになりました。 

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 プレビュー 3 

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 の最新プレビューが利用可能になりました。これには、コンテナーを使用したアプリ開発の改善、CMake プロジェクト ガイダンスと C++ を使用したコード分析、ドキュメント タブの縦型レイアウトが含まれます。 その他の全般的なパフォーマンス強化とバグ修正に加えて、このプレビューでは、メイン リリース チャネルではまだ使用できない最新の機能や改善への先行アクセスが開発者に提供されます。

コンテナー用の Azure Monitor:ハイブリッド監視のプレビューと Prometheus のサポートの一般提供開始

コンテナーの監視は重要であり、複数のアプリケーションを含む大規模な運用クラスターを実行するときは特に重要です。 コンテナー用の Azure Monitor は、AKS でホストされる Azure Container インスタンスまたはマネージド Kubernetes クラスターにデプロイされているコンテナー ワークロードのパフォーマンスを監視するように設計されています。 Microsoft Ignite では、ハイブリッド監視と Prometheus のサポートという、Azure Monitor のコンテナー用の 2 つの新しい機能を発表します。

Azure Monitor:Network Insights と、Traffic Analytics での処理の高速化

Azure Monitor では、Azure 仮想ネットワークでの問題の診断、メトリックの表示、リソースのログの有効化または無効化の面でお客様を支援します。 Microsoft Ignite において、Microsoft は 2 つの機能拡張を発表します。 Network Insights (プレビュー) は、クラウド内のカスタマー ネットワーク リソース全体の正常性の情報やその他のデータを提供する単一のコンソールです。 Traffic Analytics (既存のソリューション) は、データを 10 分間隔で処理できるようになるため、分析情報をより迅速に提供できます。

ハイブリッド環境

Azure Arc: あらゆるインフラストラクチャへの Azure の管理とセキュリティの拡張

企業は、数千のアプリや多様なハードウェアとインフラストラクチャ、複数のクラウドが含まれる、複雑化を増す環境に対峙しています。 必要なのは、イノベーションと開発者の俊敏性の実現、大規模な異種環境の運用、統合されたセキュリティの確保です。 Azure Arc を使用すると、Azure サービスをどこでも利用でき、すべてのインフラストラクチャを一元管理し、複数のクラウド、データセンター、エッジのガバナンスと制御を行うことができるように Azure の管理が拡張されます。

Azure Data Services プレビュー:Azure のデータ サービスをあらゆる場所から実行可能

Azure Arc を使用すると、Azure のデータ サービスをあらゆる場所で実行できるようになり、Azure SQL Database や Azure Database for PostgreSQL Hyperscale などのソフトウェアを任意のインフラストラクチャで実行できます。 データを管理する方法の改革により、Azure Data Services は従来の複雑なプロセスを、数秒しかかからないデプロイに変えます。 お客様は、リアル タイムでより多くの分析情報を取得し、データセンター、エッジ、クラウドの全体で AI の威力を発揮させることができます。

Azure SQL Database Edge で一度開発すればどこにでもデプロイ可能

Azure SQL Database Edge がプレビューで利用可能になります。 データ ストリーム、時系列分析、ストレージを AI 機能と一緒に占有領域の小さいコンテナーに容易に組み込めるため、エッジ アーキテクチャと実装の複雑さが大幅に軽減されます。ユーザーは、アプリケーションを一度開発すれば、エッジ、自社データセンター、Azure のどこにでもデプロイすることが可能です。 顧客は、Azure IoT Edge が利用可能なリージョンの Azure portal でダウンロードできます。

Azure Cloud Databases: 無限のパフォーマンスとスケールへの投資

デジタル トランスフォーメーションの推進は、大量のデータの管理とその潜在能力を活用する能力にますます依存しています。 Azure Database for PostgreSQL Hyperscale の一般提供によって、データ資産を無限に拡張できることをお知らせします。Hyperscale (Citus Data テクノロジを使用) により、PostgreSQL データベース ワークロードに対して、ハイパフォーマンス スケーリングがもたらされます。これは、数百ノードにわたる単一データベースの水平スケーリングによる驚くほど高速のパフォーマンスとスケーリングの提供によって実現されます。

Azure Cloud Databases で TCO の最大化を最大化するためのさらに柔軟な購入オプションの提供を開始

クラウド ワークロードに最高の価値を与えるために、リレーショナル データベースと非リレーショナル間の柔軟な購入オプションを発表します。これにより、どのデータベースでも選択できます。 Azure SQL Database サーバーレスの一般提供が開始されます。新しいコンピューティング レベルとして提供される Azure SQL DB サーバーレスを使用すると、断続的に使用され、使用量を予測できないデータベースのパフォーマンス管理が簡素化されます。

Azure 上の Windows Server:Windows Admin Center バージョン 1910 が GA に

Microsoft の継続的なイノベーションにより、Azure とオンプレミスにまたがる最適な Windows Server エクスペリエンスがお客様に提供されています。 Microsoft Ignite において、Windows Admin Center バージョン 1910 の一般提供を発表します。 ハイライトとしては、Azure Security Center との統合、オンプレミスのサーバー環境の Azure への拡張の簡略化のほか、新しいプレビュー機能であるサーバーと VM のパフォーマンスを追跡およびトラブルシューティングするパフォーマンス監視機能があります。

Azure Stack Edge: 新しいフォーム ファクターと機能によるエッジ コンピューティングのメリットの拡大

Azure Stack Edge は、ネットワーク データ転送機能を備えた AI 対応のエッジ コンピューティング デバイスです。このクラウドで管理されるサービスとしてのハードウェア デバイスには、高速の AI 推論を可能にする FPGA が搭載され、ストレージ ゲートウェイのすべての機能が備わっています。 Microsoft は、ネットの新しいアプリケーションだけでなく、仮想マシン ベースのブラウンフィールド アプリケーションの両方に対してエッジ コンピューティングのメリットをもたらす、さまざまな新機能とフォーム ファクターのプレビューを紹介します。

Visual Studio Online: どこからでもアクセスできることによる開発者の生産性の向上

Visual Studio Online によって Visual Studio、クラウドでホストされる開発者環境、 Web ベースのエディターが統合され、どこからでもアクセス可能になることで、開発者の生産性がますます向上します。   Visual Studio Online のクラウドでホストされる環境に加え、Visual Studio Code と Web UI に対する拡張機能のサポートをプレビュー版で使用できます。

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 プレビュー 3 

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 の最新プレビューが利用可能になりました。これには、コンテナーを使用したアプリ開発の改善、CMake プロジェクト ガイダンスと C++ を使用したコード分析、ドキュメント タブの縦型レイアウトが含まれます。 その他の全般的なパフォーマンス強化とバグ修正に加えて、このプレビューでは、メイン リリース チャネルではまだ使用できない最新の機能や改善への先行アクセスが開発者に提供されます。

Azure FarmBeats によってデータ駆動型農業を加速

世界人口は、2050 年までにほぼ 100 億人に達すると見込まれています。 農業従事者やその他の食料生産者は、持続的に成長する方法と、これまでにない大量の食料を届ける方法を見つける必要があります。 デジタル テクノロジは有用ですが、その導入は限られています。 Microsoft は、データ駆動型農業を加速させるために、長年にわたって業界をリードする研究を行い、そが FarmBeats と呼ばれる Azure ベースの製品として結実しました。

複数の Azure Stack Hub システムを接続するための BC/DR 基本パターンの提供状況

Microsoft Azure Stack Hub は、お客様が自社のデータセンターから Azure サービスを提供するか、サービス プロバイダーから直接 Azure サービスを利用することのできる拡張機能です。お客様が自社の IaaS 仮想マシン ベースのアプリケーションの保護を強化できるようにするため、Microsoft では、Azure Stack Hub 向けの BC/DR 基本パターンを 2020 暦年の上半期に提供することを発表します。

Azure データ サービス—Arc—を Azure Stack Hub で使用可能 (プレビュー)

Microsoft は、Azure Stack Hub 上での Azure データ サービス (Arc) による最新のクラウド データベース管理機能 (プレビュー) を発表します。 Azure Stack Hub は Azure Arc のための理想的な環境で、ハードウェアおよびソフトウェア インフラストラクチャ向けの統合されたサポートと、サービスのデプロイの最適化が提供されます。 Azure Stack Hub のお客様は、Azure Arc を Azure Stack Hub にデプロイし、SQL Server のマネージド インスタンスのセルフサービスによるプロビジョニングと管理を提供することができます。

Azure Stack Hub 上の Windows Virtual Desktop (プレビュー) のハイブリッド機能の拡張

今日の企業は、データ主権とデータ グラビティの両方を必要としています。 Windows Virtual Desktop にハイブリッド機能を構築している Microsoft は、Microsoft Ignite で、Azure Stack Hub に対する WVD のプレビューを発表します。この完全に接続されたシナリオでは、管理プレーンは Azure に残り、ワークロードを実行するホスト プールは Azure Stack Hub 上に残ります。

Azure Security Center によるクラウド セキュリティ体制の管理の強化

不適切な構成は、クラウド ワークロードのリスクの最上位を占めます。 Azure Security Center では、お客様の Azure 環境全体を概観でき、セキュリティ体制の連続的な監視と改善が可能です。 Microsoft は、セキュリティ管理の機能拡張として、セキュア スコアの簡略化、カスタム ポリシーのサポート (プレビュー)、追加の規制コンプライアンス標準 (プレビュー)、一括リソース向けのクイック修正 (一般提供) を発表します。

Azure Security Center におけるクラウド リソースに対する脅威保護の拡張

Azure Security Center の脅威保護では、IoT や App Service からオンプレミスの仮想マシンに至るまで、Azure の IaaS レイヤーから PaaS リソースまでの幅広い種類のサービス全体で脅威を検出することが可能になります。 また、Azure Security Center の検出結果は、他のセキュリティ ソリューションからのシグナルの調査、脅威ハンティング、相関分析を行う Microsoft のクラウド SIEM オファリングである Azure Sentinel と統合できるようになります。

Azure 仮想マシン上の SQL Server に対する 高度なデータ セキュリティ

強力なデータ セキュリティは Microsoft クラウド サービスの基本的な特性です。Microsoft Ignite では、IaaS 仮想マシン上で実行されている SQL データベースに対する、プレビュー段階にある 2 つの重要なセキュリティの機能強化についてお知らせします。それらは、Azure Security Center による脆弱性評価と高度な脅威から保護するためのサポートです。

Azure Kubernetes Service に対する脅威からの保護

Microsoft は、ユーザーがセキュリティの分析情報とベスト プラクティスをさらに活用できるように、Azure Security Center のサポートが Azure Kubernetes Service を脅威から保護するように拡張されたことをお知らせします。 現在パブリック プレビュー段階にある新しい機能には、Security Center に登録されているサブスクリプション内のマネージド AKS インスタンスの継続的な検出、ユーザーがセキュリティのベスト プラクティスを管理するために役立つ実用的な項目、ホストベースとクラスターベースの脅威分析などがあります。

Azure Security Center による迅速なセキュリティの実装

Microsoft Ignite では、セキュリティに関する発見を企業規模で活用できるようにするための Azure Security Center プラットフォームの機能強化についてお知らせします。Azure Logic Apps によるワークフローの自動化、連続エクスポートをサポートするための高度な統合、アラートとレコメンデーションに関するレポート機能の改善などの新機能があります。

Azure Stack Hub の AKS エンジンが一般提供

プロビジョニング、デプロイ、ライフサイクル管理の簡略化は、アプリケーション開発者と IT 設計者にとって重要です。 Microsoft Ignite において、Microsoft は、Azure Stack Hub での AKS エンジンの一般提供を発表します。 お客様は、Kubernetes クラスターのライフサイクルを Azure Stack Hub 上で単一のツールを使用してデプロイおよび管理できるようになり、クラスターのデプロイ、アップグレード、スケーリングのプロセスを調整する複雑な機構をセットアップする必要がなくなります。

統合

組織は Azure Arc 対応 API Management によってあらゆる環境で API を管理可能

Microsoft は、現在プレビュー版を使用できる Azure Arc 対応の API Management をリリースしています。これを使用すると、組織は、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を含むあらゆる環境で API を管理できます。 それは、環境を問わずにデプロイできるコンテナー化された API ゲートウェイで構成されていますが、ユーザーは、すべての API を Azure API Management プレーンで管理できます。

モノのインターネット (IoT)

Azure SQL Database Edge で一度開発すればどこにでもデプロイ可能

Azure SQL Database Edge がプレビューで利用可能になります。 データ ストリーム、時系列分析、ストレージを AI 機能と一緒に占有領域の小さいコンテナーに容易に組み込めるため、エッジ アーキテクチャと実装の複雑さが大幅に軽減されます。ユーザーは、アプリケーションを一度開発すれば、エッジ、自社データセンター、Azure のどこにでもデプロイすることが可能です。 顧客は、Azure IoT Edge が利用可能なリージョンの Azure portal でダウンロードできます。

機械学習ライフサイクルを加速化

機械学習モデルの構築、トレーニング、デプロイを合理化に役立つ Azure Machine Learning の新機能をご覧ください。  新しい機能には、ML デザイナー、自動 ML の拡張機能、すべてのスキル レベルのユーザーが Python を使用してモデルをビルドしてデプロイするために役立つ組み込みのノートブックなどがあります (モデルのビルドとデプロイは R でも可能になりました)。新しい MLOP の機能を使用すると、エンドツーエンドの機械学習サイクルを加速できます。

自律システムのプレビューの拡大と新しいパートナーシップ

自律システム プラットフォームの限定プレビューを拡大し、このプラットフォームをテストする開発者とエンジニアを増員するだけでなく、信頼できる自律性を備えた、実世界で動作するインテリジェントなシステムを作成することに関心のある企業のお客様やパートナーも募集します。 このプラットフォームでは、機械ティーチングを使用して、データ サイエンスの専門知識がほとんどあるいは全くないエンジニアでも、期待される結果や動作を指定することができます。

オープンソースの ML.NET 1.4 により機械学習が .NET 開発者にとって身近になる

ML.NET は、.NET 開発者にとって機械学習を身近なものにする、オープンソースでクロス プラットフォームのフレームワークです。 最新のリリースでは、ML.NET アプリケーション プログラム インターフェイス (API) を使用した画像分類トレーニングと、ML.NET によるモデルのトレーニングに使用するデータを読み取るためのリレーショナル データベース ローダー API が追加されます。 新しいプレビュー機能の Visual Studio Model Builder 拡張機能では、グラフィカル ユーザー インターフェイスからの画像分類トレーニングがサポートされます。

Azure FarmBeats によってデータ駆動型農業を加速

世界人口は、2050 年までにほぼ 100 億人に達すると見込まれています。 農業従事者やその他の食料生産者は、持続的に成長する方法と、これまでにない大量の食料を届ける方法を見つける必要があります。 デジタル テクノロジは有用ですが、その導入は限られています。 Microsoft は、データ駆動型農業を加速させるために、長年にわたって業界をリードする研究を行い、そが FarmBeats と呼ばれる Azure ベースの製品として結実しました。

組織は Azure Arc 対応 API Management によってあらゆる環境で API を管理可能

Microsoft は、現在プレビュー版を使用できる Azure Arc 対応の API Management をリリースしています。これを使用すると、組織は、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を含むあらゆる環境で API を管理できます。 それは、環境を問わずにデプロイできるコンテナー化された API ゲートウェイで構成されていますが、ユーザーは、すべての API を Azure API Management プレーンで管理できます。

管理とガバナンス

Azure Arc: あらゆるインフラストラクチャへの Azure の管理とセキュリティの拡張

企業は、数千のアプリや多様なハードウェアとインフラストラクチャ、複数のクラウドが含まれる、複雑化を増す環境に対峙しています。 必要なのは、イノベーションと開発者の俊敏性の実現、大規模な異種環境の運用、統合されたセキュリティの確保です。 Azure Arc を使用すると、Azure サービスをどこでも利用でき、すべてのインフラストラクチャを一元管理し、複数のクラウド、データセンター、エッジのガバナンスと制御を行うことができるように Azure の管理が拡張されます。

オンデマンドの価格設定と Azure Red Hat OpenShift に対する Azure Monitor Log Analytics の統合 

Azure Red Hat OpenShift の新しい時間単位の価格設定を使用すると、お客様は、前もって丸 1 年の予約インスタンスをコミットせずにクラスターを起動および停止することができます。 さらに、プレビュー機能として、Azure Red Hat OpenShift クラスターは Azure Monitor Log Analytics と統合されたため、お客様は 1 つの統合されたプラットフォームでアプリケーション ログとクラスター ログを表示できるようになりました。 

新しい高度な機能により Azure のガバナンスが容易に

Microsoft では、Azure で高度なガバナンス機能を提供することに努めており、お客様からのフィードバックに基づいてそれらの機能を継続的に改善しています。 Microsoft Ignite において、Microsoft は、Azure でのガバナンスの簡略化に役立つ新機能を紹介します。たとえば、Azure Kubernetes Service (AKS) エンジンと Key Vault ポリシー、MG 向けのカスタム RBAC サポート、MCA のパートナー向けのサブスクリプション タグ付けと Azure Cost Management がパブリック プレビューになります。

コンテナー用の Azure Monitor:ハイブリッド監視のプレビューと Prometheus のサポートの一般提供開始

コンテナーの監視は重要であり、複数のアプリケーションを含む大規模な運用クラスターを実行するときは特に重要です。 コンテナー用の Azure Monitor は、AKS でホストされる Azure Container インスタンスまたはマネージド Kubernetes クラスターにデプロイされているコンテナー ワークロードのパフォーマンスを監視するように設計されています。 Microsoft Ignite では、ハイブリッド監視と Prometheus のサポートという、Azure Monitor のコンテナー用の 2 つの新しい機能を発表します。

Azure Monitor:Network Insights と、Traffic Analytics での処理の高速化

Azure Monitor では、Azure 仮想ネットワークでの問題の診断、メトリックの表示、リソースのログの有効化または無効化の面でお客様を支援します。 Microsoft Ignite において、Microsoft は 2 つの機能拡張を発表します。 Network Insights (プレビュー) は、クラウド内のカスタマー ネットワーク リソース全体の正常性の情報やその他のデータを提供する単一のコンソールです。 Traffic Analytics (既存のソリューション) は、データを 10 分間隔で処理できるようになるため、分析情報をより迅速に提供できます。

モバイル

オープンソースの ML.NET 1.4 により機械学習が .NET 開発者にとって身近になる

ML.NET は、.NET 開発者にとって機械学習を身近なものにする、オープンソースでクロス プラットフォームのフレームワークです。 最新のリリースでは、ML.NET アプリケーション プログラム インターフェイス (API) を使用した画像分類トレーニングと、ML.NET によるモデルのトレーニングに使用するデータを読み取るためのリレーショナル データベース ローダー API が追加されます。 新しいプレビュー機能の Visual Studio Model Builder 拡張機能では、グラフィカル ユーザー インターフェイスからの画像分類トレーニングがサポートされます。

Visual Studio Online: どこからでもアクセスできることによる開発者の生産性の向上

Visual Studio Online によって Visual Studio、クラウドでホストされる開発者環境、 Web ベースのエディターが統合され、どこからでもアクセス可能になることで、開発者の生産性がますます向上します。   Visual Studio Online のクラウドでホストされる環境に加え、Visual Studio Code と Web UI に対する拡張機能のサポートをプレビュー版で使用できます。

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 プレビュー 3 

Visual Studio 2019 バージョン 16.4 の最新プレビューが利用可能になりました。これには、コンテナーを使用したアプリ開発の改善、CMake プロジェクト ガイダンスと C++ を使用したコード分析、ドキュメント タブの縦型レイアウトが含まれます。 その他の全般的なパフォーマンス強化とバグ修正に加えて、このプレビューでは、メイン リリース チャネルではまだ使用できない最新の機能や改善への先行アクセスが開発者に提供されます。

組織は Azure Arc 対応 API Management によってあらゆる環境で API を管理可能

Microsoft は、現在プレビュー版を使用できる Azure Arc 対応の API Management をリリースしています。これを使用すると、組織は、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を含むあらゆる環境で API を管理できます。 それは、環境を問わずにデプロイできるコンテナー化された API ゲートウェイで構成されていますが、ユーザーは、すべての API を Azure API Management プレーンで管理できます。

ネットワーク

Azure Firewall Manager によるネットワーク トラフィックの一元的な構成と管理

DevOps アプローチを使用して、ユーザーのすべてのトラフィック フローを一元管理して記録します。Microsoft は、Azure Firewall Manager という、プレビュー段階にある新しいサービスの提供を開始します。これにより、複数の Azure Firewall インスタンスをハブアンドスポーク アーキテクチャで一元的に構成する手段が企業ユーザーに提供されます。

Azure Peering Service: Microsoft SaaS サービスに対する最適化された将来も使い続けられる接続

Microsoft Ignite では、Azure Peering Service のプレビューを発表します。これは、Azure 上で実行される Office 365 などの SaaS サービスにアクセスする際のインターネット ファーストのネットワーク戦略を探しているユーザーに対する Microsoft の答えです。 ユーザーは、サービス プロバイダーと連携することで、Microsoft への最適化された将来も使い続けられる接続性を備えた最良のインターネット トラフィック ルーティングを獲得できます。

Azure Bastion:VM へのセキュリティで保護されたアクセスを提供するフル マネージド PaaS サービスが一般提供

プライベート ネットワーク上でワークロードと仮想マシンに接続しているお客様は、セキュリティ リスクの増大に直面しています。 リモート デスクトップ プロトコルや Secure Shell を使用してパブリック インターネットにネットワーク資産を公開すると、管理と保護が困難になります。 Microsoft では、Azure portal を介して仮想マシンへのより安全な RDP および SSH アクセスを直接提供するフル マネージド PaaS サービスである Azure Bastion が一般提供になることを発表します。

セキュリティ

Azure 上の Windows Server:Windows Admin Center バージョン 1910 が GA に

Microsoft の継続的なイノベーションにより、Azure とオンプレミスにまたがる最適な Windows Server エクスペリエンスがお客様に提供されています。 Microsoft Ignite において、Windows Admin Center バージョン 1910 の一般提供を発表します。 ハイライトとしては、Azure Security Center との統合、オンプレミスのサーバー環境の Azure への拡張の簡略化のほか、新しいプレビュー機能であるサーバーと VM のパフォーマンスを追跡およびトラブルシューティングするパフォーマンス監視機能があります。

New Azure SDKs signify move toward unified set of standards 

A new set of software development kits (SDKs) for Azure Storage and Azure Key Vault are now available. Built on a common core for easy use of Azure services, with a focus on consistency, familiarity and language idiomaticity, this is Microsoft’s first step toward applying a new set of standards across Azure SDKs.

統一された標準に向けて新しい Azure SDK の提供を開始 

Azure Storage と Azure Key Vault 向けの新しいソフトウェア開発キット (SDK)  が使用可能になりました。 これは、すべての Azure SDK に対する新しい標準の適用に向けての Microsoft の第一歩であり、Azure サービスの使用を容易にするという共通の核の上に構築され、一貫性、親しみやすさ、言語の慣用度に重点が置かれています。

Azure Security Center によるクラウド セキュリティ体制の管理の強化

不適切な構成は、クラウド ワークロードのリスクの最上位を占めます。 Azure Security Center では、お客様の Azure 環境全体を概観でき、セキュリティ体制の連続的な監視と改善が可能です。 Microsoft は、セキュリティ管理の機能拡張として、セキュア スコアの簡略化、カスタム ポリシーのサポート (プレビュー)、追加の規制コンプライアンス標準 (プレビュー)、一括リソース向けのクイック修正 (一般提供) を発表します。

Azure Security Center におけるクラウド リソースに対する脅威保護の拡張

Azure Security Center の脅威保護では、IoT や App Service からオンプレミスの仮想マシンに至るまで、Azure の IaaS レイヤーから PaaS リソースまでの幅広い種類のサービス全体で脅威を検出することが可能になります。 また、Azure Security Center の検出結果は、他のセキュリティ ソリューションからのシグナルの調査、脅威ハンティング、相関分析を行う Microsoft のクラウド SIEM オファリングである Azure Sentinel と統合できるようになります。

Azure 仮想マシン上の SQL Server に対する 高度なデータ セキュリティ

強力なデータ セキュリティは Microsoft クラウド サービスの基本的な特性です。Microsoft Ignite では、IaaS 仮想マシン上で実行されている SQL データベースに対する、プレビュー段階にある 2 つの重要なセキュリティの機能強化についてお知らせします。それらは、Azure Security Center による脆弱性評価と高度な脅威から保護するためのサポートです。

Azure Kubernetes Service に対する脅威からの保護

Microsoft は、ユーザーがセキュリティの分析情報とベスト プラクティスをさらに活用できるように、Azure Security Center のサポートが Azure Kubernetes Service を脅威から保護するように拡張されたことをお知らせします。 現在パブリック プレビュー段階にある新しい機能には、Security Center に登録されているサブスクリプション内のマネージド AKS インスタンスの継続的な検出、ユーザーがセキュリティのベスト プラクティスを管理するために役立つ実用的な項目、ホストベースとクラスターベースの脅威分析などがあります。

Azure Security Center による迅速なセキュリティの実装

Microsoft Ignite では、セキュリティに関する発見を企業規模で活用できるようにするための Azure Security Center プラットフォームの機能強化についてお知らせします。Azure Logic Apps によるワークフローの自動化、連続エクスポートをサポートするための高度な統合、アラートとレコメンデーションに関するレポート機能の改善などの新機能があります。

Storage

Azure HPC Cache:組織のパフォーマンス コンピューティング ワークロードの容易な実行をサポート

大量のハイ パフォーマンス コンピューティング ワークロードを実行する企業組織では、オンプレミスのネットワークに接続されたストレージ内と Azure 上に格納された大規模なデータ セットにすみやかにアクセスする必要があります。 Microsoft は、Azure HPC Cache サービスの一般提供を開始することをお知らせします。この新しいオファリングを使用すると、組織は、大規模で複雑なハイ パフォーマンス コンピューティング ワークロードを Azure 上でより簡単に実行できるようになります。

Web

Azure Spring Cloud のプレビュー

Java の開発者が Spring ベースのアプリケーションを作成するには、通常は、Spring Boot を使用して最小限の事前構成から開始し、Spring Cloud を使用してマイクロサービスの回復性、信頼性、調和性を高めます。 Microsoft Ignite では、Azure Spring Cloud のプレビューが開始されたことをお知らせします。これはフル マネージド Spring Cloud サービスであり、Pivotal と連携して構築と運用が行われます。

組織は Azure Arc 対応 API Management によってあらゆる環境で API を管理可能

Microsoft は、現在プレビュー版を使用できる Azure Arc 対応の API Management をリリースしています。これを使用すると、組織は、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を含むあらゆる環境で API を管理できます。 それは、環境を問わずにデプロイできるコンテナー化された API ゲートウェイで構成されていますが、ユーザーは、すべての API を Azure API Management プレーンで管理できます。

Windows Virtual Desktop

Azure Stack Hub 上の Windows Virtual Desktop (プレビュー) のハイブリッド機能の拡張

今日の企業は、データ主権とデータ グラビティの両方を必要としています。 Windows Virtual Desktop にハイブリッド機能を構築している Microsoft は、Microsoft Ignite で、Azure Stack Hub に対する WVD のプレビューを発表します。この完全に接続されたシナリオでは、管理プレーンは Azure に残り、ワークロードを実行するホスト プールは Azure Stack Hub 上に残ります。

Watch the most popular sessions from Microsoft Ignite

See how customers are innovating with Azure

Spotify
Lufthansa
Unilever
OLA
Cemex
Bosch
Chipotle
The Atlantic
Asos
SAP

Build your cloud skills with Microsoft Learn

Master core concepts at your speed and on your schedule. Whether you’ve got 15 minutes or an hour, you can develop practical skills through interactive training that also prepares you for industry-recognized Microsoft certifications.

Create your Azure free account today

  • 12 months of free services—includes 12 Azure Cognitive Service services, such as Computer Vision, Content Moderator, Translator Text, Anomaly Detector, Form Recognizer, Face, and Ink Recognizer
  • $200 credit to explore any Azure service for 30 days
  • More than 25 always-free services—includes serverless, containers, and AI