MariaDB、PostgreSQL、MySQL: Microsoft Azure での選択肢がさらに拡大

2017年11月15日 に投稿済み

Principal Group Program Manager, Azure Data

先日の Microsoft Connect(); では、皆様にオンラインでご参加いただきましたが、その際にはマイクロソフトがどのように開発者の選択肢を充実させ、コミュニティに参加し、共同作業のためのプラットフォームの改良に取り組んでいるかをお伝えすることができました。

そして今日は素晴らしいお知らせがあります。Microsoft は Platinum スポンサーとして MariaDB Foundation に参加することを発表しました。これにより、Michael "Monty" Widenius 氏や MariaDB コミュニティとの緊密な協力のもとで、MariaDB のさらなる改善に取り組むことができます。MariaDB の急速な成長を目の当たりにするのは非常に興味深いことです。数か月前、私はスウェーデンの家族を訪ねたことがきっかけで、Monty とこの話をするようになりました。私たちは最初の時点から、何かおもしろいことを一緒に始めたいと話していました。私も Monty もスウェーデン語を話すので、スウェーデン語で会話することにしたのですが、私の「スウェーデン語のデータベース」が驚くほど貧弱で、呆れてしまいました。しかし、MariaDB とマイクロソフトが力を合わせれば何か大きなことができるだろうという思いは一緒だったのです。

今回、MariaDB が Azure に導入されることになり、とても嬉しく思っています。Azure のフル マネージド サービスとして提供される MariaDB の今後のプレビューにサインアップしてください。

私は、マイクロソフトが持つオープンな姿勢と、オンプレミスでも Azure でも関係なくすべてのお客様をサポートできるようにしたいという考え方に誇りを持っています。現在はコミュニティと共に、Azure のデータベース エンジンの変更に関する pull request に取り組んでいます。これが実現すれば、クラウド上のデータベース運用においても、ノート PC やオンプレミスでのアプリケーション開発においても、オープン ソースのオープン性を確保しながら一貫したエクスペリエンスを提供できるようになります。

Azure Database for PostgreSQL と Azure Database for MySQL に Azure Database for MariaDB が加わることにより、開発者の選択肢がさらに広がります。このサービスでは、数分以内に新規インスタンスをプロビジョニングしたり、必要に応じてオンラインでコンピューティング能力をすばやく拡大縮小できます。また、高可用性とセキュリティが組み込まれており、一般提供時には 99.99% の SLA が保証されます。さらに、Azure では、Cognitive Services API や Bot Framework を使用して、最新のエクスペリエンスをアプリに簡単に追加できます。Sunil Kamath による、Azure Database for PostgreSQL を使用したインテリジェント アプリ構築のデモ (英語) をご覧ください。

今年の Azure Database for PostgreSQL と Azure Database for MySQL のプレビュー リリース以降、新しい PostgreSQL 拡張機能やコンピューティング サービス レベルが追加されています。現在、ブラジル、カナダ、インドなど 16 のリージョンで提供中ですが、これに加え 40 を超えるすべての Azure リージョンへの拡大を目指しています。現在、マイクロソフトのマネージド サービス機能は、世界中のお客様に活用されています。

「Azure portal から PostgreSQL データベースをセットアップするのはとても簡単でした。その後、既存のシステムからデータベースをエクスポートし、Azure Database for PostgreSQL にインポートしましたが、かかった時間はわずか 2 ~ 3 時間でした」 - Higher Ed Profiles、最高経営責任者、Eric Spear 氏

「以前よりも強力でスケーラブルなインフラストラクチャ上でページの読み込みを実行できるので、読み込み時間が非常に短くなり、コストが 45% 削減されました」 - GeekWire、開発者、Kevin Lisota 氏

MariaDB を Azure に導入すれば、お客様の選択肢はさらに広がります。皆様にはぜひフィードバックをお送りいただき、今後の開発に役立てさせていただければ幸いです。これからも一緒にさまざまなことを成し遂げていきましょう!