ナビゲーションをスキップする

Azure で Windows Server バージョン 1709 の提供を開始

2017年11月1日 に投稿済み

Sr. Product Marketing Manager, Windows Server

こんにちは。Microsoft は 6 月に、より速いペースでイノベーションを進められるよう、Windows Server が半期チャネルのリリース周期に仲間入りしたことを発表しました。Ignite では、この新しいモデルの最初のリリースである Windows Server バージョン 1709 を発表しました。本日より、このモデルの使用を開始できます。

Azure をご利用のお客様は、Azure Marketplace のイメージに基づいて、Windows Server (バージョン 1709) をデプロイできます。ソフトウェア アシュアランスをご利用のお客様は、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) ポータルから Windows Server (バージョン 1709) をダウンロードできます。また、ホスト環境で仮想マシンを実行しているお客様は、サービス プロバイダーが対応しているイメージをご確認ください。

Windows Server バージョン 1709 は、この高速なリリース サイクルで提供される最初のバージョンとなります。1 年に 2 回というこの新しいリリース サイクルは、お客様からのフィードバックを製品開発に活かすことを重視して導入されました。Windows Insider プログラムに参加することで、半期チャネルで Windows Server の次の一連のプレビュー ビルドを試し、フィードバックを提供することができます。Microsoft Tech Community での議論に参加することもできます。ここには、学習内容や質問への回答を共有してくれる多くの専門家がいます。

詳細については、@windowsserver または Facebook で Microsoft をフォローしてください。