Azure ニュースレター

Azure 機能、イベント、コミュニティ アクティビティに関する最新情報を知ることができます。過去のニュースレターも参照できます。また、購読を申し込むと Azure の最新ニュースが受信ボックスに配信されます。

購読

おすすめ

おすすめのお客様投稿ストーリー: BARBRI

「1 年以上 Azure のパイロット版を使用した後で、当社の製品サーバーを Azure に移行開始すると決断しました。最終的には、当社の 2 つのコロケーション データセンターも移行完了を目指します。当社の事業は季節的なもので、Azure は閑散期には規模を縮小できるため、最初の見積では、年間 120 万 USD 以上を節約できるとのことでした。来年には移行プロセスを完了するつもりです。」

– Mark Kaplan、IT ディレクター Barbri

Barbri

IP リスクに対する業界最高水準の保護を備えるクラウドでの開発

Microsoft は、クラウドでの投資価値を高め、投資保護に役立つコミュニティとビジネス環境の育成に力を注いでいます。そのために、Microsoft Azure IP Advantage を発表します。Azure IP Advantage は、知的所有権 (IP) に対して補償が無制限の業界最高水準の総合的保護と、数千におよぶ Microsoft 特許から成るポートフォリオへのアクセスを提供します。Azure IP Advantage を利用することで、開発者は訴訟について心配することなく、コードの記述に集中できます。詳しくは、Microsoft の副社長兼最高法務責任者 Brad Smith によるビデオをご覧になるか、Microsoft の Web サイトにアクセスしてください。

これからのイベント予定

Azure 関連のイベントを検索

無料レポート: Open Source Powers Enterprise Digital Transformation (オープン ソースが企業のデジタル変換を促進する)

これは、お客様の組織でのオープンソース テクノロジ採用を促すリソースです。レポート「Open Source Powers Enterprise Digital Transformation (オープン ソースが企業のデジタル変換を促進する)」では、企業がオープンソース テクノロジを広範なビジネス戦略に取り入れる方法について、Forrester が調査しています。このレポートでは、コラボレーション、効率、イノベーション、タレント保持におけるオープン ソースのメリットが述べられています。

新しい Azure Marketplace エクスペリエンスのお知らせ

デザインが見直されて新しくなった Azure Marketplace エクスペリエンスでは、1 クリックで製品の検索とデプロイができるようになりました。予測検索、カテゴリ フィルタ、上位推奨事項を使用して製品を検出し、技術文書、価格情報、発行元の推奨事項を使用して製品を深く理解できます。さらに、体験版を使用して実践的なエクスペリエンスを得ることができます。詳細に関しては Azure ブログをご覧ください。

知る: 最新情報

依存関係検知型の監視、トラブルシューティング、およびワークロード移行に対応する Service Map のご案内

Microsoft Operations Management Suite Insight & Analytics の新しいソリューションである Service Map は、サーバーとプロセスの依存関係をリアルタイムに検出しマッピングします。これにより、当て推量での問題分離を減らし、環境内で接続と切断リンクを特定できるようにします。また、重要なシステムを後に残すことなく Azure 移行の実行をサポートします。Service Map のパブリック プレビューでは、Windows および Linux ゲストのすべての TCP 接続プロセスが、任意のクラウドとオンプレミスでサポートされます。今すぐご覧ください (英語)。

Azure DocumentDB: Xamarin サポートと IP フィルター

Azure DocumentDB が、いくつかのサービスとクライアント SDK の更新を発表します。DocumentDB は、受信用ファイアウォール サポートとしてポリシー主導の IP ベースアクセス制御をサポートします。最新リリースの DocumentDB .NET Core SDK は、完全な Xamarin 互換性があり、iOS、Android、Mono (Linux) をターゲットとするアプリケーションの構築に使用できます。

Azure DocumentDB パーティション分割型コレクション: 最低スループット レベルが 75 % 低くなりました

スループット レベルを 2,500 要求ユニット (RU) まで下げた Azure DocumentDB パーティション分割型コレクションを作成できるようになりました。この変更は、つまり、DocumentDB パーティション分割型コレクションのスケールを利用しようとするお客様は、これまでは最低でも 10,000 RU のスループットをプロビジョニングしていましたが、75 % オフのコストでスタートできるようになりました。詳細はこちら (英語)。

Azure DocumentDB: ODBC ドライバーを一般提供

Azure DocumentDB ODBC ドライバーが一般公開され、DocumentDB データの再正規化と分析、Microsoft Power BI や Tableau などの BI や分析ソリューションを使用したレポート作成が可能になりました。

Azure DocumentDB: S1、S2、S3 パフォーマンス レベルの提供中止

2017 年 8 月 1 日に、Azure DocumentDB のパフォーマンス レベル S1、S2、S3 は使用できなくなります。2017 年 8 月 1 日までは、Azure Portal または API を介して、これらのパフォーマンス レベルを引き続きご利用いただけます。2017 年 8 月 1 日以降は、S1、S2、S3 パフォーマンス レベルを使用する各コレクションは、シングル パーティション コレクションに移行されます。スループットは同等、ダウンタイムは発生しません。移行後は、シングル パーティション コレクションの料金をお支払いいただきます。

Azure Virtual Machines Scale Sets の新機能が一般公開されました

Azure Virtual Machine Scale Sets の新機能がいくつか一般公開されました。スケール機能やアプリケーション サポートが強化され、プラットフォームを簡単に管理できるようになりました。

Azure Functions Proxies のパブリック プレビューを開始

Azure Functions Proxies では、開発者が関数プロキシを簡単に作成できます。複数の Function App とバックエンド サービスに対応する単一の API 定義を作成できるようになりました。この機能により、開発者はアプリに接する API をバックエンド サービスから切り離すことができるため、バックエンドのコード変更からアプリを保護できます。詳細についてはこちらを参照してください

Azure CLI 2.0 が一般公開されました

Azure CLI 2.0 の計算、ストレージ、およびネットワーク コマンドが一般公開されました。今後も増える予定です。Azure CLI 2.0 は、好みのプラットフォームに簡単にインストールでき、Bash 環境になじみます。タブによる完了やパイプ可能な出力をサポートするので、grep、cut、jq などの一般的な Linux コマンドライン ツールと組み合わることができます。GitHub で CLI を調べて、Microsoft のドキュメントとサンプルをご覧ください。そして、フィードバックをお寄せください

Azure Network Watcher のパブリック プレビューを開始

Azure Network Watcher では、サービスによって提供されるネットワーク診断と視覚化ツールを使用して、ネットワーク シナリオ レベルで状況を監視し、診断できます。パケット キャプチャを使用して仮想マシンのネットワーク トラフィックをリモートでキャプチャ、フロー ログを使用してネットワーク トラフィックを把握し、VPN の接続性の問題を診断することもできます。さらに、既存の各種の Azure サービスと統合できます。Network Watcher の機能について詳しくは、Azure ブログでご確認ください。

Azure Analysis Services をパブリック プレビューできるリージョンを追加

Azure Analysis Services のパブリック プレビューが、東南アジア、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、米国西部、米国中南部、米国東部 2、米国中西部に加えて、米国中北部とブラジル南部の 2 つのリージョンで開始されました。Analysis Services は、Microsoft SQL Server Analysis Services の実績ある分析エンジンに組み込まれているため、セマンティックなデータ モデルをクラウドでホストでき、Excel や Power BI などのツールを使用して組織のユーザーとデータ モデルをつなぐことで、レポート作成やアドホック データの分析実行が可能です。詳細についてはこちらを参照してください

Azure Analysis Services のプログラミングと Automation

Azure Friday の Scott Hanselman が、Azure Analysis Services のリッチなプログラミング API と Automation 営業案件について学びます。この API と案件は Microsoft SQL Server Analysis Services の実績ある分析エンジンに組み込まれています。今すぐご覧ください (英語)。

Azure HDInsight を利用可能なリージョンが拡大

Linux 向けの Azure HDInsight が、カナダ東部、カナダ中部、米国中西部、ドイツ中部、ドイツ北東部、ブラジル南部の各リージョンで利用可能になりました。HDInsight は、Spark、Hive、MapReduce、HBase、Storm、Kafka、R Server 向けのオープン ソース分析クラスターを備え、99.9% の サービス レベル アグリーメント (SLA) が保証された完全マネージド クラウド Hadoop サービスです。

Microsoft Cognitive Services: Custom Speech Service のパブリック プレビューを開始

Microsoft Cognitive Services の一部である Custom Speech Service (旧称 CRIS) が、パブリック プレビュー サービスとして、Azure Portal で利用できるようになりました。Custom Speech Service は、話し方、背景ノイズ、ボキャブラリといった音声認識の障壁を打開できます。

Azure Storage の Managed Disks が一般公開されました

Azure StorageManaged Disks が、ほとんどの Azure リージョンで一般公開されました。その他のリージョンもまもなく追加されます。Managed Disks では、お客様は希望のディスク タイプ (Standard または Premium ディスク) とディスク サイズを指定するだけです。Azure が指定されたディスクを作成して管理します。詳しくは、Azure ブログやこのドキュメントの Web ページを参照してください。

より大容量のブロック BLOB が Azure Storage で一般公開

より大容量のブロック BLOB が一般公開され、最大ファイル サイズが 195 GB から 4.77 TB になりました。この改善点は、既存の Azure Blob Storage や、すべての Azure リージョンの汎用ストレージ アカウントで、すぐに利用開始できます。詳細については、Azure のブログをご覧ください。

Azure File Storage の Storage Service Encryption のパブリック プレビューを開始

Azure File Storage の Storage Service Encryption を有効にすると、データは自動的に暗号化されます。これにより、オンプレミスのファイル共有を Azure Files を使用するクラウドに移行しようとしている IT 組織は、業界標準の 256 ビット AES 暗号化を使用して保存データを保護できます。詳細に関しては Azure ブログをご覧ください。

Azure Search が英国南部で利用可能に

英国南部リージョンでの Azure Search 利用可能開始に伴い、Azure Search がすべてのパブリック地域で利用可能になりました。現在利用可能なリージョンは、オーストラリア東部、ブラジル南部、カナダ中部、インド中部、東アジア、米国東部、西日本、米国中北部、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、米国中西部、西ヨーロッパ、および米国西部です。

.NET および Java 向けのシンプルな Azure Management Libraries

.NET および Java 向けのシンプルな Azure Management Libraries ベータ 5 が利用可能になりました。このライブラリは、より高水準のオブジェクト指向 API を提供することで、開発者のエクスペリエンスを改善します。.NET では C# ステートメント 1 つだけ、Java でも 1 ステートメントで認証できます。.NET、Java のどちらでも、1 ステートメントで仮想マシンの作成、既存仮想ネットワークの変更などを実行できます。管理シナリオが具体的に理解できる、すぐに実行可能なサンプル コードが、.NET 向けと Java 向けに多数用意されています (50 を超えるエンドツーエンド シナリオがあります)。.NET または Java でお試しになり、フィードバックをお寄せください。

韓国のローカル データセンターから Azure が利用可能に

韓国 (韓国中部ソウルと韓国南部釜山) のローカル データセンター発の新しい Azure が、速度とパフォーマンスを求めて、ローカル データの保存場所を備えたほぼ完全なインテリジェント クラウドと結合します。この信頼性の高いクラウドには、韓国国内の複数のリージョンの複製データが含まれます。お客様には、クラウドのみとハイブリッド シナリオとの両方でビジネスを継続するための信頼性の高いデータ保護が提供されます。世界に 38 のクラウド リージョンがあり、韓国の組織は自社のアプリを世界中の顧客に簡単に届けることができます。詳細はこちら (英語)。

学ぶ: トレーニング情報

無料の Azure Marketplace 仮想ラボ シリーズのご案内

「Veeam、Mesosphere、Red Hat、Barracuda などのパートナー ソリューションに興味はあるけれど、開始方法が分からない」、そんなことはありませんか? 無料の仮想ラボにご参加ください。Azure Marketplace 仮想ラボ シリーズでは、45 分以下のハンズオン デモによりこれらのアプリを Azure に直接デプロイする方法について説明します。今すぐ登録する

キャリア アップへの道を切り開く

Microsoft IT Pro Cloud Essentials に参加したら、Pluralsight や Microsoft Virtual Academy の各種トレーニング コースでクラウドに関する知識を増やしましょう。参加は無料で、IT 技術担当者の成功を後押しする、実践的なエクスペリエンスが用意されています。今すぐ参加してください

クラウドは次世代の IT スキルの原動力

クラウド コンピューティングには新しい IT スキルが必要です。IT プロフェッショナルは、IT トレンドの影響を考慮し、近い将来非常に重要になる開発スキルに注目する必要があります。詳しくは、Market Spotlight ビデオの IDC をご覧ください。今すぐ見る

Microsoft Tech Summit でクラウドとインフラストラクチャのスキルを磨く

Microsoft のトップ エンジニアによる、2 日間の無料技術トレーニングのイベントにご参加ください。Microsoft のエンタープライズ ソリューションによりお客様の成果と生産性を向上させ、組織に価値を付加する方法をご説明します。70 を超えるトレーニング セッション、ハンズオン ラボをご利用ください。エキスパートに会うこともできます。お近くのイベントを検索するか、基調講演のライブストリーミング配信日の予定を空けておいてください。是非ご参加ください。

Azure 開発者ワークショップ

Azure for developers の実践的な概説については、こちらをご覧ください。Microsoft の Susan Ibach と Wintellect の Jeff Prosise の 2 人のエキスパート インストラクターが、Azure Storage、Stream Analytics、Machine Learning、Microsoft Cognitive Services、コンテナー、Docker などについて必要な知識を詳しくお伝えします。

クラウド カバー: Azure Analysis Services

このエピソードでは、Azure の完全マネージド サービスとして利用可能になった Azure Analysis Services について詳しく説明しています。このサービスは、データ モデリングの管理、クラウドまたはオンプレミスの表形式のデータからの BI ソリューション構築に役立ちます。

ケース スタディ: データ分析およびスマート ビルディングが快適性とエネルギー効率をアップ

Microsoft のスマートエネルギー ビルディングがエネルギー効率を 15 % 向上させました。でも、それだけではありません。エネルギースマート ビルディング ソフトウェアおよびツール群を使用すると、企業は気候を積極的に監視して従業員の快適さと生産性を保ち、エネルギー節約の機会を得て、メンテナンス作業に優先度を設定できます。運用コストも削減できます。しかも、その環境フットプリントを少なくすることもできます。IT Showcase (IT ショーケース) で詳細をご覧ください。

デジタル変換とモノのインターネット

このオンデマンド ウェビナーでは、モノのインターネット (IoT) テクノロジが人、資産、プロセス、システムをつなぐことで、業界を横断してあらゆる規模の会社にもたらすビジネス価値について説明します。このウェビナーでは、IoT ソリューションに期待できるメリット、複数の業界にまたがる実際のユース ケース、ベスト プラクティス、開始方法、価値を最大化するためにソリューションのステージをナビゲートする方法を取り上げています。

ケース スタディ: IoT デバイスとデータ分析を使用して Microsoft の職場をより安全にする

セキュリティ カメラ、アラーム、パニック ボタン、アクセス制御システム - これらすべての “スマートな” セキュリティ デバイスの障害は、Microsoft ではありえません。前例のないソリューションである System Center を使用して、800 棟以上の建物に散らばる 25,000 のモノのインターネット (IoT) セキュリティ デバイスを積極的に管理することで、従業員と資産を保護しています。IT Showcase (IT ショーケース) で詳細をご覧ください。

組織の成功に必要なもの

組織はどこでデジタル変換を開始するのでしょうか? また、お客様の組織がすでに開始している場合は、どのようにして期間短縮を図りますか? このウェビナーでは、Constellation Researc の主任アナリストであり創設者にして会長、『Disrupting Digital Business』の著者でもある Ray Wang が、なぜデジタル変換がすべての組織の当面の注目点であり、必要不可欠なのかを説明します。会社のカルチャー、データ主導の意思決定、イノベーション テクノロジの役割など、変換成功の鍵も明らかにします。登録して、オンデマンドでご覧ください。

ケース スタディ: Azure でリソース効率を最適化

Microsoft で成功すれば、お客様にとっても役立つものになるという確信を持てます。また Microsoft では、Azure を使用してクラウドの使用法を最適化し、コストを削減することもできました。IT Showcase (IT ショーケース) で詳細をご覧ください。

ASP.NET Core 1.0 クロスプラットフォーム

ASP.NET Core 1.0 アプリを Mac または Linux で構築およびデプロイする準備ができたら、このコースをご覧ください! Microsoft のエキスパート チームが方法をご説明します。Linux サーバーでのデプロイや、コンテナーや Docker などの開始方法といった、より高度なトピックを検索する前に、ASP.NET Core の基本を身に付け、Mac や Linux で利用可能なツールを知っておきましょう。コースを見る

モバイル予算を最大化: 長期的 ROI の計画策定

多くの企業が、「モバイル アプリにいったいどれほどのコストをかけるべきか」という簡単な質問の答えを見つけようと苦戦しています。 答えは 1 つではなく、開発チームはしばしば、時間をかけすぎたのではないかと訝しみながら、あるいは予想外のコストにおののきながら、暗中模索の状態で計画を立てています。アプリのライフタイムにかける正確なコストの見積方法、モバイル開発費やメンテナンス費用を予測し、これらの費用のコントロールをサポートするベスト プラクティスの使用方法、技術的な決定に業務上の目標をマッピングする方法、ベストな長期的 ROI を提供する開発プラットフォームの選定方法について説明します。このウェビナーに登録する

DevOps ウェビナー: モバイル DevOps で 5 つ星アプリを出荷

このオンデマンド ウェビナーに登録して、モバイル DevOps プロセスと継続的インテグレーションによってアプリを改善し、2,000 を超える実際のデバイスと 400 の構成でアプリのテストとデバッグを自動化し、アプリを継続的に配布し、フィードバックを収集し、更新プログラムと新機能をリリースする方法をご確認ください。

ESG: データ保護戦略にクラウドを取り入れる理由

ESG 発行のこのホワイト ペーパーをご覧になって、IT リーダーとその組織が変化を続けるデータ保護ニーズにどのように対応したかを知り、クラウド バックアップ ソリューション選択について知識を深めてください。無料レポートをダウンロードしてください

エンドポイント セキュリティに新しい侵害後アプローチを

このオンデマンド ウェビナーでは、ネットワーク内やネットワーク周辺に潜在する脅威の検出、調査、対応の改善を Windows Defender がどのようにサポートするかについて説明します。侵害を阻止する最善の方法は、侵害を当然発生するものとみなすことです。新しい侵害後セキュリティ ソリューション アプローチが必要です。保護されていますか? このウェビナーでは、侵害後アプローチが必要な理由、Windows Defender Advanced Threat Protection が侵害後サポートを提供する方法、お客様の組織で Windows Defender ATP の試用版を使い始める方法について取り上げます。

Microsoft SQL Server 2016 でアプリ ビジネスに革命を

Microsoft SQL Server ソリューションを構築して採用する方法について学習すれば、顧客を喜ばせる差別化されたインテリジェント アプリを作成することができます。SQL Server with SQL Server 2016 SP1 および SQL Server vNext の最新の更新について、お客様のアプリにインテリジェンスを加え、お客様のサービス内容により競争力を持たせる上で SQL Server 2016 がどのように役立つかについて、また、Microsoft の技術エキスパートが実践的なアドバイスをする Microsoft の SQL Server 2016 Accelerator プログラムについて説明します。技術リソースおよび市場開拓リソースにアクセスして、お客様のアプリケーションを SQL Server 2016 にアップグレードまたは移行する方法をお確かめください。

Microsoft SQL Server on Linux: 世界クラスの RDBMS、オープンソース エンタープライズ環境

今日の IT 組織は、複数のデータ タイプと多くの開発言語を克服しなければなりません。オンプレミス、クラウド、ハイブリッドが混在する環境で業務を行い、運用コストを削減する必要もあります。このオンデマンド ウェビナーでは、お客様のデータとアプリケーションに最適なプラットフォームを選定する方法について説明します。Microsoft SQL Server は、SQL Server on Linux を使用して、その世界クラスのリレーショナル データベース管理システム (RDBMS) をオープンソース エンタープライズ エコシステムに組み込みます。SQL Server on Linux の最新情報と、デプロイすべき SQL Server エディションの決定方法を学習してください。

Microsoft Enterprise Mobility + Security がユーザーに愛され、IT に信頼されている理由をご確認ください

Microsoft Enterprise Mobility + Security 概要にご参加ください。デジタル変換は、会社の日常業務の変化であり、セキュリティに関する新しい課題をもたらします。Enterprise Mobility + Security は、モビリティとクラウドを取り入れるときに、会社情報の安全性を高めながらも、従業員の生産性を高く保てるよう、お客様をサポートできます。

楽しむ

*Comic source: www.cloudtweaks.com。了承を得て転載。

ひらめく: 導入事例

Fujitsu

Fujitsu がクラウドのニーズ予測により顧客の信頼を獲得

Fujitsu Australia and New Zealand は、一流のマネージド サービス プロバイダです。数千の組織が、官民問わず、クラウドで重要なビジネス アプリケーションを確実に実行し管理する上で、同社に頼っています。Fujitsu は、Microsoft Operations Management Suite を予測分析ツールとして使用し、各顧客が必要とする Azure の能力を監視および予測しているため、コスト効率がよく中断のない状態で重要なアプリケーションを実行することができます。

詳細情報

Lobster Ink

トレーニング カンパニーがクラウドから世界に対応

Lobster Ink は、世界中の数千のホテルに、ベッドメイクからカクテルのブラッディ マリーの作り方まで、すべてについて高品質で一貫性のある優れたオンライン トレーニングを提供しています。Lobster Ink は、Azure のプラットフォーム サービスを使用して、その学習プラットフォーム全体をクラウドで提供できるように作り変えました。現在、Lobster Ink のトレーニング プラットフォームは、世界中から参加する数百万の同時学習者に合わせてスケールを拡大縮小できます。

詳細情報

注目のサービス

パートナー

riverbed

Azure への安全な接続を SD-WAN で自動化することで、クラウドの機敏性を解き放つ

Riverbed SteelConnect は、Azure ネットワークに対して、また Azure ネットワーク間で、セキュリティ保護された接続のオーケストレーションを自動化します。ポリシーベースの管理を介したソフトウェアによるコントロールは、ネットワークの正常性に関わらず、モバイルまたは固定ユーザーからアプリ サーバーまでの一貫したセキュリティとパフォーマンスの確実な実現をサポートします。Azure プロビジョニングの機敏性、効率、セキュリティを備えた SteelConnect は、御社のネットワークでも機敏性、効率、セキュリティを実現するために踏み出すべき、次の自然な一歩です。

Marketplace のページを表示

Azure Marketplace

Mesosphere

おすすめ: Esri がリアルタイムの予測マッピング構築に Azure と Mesosphere DC/OS を選択

地理空間インテリジェンスのリーダー Esri が、運用コストの削減、複雑度の軽減、市場導入時間の短縮を実現する一方で、前例のないパフォーマンスとスケーラビリティを顧客に提供しながら、21 世紀型のマッピング ソリューションを構築した方法をご確認ください。Esri のインフラストラクチャは、Azure クラウド、Azure Container Service、Mesosphere DC/OS によって提供されています。Esri のリアルタイムのビッグ データ デプロイが、どのようにして数週間から数分に短縮されたか、お読みください

Marketplace のページを表示

Citrix

おすすめ: Citrix XenDesktop Essentials サービスを利用して Azure での Windows 10 デプロイをシンプルに

XenDesktop Essentials は、あらゆるデバイスからの豊富なユーザー アクセス エクスペリエンスを実現しつつ、Windows 10 移行をシンプルにし、デスクトップ デプロイを促進し、進行中の大規模管理を効率化します。Azure Marketplace で独占的に提供される最初の Citrix クラウド サービスとして、Citrix と Microsoft は共同で、新しい XenDesktop Essentials サービスと関連する Azure イフラストラクチャを設定、管理するための単一のインターフェイスを提供します。XenDesktop Essentials が Azure での Windows 10 移行をシンプルにする仕組みをご覧ください

Marketplace のページを表示

編集後記

こんにちは、

意思決定プロセスで情報伝達をサポートするために Azure を使っているというさまざまな業界について耳にすると、いつも胸が躍ります。1 月に、私は農業経営者に役立つアプリを開発している会社についてのブログ投稿を読みました。彼らは、Azure IoT Suite と Azure クラウド プラットフォームを利用してデータベースの予測提供をサポートしていました。そして、これはまだ始まったばかりでした。詳しくはこちら - あなたの業界に新しい効率をもたらす手助けをする、アプリ作成のヒントを得られるかもしれません!

Miwa