Azure Ruby Data Services

Azure Storage

機能ガイド: BLOB を使用して非構造化データを保存する

BLOB は、大量の非構造化テキストまたはバイナリ データ (ビデオ、オーディオ、画像など) を格納するための最もシンプルなストレージです。BLOB は ISO 27001 の認定を受けた管理されたサービスで、自動的に拡張でき、最大 100 TB のデータを格納できます。BLOB は、REST およびクライアント API 経由で事実上どこからでもアクセスできます。

機能ガイド: テーブルを使用してキー/値のペアを保存する

テーブルは、大量の非構造化データのストレージを必要とするアプリケーション用の NoSQL 機能を提供しています。テーブルは ISO 27001 の認定を受けた管理されたサービスで、自動的に拡張でき、最大 100 TB のデータを格納できます。テーブルは、REST およびマネージ API 経由で事実上どこからでもアクセスできます。

方法: Blob Storage でカスタム ドメインを使用する

カスタム ドメインを Blob service エンドポイントにマップして、アプリケーションの URL にドメイン名が表示されるようにストレージ アカウントを構成します。