お客様事例を見つける

街が日々生みだす膨大なデータを、Microsoft Azure を組み込んだ「IoT ビジネスプラットフォーム」で可視化。データ分析の基盤産業化を目指す、倉敷市の挑戦

倉敷市

ポスト済み: 2017/08/07

同市では、「データ・ドリブン・シティ」という理念のもとで、データの有効活用を推進。加えて、データの収集、分析活動自体の基盤産業化を目指しております。地域のデータ活用を推進する同市の取り組みにおいては、「現場でまさにいま起こっていること」をデータ化することが欠かせません。これを収集し、蓄積するプラットフォームとして倉敷市が選んだのは、Microsoft Azure を基盤に提供する、日本ユニシスの「IoT ビジネスプラットフォーム」でした。

無料アカウント

$200 の Azure クレジットを取得して、人気のサービスを 12 か月無料でご利用ください。

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

スタートアップ

Microsoft for Startups に参加して、無料の Azure サービスをご利用ください