Azure IoT Edge モジュールを Azure Marketplace に公開する

9月 24, 2018 に投稿済み

Senior Program Manager, Azure IoT

先日は Azure IoT Edge の一般的な可用性についてお伝えしました。Azure IoT Edge は AI や機械学習のようなクラウドのワークロードをデプロイして、お使いの IoT デバイスで直接実行できます。マイクロソフトでは、サードパーティのエッジ ハードウェアの認定などのプログラムと一元化されたエッジ モジュール マーケットプレースによって、弊社のエコシステムにおける IoT Edge をさらにシンプルにしています。本日、サードパーティの皆さまが Azure IoT Edge モジュールを Azure Marketplace に公開できるようになったことをお知らせします。

IoT ソリューションは、次のような多数の個別の機能で構成されます。

  • OPC UA、SNMP、Modbus などの特定のプロトコルを使用するデバイスからデータを読み取る。
  • Redis Cache や Azure Blob Storage などの業界レベルのデータ ストレージ オプションを提供する。
  • デバイスのデータに対して、画像認識などの高い価値を持つ AI 操作を実行する。
  • Aveva の Human Machine Interface (HMI) などのソリューションを使用して、データから得た分析情報を視覚化する。

ソリューションを作成するお客様には、専門知識がなかったり、これらの機能を時間をかけて自力で実現することを望んでいたりする場合があります。IoT Edge モジュールを Azure Marketplace に含めることで、IoT エコシステムで機能を売買できるようになり、それによって、エンドツーエンド ソリューションを市場に出す時間が短縮されます。

ソリューション開発者にとってのメリット

Marketplace での IoT Edge モジュールの公開は、ソリューション開発者にとっては朗報です。IoT Edge デバイスに配置できるすべての機能を 1 か所で見つけることができるからです。これらのモジュールは、その品質が保証され、セキュリティの脆弱性検査が完了しているため、開発者は、各自のソリューションの中で使用するコードの安定性とセキュリティを信頼することができます。

公開元にとってのメリット

Azure Marketplace にモジュールを公開することのメリットは、公開元の IP を公表して収益化できることです。Azure Marketplace は、IoT 固有の機能を扱う数少ないマーケットプレースの 1 つです。そのため、IoT ソリューションで何らかの機能が必要になった場合に、数千人の開発者がその機能を見つけるためにアクセスする場所になっています。

現在、マイクロソフトは、デバイスの検出、デバイスからのデータのキャプチャ、およびデータのローカルな視覚化をシンプルにするために、AvevaAlleantiaCodit の各社と提携しています。さらに、パフォーマンスが高く、制約が少ない方法でメタデータを格納するソリューションを提供するために Redis Labs と提携し、大容量のファイルをローカルに格納する Azure Blob Storage も提供しています。

IoT の機能を作成しているサードパーティにとって、課金システムの開発とソフトウェアの使用状況の追跡は、中核となる能力ではありません。マイクロソフトでは、次の段階でこの問題も解決する予定です。現在、Marketplace では、IoT Edge モジュール用の無料の "ライセンス持ち込み" プランをサポートしています。ただし、まもなく、Azure のさまざまなオプションから選択して、モジュールの使用者に課金できるようにする予定です。これはセキュリティで保護された状態で自動的に実行されるため、モジュールの作成者は、慎重に扱うべき大量の課金ロジックを記述する必要はありません。

マイクロソフトでは、今後も、提出されたモジュールのレビューを行い、Azure IoT Edge を使用して作成された優れたソリューションであることを確認していきます。詳細について、ソリューション開発者は、Microsoft とサードパーティによる IoT Edge モジュールの両方を今すぐレビューできます。モジュールを Marketplace に公開するための手順に従って、今日から始めてください。