Azure で Pivotal Cloud Foundry を実行する

デジタル変革を推進しましょう。包括的な継続配信式プラットフォームにより、アプリケーション開発サイクルの効率化を図り、クラウドネイティブのエンタープライズ Java アプリを構築して運用できます。

はじめる

クラウドネイティブ アプリケーションを構築してデプロイ

オープン ソース テクノロジに基づくクラウドネイティブ プラットフォームである Pivotal Cloud Foundry (PCF) を使用すると、新しいエクスペリエンスを迅速かつ繰り返し顧客に配信できます。あらゆる言語やランタイムを使用できるほか、各種連携サービス (MySQL、RabbitMQ、Redis など) も活用可能なため、このプラットフォームでは運用上の複雑さがほぼ解消されます。

Pivotal + Azure の詳細

短時間で価値を実現

新機能の配信を数週間どころか数分程度で開始できます。最高峰の Java アプリケーション フレームワークである Spring 向けの最上級のサポートにより、PCF を Spring、Spring CloudSpring Boot と統合し、エンタープライズ アプリの価値実現までの時間を短縮可能です。また、PCF では Node.js、Ruby、PHP、Go、.NET などもサポートされています。

Azure の Pivotal Cloud Foundry を選ぶ理由

  • リージョンの拡大により柔軟性を増大

    ユーザーに近づくには、適切な PCF デプロイ サイトを選択する必要があります。Azure では他のパブリック クラウド プロバイダーよりも多くのリージョンを用意しているため、データ主権などの規制シナリオに対してより柔軟に対応できます。

  • 一線を画すサービス

    Azure Service Broker により、Storage、Azure SQL Database、Service Bus、DocumentDB、Redis Cache といった Azure の各サービスがネイティブに PCF 経由で公開されるため、Azure 独自の機能をお客様のクラウドネイティブ アプリで利用できます。

  • サポートを統合しパートナーシップを深化させる

    Microsoft と Pivotal は共同エンジニア チームに加えてサポートのチームおよびワークフローも統合したため、シームレスなサポートを提供できるようになりました。

DevOps の強化を実現

ネイティブ Azure サービスによりお使いの PCF デプロイを拡張可能です。開発者は、本稼働に対応したアプリケーションコンテナー ランタイムを使用し、サービスのデプロイを完全に自動で行うことができます。同時に、プラットフォーム適用型ポリシーと自動ライフサイクル管理により可視化とコントロールを行えるため、運用チームはゆっくりと眠ることができるようになります。