Microsoft の Content Delivery Network の一般提供開始

2018年9月24日 に投稿済み

Program Manager, Azure Networking

Azure CDN 内での Microsoft のオファリングが一般に提供されるようになったことをお知らせします。Microsoft の Azure CDN では、Microsoft の独自のグローバル CDN ネットワークからコンテンツを提供する機能が Azure のお客様に提供されます。このネイティブ CDN オプションは、今年の 5 月に Verizon および Akamai からの既存のプロバイダー オプションに追加されたもので、今回、完全な SLA、作成と変更の速度の向上、証明書持ち込みやリージョン キャッシュなどの機能、場所の増加などを利用できるようになりました。  

クラウド サービスには信頼性、スケール、アジリティ、パフォーマンスが必要です。Azure CDN では、動画、ファイル、Web サイト、他の HTTP コンテンツを世界に配信するための、簡単にセットアップして使用できる CDN プラットフォームが提供されます。Verizon、Akamai、そして今では Microsoft からの CDN サービスを利用して、Azure CDN は、Azure の柔軟なクラウド サービスにすべてが含まれるマルチ CDN エコシステムを通して、クラス最高の CDN サービスを提供するように、一から構築されています。

Microsoft の Azure CDN は、この既にリッチな CDN サービスのポートフォリオに、Microsoft のグローバル ネットワークの Edge で動作する、Microsoft が所有して運用する CDN サービスを追加します。この成熟したエニーキャスト ベースの CDN プラットフォームは、各 CDN Edge ポイント オブ プレゼンス (POP) から Azure 内のコンテンツへのプライベートな直接アクセスを提供します。


画像

図 1.Microsoft グローバル ネットワーク

Azure CDN のマルチ CDN エコシステムでは、オンデマンドおよび API 駆動で CDN を Azure リソースとして管理できます。この柔軟性と 3 つの強力な CDN インフラストラクチャにより、コンテンツ配信ストーリーの一部としてマルチ CDN を簡単に追加できます。これらの CDN ソリューションを、それだけで、マルチ CDN ソリューションにおいてサイドバイサイドで、または信頼性、オフロード、パフォーマンスを最大にするために階層化して使用することにより、ビジネス ニーズに合わせた配信の最適化に集中できます。

Verizon、Akamai、Microsoft からの Azure CDN により、Azure でより多くのことを実現する機会が開かれます。

今すぐ Azure CDN使い始めてください。標準的なオファリング以外の機能に関心がある場合は、cdnteam@microsoft.com までお問い合わせください。