Azure ニュースレター

Azure 機能、イベント、コミュニティ アクティビティに関する最新情報を知ることができます。過去のニュースレターも参照できます。また、購読を申し込むと Azure の最新ニュースが受信ボックスに配信されます。

購読

知る: 最新情報

おすすめのお客様投稿ストーリー: Payslip

DMS Software Engineering (Pvt) Ltd は最近、社内ソフトウェア アプリケーションを使用している顧客でも、給与支払をサービス機関に外注している顧客でも、既存の給与支払プロセスに簡単に統合できるクラウドベースの給与明細ソリューションを発表しました。この新しいソリューション (www.epayslip.lk) は時間とコストの節減に役立ち、従業員はあらゆるデバイスから、いつでもどこからでもアクセスできるようになります。このソリューションでは Microsoft SQL Server が使用され、帯域幅の処理とデフォルトの SSL 暗号化を使ったセキュリティの維持には Azure が活用されています。さらに、顧客へのメールには Azure Marketplace のサービスである SendGrid が選択されました。

Forrester が Azure を Big Data Hadoop クラウド ソリューションのリーダーとして指名

Forrester 社の最新のレポートで、Big Data Hadoop Cloud Wave において Microsoft がリーダーとして位置づけられ、当社のサービスの強みと方針の両方が評価されました。Forrester 社は、リーダーは最も包括的でスケーラブルな統合プラットフォームを備えているものと示しており、Microsoft は特に、クラウドファーストの方針が良い効果をもたらしている点について評価されました。今後も、当社では、ビッグ データや分析にさらにアクセスしやすくするイノベーションを通じて、最高の価値をお客様やパートナーに提供し続けます。詳細については、Azure ブログを参照してください。レポート「The Forrester WaveTM: Big Data Hadoop Cloud Solutions, Q2 2016」は、Forrester のWeb サイトからご覧いただけます。

これからのイベント予定

Velocity 2016
2016 年 6 月 20 日
カリフォルニア州サンタクララ

2016 Hadoop Summit
2016 年 6 月 28 日
カリフォルニア州サンノゼ

Mobile World Congress Shanghai
2016 年 6 月 29 日
中国上海

Cisco Live
2016 年 7月 10 日
ネバダ州ラスベガス

ChefConf 2016
2016 年 7 月 11 日
テキサス州オースティン

Microsoft Developer Camp
events.msdn.microsoft.com

Azure Media Services へのメディア分析の導入

メディア分析は、エンタープライズ対応でコンプライアンスに準拠し、セキュリティ保護されており、グローバルな展開を提供する 8 つの音声と視覚サービスのコレクションです。メディア分析には、モーション検知、スピーチからの文字越し、詳細インデックス付きビデオ検索、ビデオ ドメインに対するコンテンツ モデレーションなどの新しい主要な機能が揃っています。これらの機能は、公安、政府、監視、小売、教育、自動車などのさまざまな業界で活用されています。メディア分析は、Azure Media Services 傘下で提供されるサービス ファミリへの主要な追加機能です。

Microsoft Cognitive Services の Speaker Recognition API が プレビューに

Microsoft Cognitive Services は、開発者がよりインテリジェントで魅力的なアプリケーションを開発するための API のコレクションです。この一連のサービスは、発展中の機械学習 API のポートフォリオを基として拡大しており、開発者はインテリジェントな機能をソリューションに簡単に追加できます。Speaker Recognition API はスタンドアロン サービスとして現在パブリック プレビュー中であり、話者認証や話者識別などの機能を備えています。

Azure HDInsight の新しい Dv2 インスタンス

Azure HDInsight の Dv2 シリーズを拡張する新しいインスタンス サイズである D5 v2 が発表されました。D5 v2 には 16 コアおよび 56 GB のメモリが搭載されています。現時点では、Dv2 シリーズ ノードは、オーストラリア東部、オーストラリア南東部、米国西部、米国東部、米国東部 2、米国中南部、米国中北部、米国中部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、東アジア、東南アジア、東日本で利用可能です。

Azure DevTest Labs を一般提供開始

Azure DevTest Labs を使用すると、高速で簡単かつ無駄のない開発/テスト環境をクラウドで構築できます。再利用可能なテンプレートまたは Azure Marketplace を使用して、数回のクリックで仮想マシンを作成して開発およびテスト環境をすばやくプロビジョニングできるだけでなく、ラボにアップロード済みのカスタム イメージ (VHD) に加えて Marketplace イメージをラボでの仮想マシンの基として活用することもできます。使用するのが Windows ワークロードか Linux ワークロードかにかかわらず、クォータとポリシーによって無駄を最小限に抑え、自動シャットダウン設定によってコストを最小化できます。これらは開発およびテスト環境にクラウドを使用するメリットとなります。

Azure ポータルで Azure Site Recovery を一般公開開始

Microsoft Operations Management Suite のコンポーネントである Azure Site Recovery が Azure ポータルで一般公開されました。Azure クラシック ポータルの Site Recovery に慣れ親しんでいるお客様は、新しくなった外観、使用感、そして拡張機能をぜひ実感してください。Site Recovery では、System Center の Virtual Machine Manager (VMM) から Azure、Hyper-V サイトから Azure、および System Center の VMM から System Center の VMM への、Hyper-V レプリカを使用した Azure Resource Manager ベースのデプロイおよびクラシック デプロイに対応するようになりました。また、複数の仮想マシンの同時保護もサポートされます。

Azure コンテナー サービスの一般提供開始

Azure コンテナー サービスは、運用環境内にあるコンテナー ベースのアプリケーションの大規模な管理をサポートします。Azure コンテナー サービスは、Azure ポータル、Azure Resource Manager、および当社のコンピューティング、ストレージ、ネットワークの各リソースと完全に統合されています。使い慣れたツールと、基盤となるオーケストレーション テクノロジーとしてオープン ソースの DCOS または Docker Swarm のいずれかを併用して、Docker イメージをサポートします。Azure コンテナー サービスの料金は、基盤となるリソースを使用した分だけのお支払いとなります。

西日本における Azure Virtual Machines および Azure Cloud Services 用の新世代 D シリーズ インスタンス

D シリーズ インスタンスの新しい世代が西日本で利用可能になりました。これらのDv2 インスタンスは現在の D シリーズと同じ CPU、メモリ、ディスクの構成を継承していますが、CPU が強化されており、約 35 パーセント速く動作します。D シリーズと Dv2 インスタンスはともに、高速 CPU、より優れたローカル ディスク パフォーマンス、またはより大きなメモリを必要とするアプリケーションに最適であり、多くのエンタープライズレベルのアプリケーションにとって強力な組み合わせとなります。詳しくは、「Virtual Machines の価格」Web ページおよび「Cloud Services の価格」 Web ページをご覧ください。

新しい Azure Storage のクール層が一般公開

Azure Storage ユーザーは、データ アクセスのパターンに応じてホット層およびクール層を選択可能な新しい Blob Storage アカウントを作成できるようになりました。クール層はホット層と比較して、頻繁にはアクセスされず、わずかに低い可用性 (99 パーセントのサービス レベル アグリーメント [SLA]) が許容されるデータに適しています。ホット層とクール層の両方とも遅延は少なく、高いスループットが提供されます。クール層の一般的なシナリオとしては、データのバックアップ、障害復旧、メディア コンテンツ、ソーシャル メディアの写真やビデオ、科学的データなどが含まれます。適切なデータ セットにクール層を使用することで、大幅なコストの削減を実感できます。価格の詳細についてはこちらをご覧ください

すべての Azure SQL データベース サービス レベルでアクティブ geo レプリケーションを提供開始

Azure SQL Database のBasic および Standard サービスレベル全体でアクティブ geo レプリケーションが有効になった、拡張された geo レプリケーション機能を直ちに使用できるようになりました。これにともない、標準 geo レプリケーションは 2017 年 4 月に終了が予定されています。Basic または Standard データベースでアクティブ geo レプリケーションの使用には多大なメリットがあり、セキュリティと障害発生時のビジネス継続性を強化することができます。これには、データベースレベルの障害復旧、リージョン間の冗長性、読み取り可能なオンライン セカンダリ データベース、および自動非同期レプリケーションなどが含まれます。

Azure SQL Database エラスティック プールが一般公開

Azure SQL Database エラスティック プールは、テナントまたはアプリケーションごとに 1 つのデータベースをプロビジョニングすることによるパフォーマンス、可用性、セキュリティの分離を必要とする SaaS アプリケーションおよび基幹業務アプリケーションに最適です。プール内の各エラスティック データベースは必要なリソースを必要なときに取得するため、個々のデータベースを管理する手間が解消されます。エラスティック プールでは、それぞれのデータベースにパフォーマンスの弾力性をもたらしつつ、データベースのグループ向けに最高のコスト パフォーマンスを提供します。エラスティック プールの特徴としては、ユーザーが制御可能な自動スケール環境のインテリジェント管理、およびユーザーのニーズに応じたパフォーマンスと価格などがあります。

Azure Scheduler の P20 Premium レベルの導入

Azure Scheduler P20 Premium レベルは数千万にもおよぶジョブを実行する必要があるお客様向けに設計されています。既存の Scheduler レベルの価格は変更されません。

Azure ポータルで Akamai による Azure Content Delivery Network が利用可能に

このリリースでは、マルチ CDN (コンテンツ配信ネットワーク) サービスにより柔軟性と世界規模のサービスを提供します。Microsoft ユーザーは、Akamai サービスを Azure ポータルから “セルフ選択” オプションとして、または組織の Microsoft エンタープライズ契約の一部として購入できます (Azure では、Verizon CDN サービス (旧 EdgeCast CDN) を 2 年以上提供していました)。 さらに、Microsoft と Akamai による統合されたワンストップのサービスとサポートを受けることができるようになりました。詳細については、Content Delivery Network の Web ページをご覧ください。

Azure ポータルで Azure Backup の一般公開開始

オンプレミスおよび Azure での多様なデータの保護に Microsoft Operations Management Suite を活用することが、これまで以上に簡単になりました。Azure ポータルAzure Backup がリリースされ、Azure Resource Manager ベースの仮想マシン、および Azure クラシック ポータルで作成された仮想マシンを、新たに導入された Recovery Services コンテナーでシームレスにバックアップできるようになりました。この Azure リソースを使用すると、オンプレミスの Windows Server マシンのバックアップ、および Azure Backup Server や System Center Data Protection Manager からクラウドへの階層バックアップを行うことができます。このコンテナーは、障害復旧やハイブリッド バックアップ シナリオを含む、データ保護およびデータ管理の統合基盤になります。

カナダでの Azure の一般提供開始

2016 年 5 月 10 日、トロントおよびケベック シティのデータセンターで Azure の一般提供が開始されました。Azure では、個人や組織のお客様の生産性を向上させるという Microsoft の使命のもとに、大小の組織向けにイノベーションを起こすプラットフォームを提供しています。カナダの Azure ユーザーは、エンタープライズ レベルの信頼性とパフォーマンスを体感していただけるようになりました。さらに、データは国内で保持することができ、カナダ国内の 2 か所においてデータ レプリケーションができるため、ビジネス継続性を確保できます。詳細については、Azure ブログAzure リージョンの Web ページをご覧ください。

Azure、そしてカナダのデータセンターを新たなレベルに導くパートナーシップ

Azure Marketplace は、数回のクリックで簡単に Azure にデプロイ可能な、認定済みでオープン ソースのコミュニティ アプリケーションや開発者サービスが数千種類取り揃えられたオンライン ストアです。Windows Server やさまざまな Linux ディストリビューションなどの最小限のオペレーティング システムから、Barracuda、Hortonworks、Bitnami をはじめとする完全にデプロイされたソリューションまで、幅広い種類の仮想マシンがあります。また、SendGrid、New Relic、Mongo Lab などの開発者サービスもあります。WordPress、Django、Umbraco などの Web アプリや API アプリもお使いいただけますが、これらはほんの一例です。クラウド環境のバックアップを取っていますか。また、そのセキュリティをどの程度信頼していますか。 Azure Marketplace の概要に関するビデオとこちらのホワイトペーパーで詳細をご確認ください。

Windows Azure Pack コネクタ: 2 つのクラウド、1 つのポータル

Microsoft IT は、ハイブリッド クラウドをよりシームレスに管理する方法を構築しました。管理者およびテナントがプライベート クラウドおよびパブリック Azure サブスクリプションの IaaS 仮想マシンを 1 つのポータルで管理できるようにする、Windows Azure Pack コネクタがダウンロードできるようになりました。今すぐ Azure Pack コネクタをダウンロードしてください。

IT のプロ向けのクラウド技術でのキャリア構築を目的とした無料リソース

Microsoft IT Pro Cloud Essentials は無料の年間サブスクリプションであり、Azure クレジットや拡張クラウドサービスの試用版、無料の Pluralsight サブスクリプション、および無料のサポート インシデントを含む TechNet フォーラムでの優先サポートが含まれます。Microsoft IT Pro Career Center は、クラウド ロールについて学ぶカリキュラムと、関わりを持ち続けるために必要なスキルを構築する業界キャリア ガイダンスが含まれる、クラウド キャリア パスの計画に役立つ無料のオンライン リソースです。今すぐ参加してください

学ぶ: トレーニング情報

機会や資格認定、専門知識を Microsoft Ignite で

教室、映画館、デモ セッション、さらには廊下にも、Microsoft Ignite の専門知識や情報が盛りだくさんです。多様な学習機会 (およびセッションの長さ) が Microsoft Ignite の目玉です。2016 年にはよりさまざまなかたちでつながりが広がるように、オンラインによるエキスパートとの ”Ask Me Anything" (質疑応答) セッションや対話型デジタル ラボによる実習の拡大など、学習のタイプを増やしました。対話型デジタル ラボは新しい形式のラボであり、総合ビデオ、完全なステップ トラッキング、組み込み型のコピーと貼り付け機能などを備えています。ぜひアトランタまでお越しください。

Azure Security Center—脅威検出

Azure Friday の Scott Hanselman が、Azure Security Center で脅威検出機能を統合する方法を学びます。セキュリティの制御が適切であるか、正しく構成されているかを一目で確認できます。ぜひご確認ください

サイバースペースに関する懸念: クラウドで常に気にかかっていることは何ですか?

クラウドへの移行に不安がありますか。 データはオンプレミスのほうが安全だとお考えですか。 もしそうなら、“信頼のずれ“ が生じている可能性があります。 Penn Schoen Berland 社副社長の Tammy Kaneshige と、Microsoft の Cloud and Enterprise Marketing 部長 Mike Wickstrandthey による、クラウドの意思決定者 3,900 名を対象として 2016 年に実施された匿名調査の主な結果に関するディスカッションや、この調査とその影響についての質疑応答をご視聴ください。登録してご視聴ください

Microsoft Cloud App Security によるクラウド アプリ向けのエンタープライズクラスのセキュリティ

会社のデータの可視性、管理、および保護をどのように維持していますか。 クラウドでは、日々さまざまなビジネス アクティビティが生まれています。お客様の企業でクラウドベースのソリューションを使っていなくても、クラウドを使っている従業員はいるでしょう。実際、80 パーセント以上の従業員が、未承認の SaaS アプリケーションを仕事で使っていることを認めています。Microsoft Cloud App Security によるクラウド アプリ向けのエンタープライズクラスのセキュリティに関するウェビナーに参加してください。このウェビナーでは、クラウド アプリの使用に関して可視性を確保する方法や、ポリシーによりクラウド アプリを管理する方法について説明します。登録してご視聴ください

Azure SQL Database によるデータ復旧の実装

あらゆる組織の IT 担当者において、データの復旧は非常に重要です。こちらのコースを視聴して、Azure SQL Database で管理上のオーバーヘッドや複雑さを生むことなく、フルスケールの高可用性と障害復旧を一から実現する方法についてご確認ください。

Cloud Cover: Azure App Service の複製機能

このエピソードでは、Azure App Service のアプリの複製機能を使用して、あるリージョンまたはアプリ サービス環境のアプリを別のリージョンまたはサービス環境に複製する方法について説明します。

「Build mobile apps for iOS, Android, and Windows using cross-platform, hybrid technologies」 (クロスプラットフォームのハイブリッド テクノロジによる iOS、Android、および Windows 向けモバイル アプリの構築) ウェビナ―を見逃していませんか?

Microsoft Visual Studio は、アプリの作成にクロスプラットフォームのアプローチを採用しているため、開発者は単一のコード ベースからアプリを構築して、iOS、Android、Windows のあらゆるプラットフォームにデプロイし、ネイティブ アプリケーションのルック アンド フィールを実現することができます。Visual Studio が Xamarin および Apache Cordova と連携する方法をご確認ください。コードとビジネス ロジックを共有することで生産性が向上する理由、プラットフォーム固有の IntelliSense のメリット、Visual Studio で "さまざまな要素を組み合わせた" アプローチを採用して開発者をサポートする方法などについて説明しています。登録して、オンデマンドでご覧ください

クラウドの開発環境とテスト環境でストレスを軽減しコード化を推進

勝利するための適切なロードマップと確実な戦略が得られれば、コード化のストレスは抑えられます。クラウドの導入を先駆けて実践している企業には、意思決定と決定に基づく行動を行うためのビジョンと明確なプロセスがあります。徹底的な方針があれば、アプリケーション カタログの評価から競争力を得るためのコースの計画までのどんな段階にあっても、支えが得られます。クラウド導入までの進め方やイノベーションの推進方法について、オンデマンドでご覧ください

Windows Server 2016 が愛される 10 の理由

こちらのオンデマンド ウェビナ―で、Windows Server 2016 の内容を少しだけお見せします。セキュリティの拡張された Hyper-V コンテナーから Nano Server まで備えたこの次世代の Windows Server では、必要なセキュリティ、復元力、パフォーマンスを維持しながら改革と機敏性を実現できます。

障壁の突破: Oracle から SQL Server への移行によるビジネス変革の推進

このオンデマンドのウェビナーでは、Oracle から SQL Server へ移行することで競争上の優位性を得られる理由について説明します。価格プランの詳細が不明で、想定外のアドオンがある高価なデータ ソリューションを使う必要がなくなります。SQL Server では、すべてのワークロードで常識を覆すメモリ内パフォーマンス、基幹業務の高可用性、そして高度な分析ツールによるエンドツーエンドのビジネス インテリジェンスを、1 つのパッケージで得ることができます。データの管理とコストの削減については、他とは比べものになりません。

Azure の Linux での一般的なタスク

こちらのコースを視聴してLinux Academy のエキスパートによる回答を確認してください。Azure の Linux について関心がある内容に基づいて、スタンドアロン モジュールを選択できます。いずれか、またはすべてのショート ビデオを視聴して、Azure での Linux 仮想マシンの作成方法、リモート デスクトップ ソフトウェアを使った Linux 仮想マシンへのアクセス方法、仮想ホストの実行方法などについて学びましょう。

Azure 上の Java

エキスパートによる指導が行われるこのトレーニング コースで、Java と Azure の機能をご確認ください。エキスパートによる、Java 開発者の Azure でのクラウドの利用を支援する最新のツールとテクノロジの紹介をご覧ください。Exlipse や IntelliJ 向けのプラグインをはじめ、Windows および Linux の自動化、セキュリティ、継続的インテグレーション (CI) 用の各オプションについても説明します。多数の例とデモも取り揃えています。

対面コース: AWS エキスパート向け Microsoft Azure

この 3 日間にわたるインストラクター主導のコースでは、Azure Virtual Machines、Storage、Virtual Network、およびデプロイ オプションを含む Azure Iaas ソリューションについて詳しく説明し、実践的なトレーニングを行います。受講者の方はいくつかのアーキテクチャ デザイン セッションに参加して、実際のシナリオに備えることができます。Microsoft ラーニング パートナーを見つけてお近くのクラスにご登録ください。

オンデマンド コース: AWS エキスパート向け Microsoft Azure

この自主学習形式のデジタル コースでは、Azure Virtual Machines、Storage、Virtual Network、およびデプロイ オプションを含む Azure Iaas ソリューションについて詳しく説明し、実践的なトレーニングを行います。無料のオンデマンド コースにご登録ください

コミックス

*漫画の出典: www.cloudtweaks.com。了承を得て転載。

ひらめく: 導入事例

スマート インフラストラクチャは経費削減に焦点を置いたフィンテック ベンチャーである Quemulus を選択

財務サービス セクターは、これまでになくすばらしいものになっています。長年、大企業、厳しい規制、変化への抵抗によって支配されていましたが、今ではダイナミックな、急速に進化する業界に変化を遂げました。2008 年の金融危機、大手の銀行への失望、モバイルの出現により、オンデマンド経済が新しいバーティカルな経済技術として台頭しました。これはフィンテックなどとも呼ばれます。

詳細情報

モノのインターネットによる再生可能エネルギーの課題の解決

化石燃料への依存を削減する必要性について、議論の余地はほとんどありませんが、これを達成する最良の方法についてはさまざまな意見があります。明白な選択肢としては、風力エネルギーと太陽エネルギーの 2 つがあります。現在、ドイツは全電力の約 30% を再生可能エネルギーでまかなっており、2030 年までにこの割合を 45% まで引き上げることを目標にしています。

詳細情報

注目のサービス

パートナー

安全で強固なエンタープライズ データの同期共有サービス

Citrix ShareFile Enterprise は安全で強固なエンタープライズ データの同期共有サービス ソリューションであり、ユーザーは誰とでもデータを共有し、すべてのデバイスと同期することができます。Citrix ShareFile を使用することで、エンタープライズ データを適切な場所 (オンプレミス、クラウド、またはその両方のハイブリッド) に保存できます。Citrix ShareFile では、Microsoft SharePoint や Outlook などの既存の資産を活用できます。

詳細情報

Azure Marketplace

おすすめ: いつでもどこでも、あらゆるデバイスから Microsoft SQL Server を監視

SQL Server Enterprise で Dell Software のソリューションである Spotlight (Azure Marketplace で入手可能) を使用すると、いつでもどこでも、どのデバイスからでも Microsoft SQL Server を監視できます。お使いの SQL Server データベースを正常に保つために必要なデータを入手しましょう。ビジネスに影響を与える前にパフォーマンスの問題をいかに簡単に検出して診断できるかを、ご自分で確かめてください。

詳細情報

おすすめ: クラウド プラットフォームにおける高度かつ完全 IP 対応の統合プレイアウト

VersioCloud は、ブロードキャスト ワークフローに究極の競争優位をもたらします。チャネルの作成と管理が簡素化されているため、メディア企業はかつてないほど自由に、従来以上の可視性と管理性でブランドやコンテンツを拡大できます。この Imagine Communications’ Versio プラットフォームの進化と拡張により、Verso の性能と機能のすべてを活用する、既存概念を打ち砕くような新しい技術がクラウドで生まれました。

Marketplace のページを表示

新機能: Azure で Splunk Enterprise が使用可能に

クラウドの力により、受賞歴のある Splunk Enterprise を使用できるようになりました。Azure ユーザーは、Azure ポータル内にあるワークフローを選択してクリックするだけのシンプルな操作で、Azure 認定済みの Splunk Enterprise クラスターを数分でデプロイできます。Splunk Enterprise にはクラウドの利点がすべて備わっています。たとえば、Azure Resource Manager テンプレートによる迅速で簡単なデプロイメント、拡張性、場所も時間も問わない向上したコラボレーション、マシン データを使用したオペレーション インテリジェンスなどがあります。

Marketplace のページを表示

新規: 独自のデータ主導戦略による優位性の確立

Dataiku のビジョンは、あらゆる企業が専門や業種、規模にかかわらず、生データをビジネスに役立つ予測に変換することで、独自のデータ主導の戦略的優位性が得られるような世界を実現することです。Dataiku DSS は顧客離れ、不正検出、需要予測やその他の困難なユースケースで長所を発揮し、チームは IT スタックや実装ではなくモデルと商業上のロジックに集中できるようになります。

Marketplace のページを表示

編集後記

こんにちは!

先月のニュースレターにフィードバックをいただきありがとうございました。 お客様のご意見は非常に参考になります。以前、当社が皆さんの生活をよりよくする方法についてご説明しましたが、今回は私が感銘を受けたストーリーをご紹介します。Temenos が Azure サービスを活用して、遠隔地で 1,000 万人の顧客を獲得した方法についてお読みになるか、または視聴してください。

Miwa