IoT Signals・エネルギー レポート: 透明性が高く安価で持続可能なエネルギーの活用

2020年3月10日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure IoT

再生可能エネルギーの利用の増加、レジリエンスの課題、持続可能性の懸念が今日のエネルギー産業を混乱させています。新しいテクノロジーが、エネルギーを調達、保管、供給する方法を促進しています。IoT を活用すれば、物質世界について新しい洞察を得て、効率の高いプロセスの最適化と構築、エネルギーの浪費削減、具体的な消費量の記録を実現できます。これは、グリッド アセット、電気自動車、エネルギー最適化、ロード バランシング、排出量の監視にわたって IoT が電力・公共事業 (P&U) 企業を支援する絶好の機会です。

当社は最近、P&U 業界に焦点を合わせた新しい IoT Signals レポート (英語) を発表しました。このレポートは、パートナーや顧客により良いサービスを提供する方法が分かるだけでなく、エネルギー企業が IoT 戦略を開発するのにも役立つ、業界における IoT の導入状況を明らかします。当社は、IoT の導入率、関連する技術動向、課題、およびメリットを含む、IoT エコシステムに対する業界レベルの視点を伝えるために、世界中の P&U 企業の意思決定者を対象に調査を実施しました。

この調査で、IoT は P&U に広く導入されている一方で、その導入には複雑さが課題であることが明らかになりました。企業は一般に、業務効率や従業員の生産性を高めるために IoT を導入しますが、スキルや知識の不足、プライバシーやセキュリティの懸念、タイミングや導入の問題に直面する可能性があります。以下に、調査結果を要約します。

電力・公共事業の最優先課題とユース ケース

  1. P&U で IoT を活用するには、自動化によるプロセス最適化が不可欠です。P&U におけるトップ IoT ユースケースには、スマート グリッド自動化や、エネルギー最適化とロード バランシング、スマート メーター、負荷予測などの、自動化が重要となるプロセスが含まれています。これを支援するために、人工知能 (AI) がエネルギー IoT ソリューションに含まれることが多く、大抵の場合はまとめて予算に計上されます。導入しているほぼすべての企業が、AI をすでに IoT ソリューションに統合しているか、または統合を検討しています。
  2. データ セキュリティと従業員の安全性の両方を向上させるために IoT を活用することが最も重要です。調査を行った意思決定者の半数近くが、IT 業務の安全性を高めるために IoT を活用しています。それ以外の 3 分の 1 が、職場だけでなく従業員の安全性を高めるために IoT を導入しています。
  3. P&U 企業は、自社の物的資産を守るためにも IoT を活用しています。多くの P&U 企業が、機器の管理やインフラの維持を通じて業務のさまざまな側面を守るために IoT を活用しています。
  4. エネルギー最適化と効率的な保守システムの構築に関連したユース ケース採用の増加を伴う、自動化を重視し続けた IoT の導入で将来の見通しは明るくなります。

意思決定者は IoT 導入による最大のメリットとして、コストとヒューマン エラーの削減を挙げており、自社ビジネスにおける IoT の最大の効用について 63% が前者、57% が後者と回答しています。

今日、世界中のお客様が、エネルギー セクターにおける一般的な IoT のユースケースに多額の投資を行っていると述べています。

グリッド アセットの保守

グリッドのトポロジーを視覚化して、グリッド アセットからデータを収集し、アラートのトリガとなるルールを定義します。保守を予測して、さらに安全管理を提供するためにこれらの洞察を利用します。機器の性能や状況を監視することで、故障を防ぎ、重大なダウンタイムを回避します。

エネルギー最適化とロード バランシング

グリッド上の圧力を軽減して、深刻な停電を避けるためにエネルギーの需給バランスを取ります。費用のかかるインフラのアップグレードを回避して、エネルギー最適化を推進するために分散型エネルギー資源を利用することで柔軟性を得ます。

排出量の監視および削減

ほぼリアルタイムで排出量を監視して、排出量に関するデータを入手しやすくします。温室効果ガスと炭素の会計および報告を可能にすることによって、持続可能性の目標とクリーン エネルギーの適用に向けて取り組みます。

E - モビリティ

さまざまな充電速度および車種に対応する電気自動車 (EV) の充電ポイントを、遠隔で保守および補修します。所有することを奨励し、エネルギーの利用方法に新しい可視性をもたらすことで電気自動車を所有および運用しやすくします。

エネルギーのための IoT をさらに詳しく

エネルギーに関して IoT を活用して素晴らしい取り組みを実現しているお客様の実例をご覧ください。予測分析を活用して遠隔資産管理を容易にしている Schneider Electric (英語) などの市場リーダーについて知ることができます。

「従来、機械学習はクラウドでのみ実行していましたが、これで、クラウド…やエッジなど、必要なところで柔軟に実行できます。」Matt Boujonnier 氏、Analytics Application Architect、Schneider Electric.

Microsoft が 2030 年までにカーボン ネガティブになることを発表したブログ記事をご覧ください。このブログでは、当社のパートナー企業である Vattenfall が 24 時間 356 日提供している透明性の高いエネルギー マッチング ソリューションについても説明しています。このソリューションは、顧客が望むグリーン エネルギーを選択し、Azure IoT を使用して目標に合った消費を確実にする能力を顧客に提供する初めてのアプローチです。

当社は、IoT で自社のビジョンを実現する P&U 企業顧客を支援し、IoT を簡略化および保護することから支援を始めます。当社のお客様は、エネルギー プロバイダー、エネルギー利用者、および地球により良い結果をもたらすための中核的な戦略として IoT を活用しています。当社はこの分野に対して、2020 年までに IoT およびインテリジェント エッジへのイノベーションに 50 億ドル (英語) という多額の投資を行います。また、IoT およびインテリジェント エッジ パートナーのエコシステムを拡大します。

IoT がトランスフォーメーション戦略の基礎となれば、最終的な収益や顧客体験、製品に非常に良い影響を及ぼす可能性があります。成功を妨げる障壁に対処するために必要な手段を講じる上で、パートナーや顧客、幅広い産業を支援しています。IoT シグナル エネルギー レポートの全文はこちら (英語) からご覧ください。電力・公共事業が未来を受け入れ、IoT で新たな機会を開く上で当社がどのように支援しているかが分かります。