コンテンツのプロデューサーと作成者がリモートで作業するためのソリューションとガイダンス

2020年4月8日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Storage, Media, and Edge

この世界的な感染爆発は、規模に関係なく、世界中のすべての組織、その従業員、そしてそれらがサービスを提供する顧客に影響を与えています。ソーシャル ディスタンスと退避を重視した命令が発せられたことにより、ほとんどすべての業界や企業が混乱に陥りました。メディアやエンターテインメント (M&E) 業界も例外ではありません。ほとんどのフィジカル プロダクションは、想定される未来に備え停止されました。ポストプロダクション ツールやコンテンツへのリモート アクセスは理論的には可能ですが、実際には、使用可能なツールセット、ベンダーの状況、ビジネスの全体的な構造などは、伝統的に断片化が進んでおり、多くの問題が発生します。

同時に人々は、今までよりも相互につながるストーリー、コンテンツ、情報に目を向けています。一般的なリモート作業やコラボレーションに関するヘルプやサポートが必要な場合は、こちらのブログをご覧ください。

ネットワーク待機時間の影響を受けやすい、VFX、刊行物、その他のポストプロダクション ワークフローなど、M&E ワークロードのベスト プラクティスとソリューションについて詳しく知りたい場合、カスタムのパイプラインに特化した高パフォーマンスのハードウェアとソフトウェアが必要な場合、アセットが主にオンプレミスに格納されている場合 (エアギャップのある環境) は、この記事を読み進めてください。

第 1 に、既存のオンプレミス ハードウェアを利用することで、お客様のクリエイティブ チームをすばやく立ち上げて運用に移すソリューションを実現することができます。これは、境界ファイアウォール内にデバイスがあり、それがクラウドでレプリケートするのが困難な特定のハードウェアおよびネットワーク構成に関連付けられている場合に機能します。またクラウドを最初の段階ではなく、次の段階として使用することができるため、既存の資産をフル活用し、必要な場合にのみクラウドに対して支払うことができます。アーティストのコンピューター上で実行されている Teradici Cloud Access Software などのソリューションでは、デスクトップ コンピューティングの機能を最大限に活用できます。一方、ネットワーク チームは、そのコンピューターへのセキュリティで保護されたトンネルを提供できます。データ移動は必要ありません。また、ストレージとマシンの間の待機時間に対する影響が最小限に抑えられ、シンプルで高速なソリューションになっており、再びクリエイティブな作業を行えるようになります。詳細については、Teradici の在宅勤務で高速な応答性を得るためのガイドと、コンシューマー向け仕様の NVIDIA GPU を備えたスタンドアロン コンピューター向けのガイダンスをご覧ください。

オンプレミスでデータを保持しながらクラウド ワークステーションでリモート作業を行う必要のあるアーティストの方は、Azure キャッシュ ポリシー用の Avere vFXT を実験的に使用して、待機時間をさらに短縮することもできます。この新しいアプローチでは、待機時間の増加によって頻繁に影響を受けるリモート NFS 共有上のファイルの作成、削除、リスト表示が最適化されます。 

第 2 に、いくつかの Azure パートナー様が、既に実行中の作業を加速させ、お客様に新しいリモート オプション (編集者向けから開始) を提供しています。

  • Avid は新しい Avid Edit on Demand ソリューションを作成し、その早期アクセス プログラムを通じてただちに提供開始しました。これは、最大 30 ユーザーの編集ワークグループをすばやく回転させる必要のある、放送およびスタジオ向けの優れたソリューションです。このソリューションは世界中のあらゆるお客様に対して機能しますが、現在は米国西部 2、米国東部 2、北ヨーロッパ、東日本にデプロイされているため、これらのリージョンに最も近いお客様に最適なユーザー エクスペリエンスが提供されます。この早期アクセス プログラムにはこちらから申し込むことができます。また、申請処理には約 2 日間かかります。また、Avid は企業のポストプロダクションの要件に対応する、標準化されたライセンス持ち込み (BYOL) とサービスとしてのソフトウェア (SaaS) の実現にも取り組んでいます。
  • 個人またはチーム用に Creative Cloud を購入し、Adobe をご利用のお客様は、さまざまなリモート ワークのシナリオで Adobe Premiere Pro を使用して編集を行うことができます。また Adobe は、Education および Enterprise ライセンスについて、既存のサブスクリプションを 2 か月間延長しました。お使いの環境で Creative Cloud アプリケーションを仮想化してデプロイすることを希望する対象企業のお客様に対し、Adobe は「Creative Cloud Enterprise の使用条件に記載されているとおりに許可されています。」とお客様に向け通知しています。 ベスト プラクティスと資格の詳細とガイダンスについては、Adobe Enterprise の担当者にお問い合わせください。
  • Microsoft Azure の機能を利用している BeBop は、視覚効果アーティスト、編集者、アニメーター、ポストプロダクションの専門家が、世界中のあらゆる場所から、高いセキュリティかつ少ないインターネット接続で作成や共同作業を行うことができます。お客様は、Adobe Creative Cloud アプリケーション、Foundry のソフトウェア、Over the Shoulder 機能や BeBop Rocket File Transfer を含む Autodesk の製品やサブスクリプションにリモートでアクセスできます。Bebop の Web サイトでサインアップできます。
  • StratusCore は、業界をリードするソフトウェア ツールを含む、リモート コンテンツ作成者向けの包括的なプラットフォームを StratusCore のマーケットプレースから提供します。仮想ワークステーション、レンダリング ノード、高速ストレージ、さまざまなシナリオに対応したプロジェクトの管理、予算、分析などが含まれます。個人や小規模なチームはこちらからサインアップできます。大企業のお客様はこちらからメールをお送りください。

第 3 に、これらのソリューションは小規模から中規模のプロジェクト、チーム、クリエイティブなワークフローに適していますが、Microsoft は大規模なスタジオ、エンタープライズ放送、広告主、出版社には独自のニーズがあることを認識しています。この分野で働き、独創性を発揮する必要がある方、またはその他のメディアおよびエンターテインメントに特化したワークフローをリモート ワークで行う必要がある方は、Microsoft の営業、サポート、製品グループの連絡先にサポートをご依頼ください。

すべての人々が健康かつ安全でいるために、この業界の人々が仕事に復帰することが求められています。

Microsoft は今後、さらに多くの最新のガイダンスを引き続き提供してまいります。皆様のご協力に感謝申し上げます。この過去に例のない時間を共に乗り越えていきましょう。