Azure Files での NFS 4.1 サポートのプレビューが開始されました

2020年9月15日 に投稿済み

Program Manager, Azure Storage

Azure Files は、ファイル システム SMB と REST プロトコルを提供する分散クラウド ファイル システムで、2015 年以降一般提供されています。Azure Files を使用することで、お客様は技術の変更や更新を行うことなく、従来のワークロードを簡単にクラウドにリフトアンドシフトすることができます。SMB は Windows と UNIX の両方のオペレーティング システムで動作し、ほとんどのユース ケースに対応します。ただし、アプリケーションの中には POSIX 準拠のファイル システム用に作成されているものもあるため、Microsoft のお客様は完全に POSIX と互換性のある NFS ファイル システムでも同じような優れたエクスペリエンスを求めていました。本日、Azure Files での NFS v4.1 プロトコルのサポート開始をお知らせします。

Azure Files で NFS 4.1 がサポートされるようになり、サービスとしてのフル マネージド NFS ファイル システムを Microsoft のユーザーの皆様に提供いたします。このオファーは、Azure BLOB、Disks、Queues などの多くの Azure Storage コンポーネントを提供する分散型で回復力のあるストレージ プラットフォーム上に構築されています。これは、本質的に可用性が高く、耐久性に優れています。また Azure Files では、強力な一貫性やアドバイザリ バイト範囲ロックなどの完全なファイル システム アクセス セマンティクスがサポートされており、データへの頻繁なインプレース更新を効率的に提供することができます。

一般的なユース ケース

Azure Files NFS v4.1 には、幅広いユース ケースがあります。Linux ファイル システム用に作成されたほとんどのアプリケーションは、NFS 上で実行できます。限定プレビュー中に確認された、お客様のユース ケースをいくつかご紹介します。

Linux アプリケーション ストレージ:

SAP などのアプリケーション用共有ストレージ、画像またはビデオ用ストレージ、モノのインターネット (IoT) シグナルなど。この状況における、プレビューをご利用のお客様からの感想をご紹介します。

T Systems ロゴ

「T Systems は、主な SAP アウトソーサーの 1 社です。私たちは、SAP ランドスケープ デプロイのための NFS ファイル システムを提供するために、高性能で可用性が高く、ゾーン冗長な Azure ネイティブ ソリューションを探していました。Azure Files が私たちのパフォーマンスに対する期待を超えていることに感激しました。また、他に提供されているクラウド ソリューションと比較して、大幅にコストを削減でき、複雑さを軽減することができます。」 Lars Micheel 氏 (Head of SAP Solution Delivery および CTO PU、SAP)

エンド ユーザーのストレージ:

エンド ユーザーのホーム ディレクトリや Jupyter Notebook などのアプリケーションのホーム ディレクトリ用の共有ファイル ストレージ。また、オンプレミスの占有領域を削減し、より多くの地域にすばやく拡張するために、データセンターの NAS データをクラウドにリフトアンドシフトするために使用しているお客様もいました。この状況における、プレビューをご利用のお客様からの感想をご紹介します。

Cloudera ロゴ

「Cloudera は機械学習機能でよく知られていますが、ある業界アナリスト会社が最近のレポートで、当社のことを "機械学習用の機械" と呼んでいました。私たちには、当社の ML の機能に対応する高パフォーマンスの NFS ファイル システムが必要でした。Azure Files は、実際のファイル システムに対し Cloudera Machine Learning に課せられたすべての要件を満たしており、すべての代替品を凌駕するものでした。Azure Storage スタックと統合されているので、代替品よりも安価で、管理がはるかに簡単になることが期待できます。」 - Sean Mackrory 氏 (ソフトウェア エンジニア、Cloudera)

コンテナーベースのアプリケーション:

Docker および Kubernetes 環境用の永続的ストレージ。また本日より、Azure ファイル用 CSI ドライバー for NFS のプレビューも開始します。

データベース:

Recover Manager (RMAN) を使用して Oracle データベースをホスティングし、そのバックアップを取る。Azure Files の Premium レベルは、ファーストパーティが、依存関係のあるデータベース関連のワークロードに対応できるよう設計されています。

管理

Azure portal、PowerShell、CLI を介し、Azure Files でも使い慣れた同じ共有管理エクスペリエンスを利用できます。

Azure portal からの Azure Files のスクリーンショット

Azure portal で数回クリックするだけで、NFS ファイル共有を作成できます

セキュリティ

Azure Files は、保存時の暗号化に AES 256 を使用します。また、Azure Key Vault によって管理され、お客様が所有するキーを使用して、すべてのデータを暗号化することもできます。セキュアな仮想ネットワークを構成してお使いのボリュームと宛先間で NFS トラフィックをプライベートに使用できるようにすることで、お客様の共有にリージョン内から、別のリージョンから、またはオンプレミスからアクセスすることができます。NFS 共有に入ってくるデータは、信頼された VNet からのものである必要があります。適切なネットワーク セキュリティ規則を構成することで明示的にアクセスが許可されない限り、NFS 共有へのアクセスはすべて既定で拒否されます。

パフォーマンス

NFS プロトコルは Azure Files Premium レベルで利用できます。パフォーマンスは、プロビジョニングされた容量に比例して直線的にスケーリングします。1 つの 100 TiB ボリュームで最大 10 万 IOPS と 80 Gibps のスループットを実現できます。

Backup

NFS 共有上のデータをバックアップするには、rsync のような使い慣れたツールを使用するか、サードパーティのバックアップ パートナー製品を使用するかの方法があります。CommvaultVeeamVeritas などの複数のバックアップ パートナーが最初のプレビューに参加していましたが、そのソリューションを Azure Files の SMB 3.0 と NFS 4.1 の両方で動作するように拡張しました。

移行

データ移行では、scp、rsync、rsync などの標準ツールを使用できます。ファイル ストレージには複数のコンピューティング インスタンスから同時にアクセスできるため、並列アップロードによりコピー速度を向上させることができます。リージョン外からデータを移行する場合は、VNet ピアリング、VPN、または ExpressRoute を使用して、別の Azure リージョンまたはオンプレミスのデータ センターからお使いのファイル システムに接続します。

料金設定

このオファーは、Premier レベルの価格に基づいて課金されます。100 GiB のような小さな共有をプロビジョニングし、1 GiB 単位で容量を増やすことができます。Premium レベルの価格については、Azure Files の価格に関するページを参照してください。

ご利用ください 

Azure Files の NFS 4.1 のサポートは、現在一部のリージョンで提供されており、今後数週間のうちにこのリストにさらに多くのリージョンを追加していく予定です。次の簡単な手順に従って、今すぐ開始しましょう

次のステップ

お客様のフィードバックをお待ちしております。今後も、より多くの機能の追加や NFS v4.1 のパフォーマンス向上に重点的に投資してまいります。フィードバックやご意見がありましたら、直接 azurefilesnfs@microsoft.com にメールをお送りください。