Announcements

Azure Databricks ユニットの事前購入プランと新しく利用可能になったリージョンの発表

2019年8月6日

Azure Databricks は、高速で使いやすい、コラボレーション対応の Apache Spark ベースの分析プラットフォームであり、ビッグ データと人工知能 (AI) のソリューションの構築プロセスを簡素化します。Azure Databricks は、データ エンジニアとデータ サイエンティストが任意の言語とフレームワークを利用できるインタラクティブなワークプレースを実現します。

Group Product Manager, Azure Data

Azure Dedicated Host の導入

2019年8月1日

このたび、Azure Dedicated Host のプレビュー版を発表しました。シングルテナント物理サーバー上で組織の Linux と Windows 仮想マシンを実行できる新しい Azure サービスです。Azure Dedicated Host を使用すると、企業のコンプライアンス要件と規制要件に対応するための可視性と制御が得られます。

Principal Program Manager, Azure Compute

サイロ バスティング 2.0 - Azure Data Lake Storage のマルチプロトコル アクセス

2019年7月18日

クラウド データ レイクは、これまで別個のデータ サイロに存在していたデータのために安全でスケーラブルなストレージを提供することにより、ビッグ データ分析の根本的な問題を解決します。そもそもデータ レイクは、データの障壁を取り除き、すぐにビッグ データ分析を始められるように設計されました。

Senior Program Manager, Azure Storage

近接通信配置グループの概要

2019年7月15日

アプリケーションのパフォーマンスは、IT 組織の成功を左右する中心的要素です。アプリケーションのパフォーマンスは、顧客満足度を向上させて最終的にビジネスの成長につなげられるかどうかに直接影響を及ぼす場合があります。

Principal Program Manager, Azure Compute

Azure Data Share のプレビューのお知らせ

2019年7月11日

データに対するコラボレーションを組織をまたいで行い、それをビジネス上の意思決定に統合することは、組織内のデジタル変革イニシアティブの基礎になっています。充実したデータのコラボレーションができるようにするには、あらゆるサイズと形状のデータの共有を簡単かつ統制された方法で行えるようにする新機能が必要です。

Director of Program Management, Information Management & Governance

Azure Lighthouse によってサービス プロバイダーの大規模な管理が可能になる方法

2019年7月11日

Azure Lighthouse は、Azure パートナーが自社のマネージド サービスのプラクティスにコードとしてのインフラストラクチャと自動化を継続的に組み込んでいることにヒントを得たものであり、委任されたリソースの新しい概念を導入して、テナント間の統制と運用を簡略化します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

新しい Azure Migrate の概要:移行ニーズを満たすハブ

2019年7月11日

クラウドへのオンプレミス アプリおよびデータの移行は、お客様の移行過程の重要なステップであり、Microsoft は、このプロセスの簡略化に取り組んでいます。今年既に、複数の新しい移行機能のプレビューにご参加いただくようお客様をご招待しました。

Principal PM Manager, Azure Compute

Azure Lighthouse の概要

2019年7月11日

パートナー様は、Azure の驚くべき革新の物語の中心に位置して、顧客の成功への道を照らす存在です。本日、大規模な顧客間管理用の機能である Azure Lighthouse が一般提供されました。パートナー様は、差別化を図り、より優れた効率性と自動化の恩恵を受けることができます。

Corporate Vice President, Microsoft Azure Compute

Form Recognizer の新機能で領収書の内容を理解する

2019年7月8日

Azure AI ポートフォリオに新しく追加された Form Recognizer では、高度な機械学習を応用して、ドキュメントからテキスト、キーと値のペア、テーブルを正確に抽出できます。ほんの数個のサンプルを使用することで、オンプレミスとクラウドの両方で、指定されたドキュメントに対する解釈をカスタマイズすることができます。

Program Manager, Microsoft Azure