Azure ニュースレター: 4月 2017

Azure 機能、イベント、コミュニティ アクティビティに関する最新情報を知ることができます。過去のニュースレターも参照できます。また、購読を申し込むと Azure の最新ニュースが受信ボックスに配信されます。

他の月のニュースレターをお探しですか?
アーカイブをご確認ください。

Azure ニュースレターの Web サイト バージョンへようこそ。このページは、皆様が読みたい記事をより簡単に見つけられるように作成されました。下記のカテゴリを選択すると、そのトピックの記事だけが表示されます。もう一度すべての記事を表示する場合は、[ALL] (すべて) をクリックしてください。

おすすめ

お客様投稿ストーリー: CryptoCompare

デジタル通貨に関するデータと分析を提供する企業 CryptoCompare では、暗号通貨市場のデータの保存とユーザーやパートナー企業へのデータの提供に Azure を利用しています。CryptoCompare は、Azure インフラストラクチャのみを使用して事業の拡大を遂げ、1 秒あたり 1,000 件を超える取引を処理しています。また CryptoCompare では、信頼性と精度の高い暗号通貨価格と過去のデータを取得するための API を提供しています。Node.js で作成されたこの API は、Ubuntu の Azure 仮想マシンで実行し、ピーク時には負荷が分散された各サーバーからの1 秒あたり 3,000 件を超える要求に対応できます (平均すると 1 秒あたり 500 件の要求を処理します)。

CryptoCompare

5 月に開催される Microsoft Build 2017 の視聴のご案内

ソフトウェアが世界を大きく変え続ける中、開発者はその中心的役割を果たしています。Microsoft Build 2017 では、最先端の技術やエキサイティングな今後の計画について知ることができます。2017 年 5 月 10 日から 12 日までのチケットは完売しましたが、参加登録をしていないお客様は、ワシントン州シアトルで開催される基調講演と一部セッションのライブ ストリーミングを、Microsoft Build 2017 の Web サイトでご覧いただけます。

Azure IT オペレーター向けファースト ステップ ガイドをダウンロード

このガイドでは、Azure インフラストラクチャのデプロイと管理に関する、中核となる概念をご紹介します。クラウド コンピューティングや Azure そのものになじみがない方には、このガイドがお役に立つでしょう。仮想マシンのデプロイなどの操作について説明した後で、さらに詳細な技術情報へのリンクを掲載しています。

Microsoft のロゴと、"Get started guide for Azure IT operators (Azure IT オペレーター向けファースト ステップ ガイド)" のタイトルのイメージ

Microsoft、Deis を買収して企業のコンテナーの革新を支援

Azure でコンテナー化されたワークロードへの関心の高まりとデプロイの急増を受けて、Microsoft では、コンテナー化されたワークロードの実行場所として Azure を最適な環境にすることに取り組んでいます。このビジョンを支えるため、コンテナー変革の中心企業である Deis を買収することに合意しました。Deis は、Kubernetes のコンテナー管理技術によって、アプリケーションの俊敏性、効率性、信頼性を大きく高める手段を開発者に提供します。Scott Guthrie のブログ記事こちらのビデオでは、Deis が提供するオープン ソース製品 Helm を Azure Container Service で使用する方法を説明しています。

無料のハンズオン授業を受けて Azure を最大限に活用

Microsoft のエキスパートがご案内する、Azure のバーチャル ライブ授業にご参加ください。これらのハンズオン セッションは参加者も多く、順を追って説明しているので、実際のシナリオに取り組む場合にも役立ちます。座席には限りがあります。すぐに満席になってしまうため、今すぐご予約ください。 今すぐ登録

これからのイベント予定

知る: 最新情報

Azure Resource Health の一般提供を開始

Azure Resource Health によって、Azure で発生した問題がお客様のリソースに影響を及ぼす場合に、診断とサポートを受けられます。このサービスでは、お客様のリソースの現在と過去の正常性の状態が通知され、問題の影響を軽減できます。また必要に応じて、Azure サービスの問題に関する技術的なサポートを受けることができます。さっそく Azure Portal で Resource Health を起動してみてください。

Azure Portal の Resource Health パネルを表示したイメージ

Azure Advisor の一般提供開始

Azure Advisor は、ベスト プラクティスに従って Azure リソースを最適化するための、個別のレコメンデーション ガイドです。リソースの構成と使用状況を分析し、Azure リソースの可用性、セキュリティ、パフォーマンス、およびコスト効率の改善に役立つガイダンスを提供します。Azure Portal で Advisor ブレードを開いてみてください。

Azure Portal の Advisor ブレードを表示したイメージ

Azure Monitor で Azure リソースの正常性、パフォーマンス、使用状況を視覚化

一般提供が開始された Azure Monitor では、お使いの Azure リソースを監視および診断する組み込みサービスを提供し、クラウド アセット全体の運用を視覚化します。ほぼリアルタイムの監視と詳細なログ、SMS、メール、Webhook などを利用したアラートおよび通知機能の強化によって、ビジネスに影響を与える IT 上の問題を速やかに検出して解決できます。 詳細情報

Azure Monitor ブレードを表示したイメージ

Azure DocumentDB の新機能: Spark コネクタ、データ エクスプローラー、保存データの暗号化

Azure DocumentDB の 3 つの新機能をご利用いただけるようになりました。Spark コネクタは、DocumentDB のグローバル分散データに対するリアルタイムのデータ サイエンスやデータ探索を可能にします。データ エクスプローラー (プレビュー) は、Azure Portal とエミュレーター内の DocumentDB データの挿入、クエリ、管理において、リッチな統合エクスペリエンスを開発者に提供します。また、すべてのリージョンで保存データの暗号化機能の一般提供が開始されました。DocumentDB 内のデータは保存中もすべて自動的に暗号化されるほか、従来通りの優れた可用性、待機時間、スループット、機能性も確保されます。

SQL Server 2017 Community Technology Preview 2.0 のプレビューの提供を開始

Windows、Linux、Docker で、SQL Server 2017 Community Technology Preview (CTP) 2.0 のプレビューの提供が開始されました。このプレビューには、グラフ データの管理やクエリの実行などの新機能が追加されています。Python で作成された分析クエリをデータベース内部で大規模かつネイティブに実行できます。Azure 仮想マシンで CTP 2.0 プレビュー版をぜひお試しいただき、開発とテストにご利用ください。

Azure Data Factory、データの取り込みおよび変換機能をさらに充実

2017 年 3 月、Azure Data Factory チームによって、SAP HANA、SAP Business Warehouse、SFTP、および HTTP からのデータの読み込みが可能になりました。また PolyBase を導入して強化することで、Azure Data Lake Store から Azure SQL Data Warehouse に直接読み込めるようになりました。データ管理ゲートウェイの高可用性と拡張性のほか、英国南部のリージョンでのデータ移動がサポートされます。そのほか、リッチ データ変換の新しい Spark アクティビティも導入されています。 詳細情報

Microsoft Cognitive Services: Content Moderator、Computer Vision API、Face API の一般提供を開始

Microsoft Cognitive Services は、高度な視覚、音声、言語、ナレッジ、検索テクノロジーを開発者が利用できるようにする API をまとめたサービスです。Face APIComputer Vision APIContent Moderator の一般提供が Azure Portal で開始されました。Face API は人物の顔を検出したり、似たような顔を比較したりするのに役立ちます。Computer Vision API は、画像の内容を理解するツールを提供します。また、Content Moderator はコンピューター支援によるテキストおよび画像のモデレートで、目視によるレビュー ツールがそれを補完します。

翻訳でお困りの方は、 Microsoft Translator の新機能を確認してください

2017 年 4 月 6 日、Microsoft Translator は 10 番目の音声翻訳言語として日本語をリリースしました。すべての音声言語には、2 つの人工知能 (AI) システムが活用されています。開発者は Microsoft Cognitive Services の一部である Microsoft Translator Speech API を Azure で入手して、独自のアプリケーションに追加できます。Microsoft Translator ライブ機能や Skype 翻訳を活用した対面型のリアルタイム翻訳機能によって、プレゼンテーション、会議、その他複数デバイスを使用する場合に日本語の翻訳をご利用いただけます。 詳細情報

Azure HDInsight を利用可能なリージョンが拡大

Azure HDInsight が米国西部 2 のリージョンで利用可能になったほか、Linux 向けの Azure HDInsight が、英国西部、英国南部、インド中部の各リージョンで利用可能になりました。HDInsight は、Spark、Hive、MapReduce、HBase、Storm、Kafka、R Server 向けのオープン ソース分析クラスターを備え、99.9% の サービス レベル アグリーメント (SLA) が保証された完全マネージド クラウド Hadoop サービスです。

Cortana Intelligence ソリューション テンプレートでインテリジェント アプリの作成を促進

Cortana Intelligence ソリューション テンプレートを使用すれば、高度な分析とビッグ データを活用してビジネス プロセスを改善し、競争力を強化できます。Microsoft の幅広いパートナー エコシステムに支えられ、ベストプラクティスのアーキテクチャと機械学習モデルを使用して作成された、柔軟性の高いソリューション テンプレートをご活用ください。最初の 3 つのソリューション テンプレートは、小売業の需要予測、オンライン小売業のサービスの個別化、および小売業の品質保証にお使いいただけます。

Azure Virtual Machines の L シリーズ インスタンスの一般提供を開始

Azure Virtual Machines の L シリーズ インスタンスの一般提供が、米国東部 2、米国西部、東南アジア、オーストラリア東部、カナダ中部、およびカナダ東部の各リージョンで開始されました。

ドイツでの Azure Application Gateway WAF の一般提供を開始

Azure Application Gateway の Web アプリケーション ファイアウォール (WAF) の機能の一般提供が、新しい WAF レベルの一部としてドイツで開始されました。Web アプリケーション ファイアウォールは、SQL インジェクションや、クロスサイト スクリプト攻撃、セッション ハイジャックなどの一般的な Web ベースの攻撃から Web アプリケーションを保護します。

Azure Service Bus: Azure リレーのハイブリッド接続機能の一般提供を開始

Azure Service Bus での Azure リレーのハイブリッド接続機能の一般提供を開始します。ハイブリッド接続を使用すると、HTTPS や WebSockets などのオープンな規格を使って、ファイアウォールの内側に存在するオンプレミスのリソースを、他のクラウドベースのサービスや資産に安全に接続できます。

Azure Active Directory B2B コラボレーションの一般提供を開始

Azure Active Directory (Azure AD) B2B コラボレーションは、Office 365 や Salesforce、その他の多くのサービスとしてのソフトウェア (SaaS) アプリケーションを含むリソースと、Azure サービスやその他のモバイル、クラウド、オンプレミスのアプリケーションについて、パートナー企業のアクセス管理をシンプルにし、セキュリティを強化します。このたび Azure AD B2B コラボレーションの一般提供が開始されましたので、さっそく実稼働環境でお使いいただけます。

Azure Active Directory B2C の一般提供がヨーロッパで開始

業界の規制やデータ保護の法律を遵守するため、多くの組織ではヨーロッパなどの特定地域内にデータを保管しておく必要があります。Azure Active Directory (Azure AD) B2C は、顧客とのつながりの維持に役立つクラウド ID サービスです。今回、データの操作や保管を行う場所がヨーロッパの Azure データ センターに限定されている Azure AD B2C インスタンスにアプリケーションを接続したり、顧客アカウントをアップロードしたりするオプションが利用できるようになりました。 詳細情報

2017 年 4 月 13 日に DirSync と Azure AD Sync のサポートを終了

オンプレミス ID のクラウド サービスでの利用を可能にするために、これまではハイブリッド ID の実装用に 2 つの同期ツール、つまり単一フォレスト ディレクトリの実装用に Windows Azure Active Directory Sync (DirSync)、複数フォレストや他の高度な機能用に Microsoft Azure Active Directory Sync (Azure AD Sync) が提供されてきました。これらの古いツールに代わるのが、すべてのシナリオで使用できる Azure Active Directory (Azure AD) Connect です。DirSync と Azure AD Sync は今後更新されません。2017 年 4 月 13 日で廃止となり、サポートが終了します。 詳細情報

Azure Media Services Management REST API バージョン 2011-10-01 のサービス終了

現在非推奨となっている Azure Media Services Management REST API の旧バージョン "2011-10-01" のサポートが、2017 年 5 月 22 日をもって終了します。強化された新しい Media Services 管理エンドポイントがリリースされていますので、早急に移行をお願いいたします。Media Services アカウントをプロビジョニングする場合、新しい Azure Resource Manager テンプレートの参照先にはすべて最新の管理 API を指定してください。 詳細情報

Xamarin University が Visual Studio Marketplace で利用可能

Xamarin University は、ライブ オンライン クラス、レコーディング クラス、ダウンロード可能なコース資料、Xamarin 社の営業時間内のセッション、セルフガイド学習、ゲスト講師の講義を含む、モバイル開発のトレーニングを提供します。Xamarin University はユーザーごとに毎月提供されるサービスです。Visual Studio Marketplace で販売される他のサービスと同様に、Azure サブスクリプションを使用して課金されます。Xamarin University を無料で試用する方法などについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Xamarin モバイル アプリがシリア難民をどのように支援しているかをご覧ください

シリアで暮らす 60 万人の都市難民にとって、携帯電話は命綱です。Urban Refuge は、シリア難民が地図上で援助とサービスを見つけられるよう、Xamarin を使用したモバイル アプリを作成しました。事例を見る

学ぶ: トレーニング情報

Azure Friday: Azure App Service で簡単にプッシュ通知

Azure Friday の Scott Hanselman が新機能について学び、Azure App Service のプッシュ通知のデモで、モバイル アプリを Azure Notification Hubs に統合し、Azure Mobile Apps を使ってセキュリティで保護されたプッシュ通知を受信する方法について紹介します。 今すぐ見る

開発者向けの無料体験ワークショップ AI Immersion Workshop にご参加ください

次世代インテリジェント アプリの作成に興味がある方は、Build 2017 直前の 2017 年 5 月 9 日 (火) にワシントン州シアトルで開催されるワークショップにご参加ください。ご自分のノート PC を使って、応用機械学習やビッグ AI から、Microsoft Cognitive Services やインテリジェントなサービスとしてのソフトウェア (SaaS) アプリに至る幅広いハンズオン チュートリアル セッションに取り組んでいただけます。Microsoft の人工知能 (AI) について深く知り、業界のエキスパートや同業者と直接交流できます。お席には限りがありますので、

2017 年の Microsoft Data Insights Summit にご参加ください

Microsoft Data Insights Summit が、2017 年 6 月 12 日から 13 日にかけて、ワシントン州シアトルで再び開催されます。このイベントの目的は、皆様がより深い洞察を得て、データをさらに理解し、ビジネスを変革できるようにすることです。Microsoft のビジネス インテリジェンス ツールの開発に携わるエンジニアに直接会って、高度な質問をしたり、ベスト プラクティスを学んだりできます。ハンズオン ワークショップ、基調講演、登壇者によるセッションなどで最新の動向、ツール、製品ロード マップをご紹介します。 今すぐ登録

Microsoft Ignite で Azure 最新情報を入手

2017 年 9 月 25 日から 29 日にフロリダ州オーランドで開催される Microsoft Ignite にご参加ください。Azure エキスパートとつながり、刺激を受け、新しいアイデアを得る場所です。この 5 日間のカンファレンスでは、Azure やその他のトピックを網羅する 700 以上のセッションのほか、ハンズオン デモなど、質問の答えを得るための豊富な機会が提供されます。 詳細情報

オンデマンド: Microsoft Data Amp

Microsoft Data Amp に参加できなかった場合は、 データ イノベーターを対象とする独自のバーチャル イベントのオンデマンド コンテンツをご利用いただけます。データ、インテリジェンス、分析の進歩がデジタル変革をどのように推進しているかをご紹介します。業界の分析情報を得て、重要な発表や最新技術について知ることができます。Microsoft Data Amp—データが機能する場所。 今すぐ見る

オンデマンド: Microsoft Tech Summit

Tech Summit のイベントに参加できなかった場合は、 50 を超える技術セッションで構成されたオンデマンド コンテンツをぜひご覧ください。セキュリティ、ネットワーク、データ、ストレージ、ID、モバイル、クラウド インフラストラクチャ、管理、DevOps、アプリ プラットフォーム、生産性、コラボレーションなどの Azure およびハイブリッド プラットフォーム全般にわたる幅広いトピックを網羅しています。 今すぐ登録

Microsoft Tech Summit のバナー

オンデマンド ウェビナー: 5 日間で IT 運用の効率をアップ

インフラストラクチャの問題を修正し、アプリケーションの正常性を把握し、予防的なセキュリティ対策を確立するために役立つツールをご紹介します。5 日間のガイドでは、Microsoft のハイブリッド エキスパートが効率性の高い IT パイプラインの確立について説明し、ミッション クリティカルな問題の分析情報をリアルタイムで収集する方法や、問題を迅速に検出し、Azure の管理およびセキュリティ サービスを通じた修正の自動化によって、継続的な運用を実現する方法をお教えします。 今すぐ登録

Cloud Cover: Azure Managed Disks

仮想マシンのディスクで使用するストレージ アカウントの管理を大幅に簡素化する、Azure Managed Disks についてご紹介します。Managed Disks でお客様が行うのは、必要なストレージの種類 (Premium または Standard) とディスクのサイズを指定することだけです。それ以外のことは、お客様に代わってすべてサービスが対処します。また Managed Disks では、可用性セットの隔離、スナップショット、イメージなどの新機能も提供されています。

Azure Mobile Apps の開発とデバッグにも興味をお持ちの場合は、こちらをご覧ください。

無料の Azure Marketplace 仮想ラボ シリーズのご案内

Chef、Red Hat、Commvault などのソリューションに興味はあるものの、どこから手を付けていいかわからない方は、 無料の仮想ラボにご参加ください。これらのアプリを直接 Azure にデプロイする方法を、45 分以下のハンズオン デモでご紹介します。詳細を学んで登録する

"It's not who you know -- it's what. (だれを知っているかではなく、何を知っているかが重要)" のタイトルが表示されたイメージAzure Marketplace ラボ

すばらしいクラウドの冒険: 最初のステップ、最初の過ち

Microsoft の IT フットプリント全体をクラウドに移行する際に Microsoft の IT チームが学んだ最大の教訓の 1 つを、Brad Wright がご紹介します。IT Showcase (IT ショーケース) で投稿記事をご覧ください。

ケース スタディ: 最新アプリ アーキテクチャのためにネットワーク トポロジを再設計

クラウドへの移行にあたり、Microsoft の IT チームは、従来のネットワーク設計を根本的に変える必要がありました。最新のクラウドベースのアプリとサービスでは、最高レベルのユーザー エクスペリエンスと高水準の生産性を提供する、信頼性の高いインターネット接続が求められます。Microsoft の IT チームでは、ネットワークのニーズを評価し、Microsoft のクラウド ファースト、モバイル ファーストの企業文化を支えるためにインフラストラクチャの再設計に取り組みました。IT Showcase (IT ショーケース) で詳細をご覧ください

Microsoft Enterprise Mobility + Security を無料でお試しいただけます

Microsoft Enterprise Mobility + Security の3 か月間の無料試用版を取得して、データを攻撃から保護し、慣れ親しんだモバイルとデスクトップのエクスペリエンスを保持し、労力とコストを抑えてより多くの事を行い、将来の変化に対応できるプラットフォームの直感的なモバイル管理で、ユーザー、デバイス、アプリ、データを保護することができます。3 か月間の試用版を使ってみる場合は、無料の IT Pro Cloud Essentials に参加して、Microsoft Enterprise Mobility + Security やその他の試用版を取得してください。

楽しむ

イラストの内容:立って腕時計を見ている男性と不安そうな表情を浮かべて、片足で立っている女性。女性は一方の手にタブレット、もう一方の手には携帯電話を持ちながら、傍らの机に置かれたコンピューターのキーを足の指で操作している。男性は腕時計を見ながら女性に向かって、「テクノロジーから開放される長い週末が始まるまであと 5、4、3、2 ···」と言っている。

*Comic source: www.cloudtweaks.com。了承を得て転載。

ひらめく: 導入事例

クラウドで未来を紡ぐ製糸メーカー

世界的な製糸メーカーの Coats は、データ主導型時代に向けた事業変革戦略の要として、Microsoft のクラウドを選択しました。運用環境の SAP HANA システムを含む自社のデータセンター資産をすべて Azure に移行し、費用を抑えつつも弾力性を実現し、パフォーマンスを大幅に向上させることを目標としています。Microsoft Enterprise Mobility + Security スイートで、アプリケーションとデータを保護して、場所やデバイスを問わないあらゆる場面の生産性を技術チームがサポートします。

詳細情報

新興企業、Azure 導入で急速な事業成長と革新の扉を開く

スマート ロック向けのデジタル キー技術を提供する UniKey は、Azure プラットフォームで急成長を遂げています。製造パートナーは新しいスマート アクセス制御製品を市場に速やかに投入できるため、今や "eKey (デジタル キー)" は世界中の市場に広がっています。一度タッチするだけでドアを解錠できるようになり、未来の生活がついに現実のものになりました。

詳細情報

注目のサービス

パートナー

Nasuni、GTM サービスを活用して収益アップ

市場開拓 (GTM) 活動の結果、Nasuni は昨年、全社で 80 % に上る収益アップを実現し、100 社を超える Azure の新規顧客の獲得に寄与しました。「アマゾン ウェブ サービス (AWS) から Microsoft Azure に移行して、Microsoft GTM サービスを利用できるようになりました。この結果がすべてを物語っています。Azure 移行後は、収益が飛躍的に向上しています」と、Nasuni の創業者であり、プレジデント兼 CEO を務める Andres Rodriguez 氏は語っています。

詳細情報

Azure Marketplace

おすすめ: 企業のディザスター リカバリーにおけるハイブリッド クラウドのトレンド

ハイブリッド クラウドでは、ディザスター リカバリーのソリューションとプロセスの刷新が必要です。ハイブリッド クラウド インフラストラクチャを利用したディザスター リカバリーへの効果的なアプローチを構築するには、プロセスを構成する 3 つの主要な手順、つまりデータの保護と速やかな復旧を実現する分析、設計、テスト/改良が不可欠です。こちらの 20 分間のウェビナーでは、実際の企業のデプロイで成功が実証済みのベスト プラクティスと手法をご紹介します。ウェビナーにご登録いただくと、「Seven Cost Saving Tips for Disaster Recovery」 (ディザスター リカバリーの費用を抑える 7 つのヒント) の電子書籍と顧客の事例をダウンロードできます。

Marketplace のページを表示

おすすめ: あらゆる規模の組織を対象とした、Azure クラウドのエンタープライズクラスのビッグ データ分析

Azure クラウドで HPE Vertica を使用すると、一切の妥協なく大規模に展開される、エンタープライズクラスの高性能なデータ分析にアクセスできます。さまざまな機能の包括的なセットが搭載された Vertica は、大量のデータを迅速かつ確実に管理し、分析に基づく洞察を速やかに提供します。Vertica を試して、予算内でクエリ実行の迅速化を実現できることをお確かめください。

Marketplace のページを表示

編集後記

Hi,

Like so many people, I’m amazed at how much technology has progressed in the last several years. Learning is more agile and dynamic, and helps students think about future technologies. If you’re a student or know someone who is, there is an online Hello Cloud 2017 contest where students have an opportunity to win $1000 USD every month. To compete, all students need to do is sign up for Azure (free, no credit card required) through Microsoft Imagine and then complete one or more of our Hello Cloud activities.

Miwa