Azure DevOps の概要

9月 10, 2018 に投稿済み

Director of Program Management, Azure DevOps

本日、Azure DevOps を発表します。世界中のお客様や開発者と協働していると、DevOps がチームの成功にとってますます重要になってきていることは明らかです。Azure DevOps は、ソフトウェア開発チームをサポートするツールを提供するために 15 年以上注いできた投資と知識の結晶です。先月、80,000 人を超える Microsoft 社内のユーザーおよび数千件のお客様 (小規模および大規模のチーム) が、製品をリリースするためにこれらのサービスを使用しました。

今日発表するサービスは、広範な開発ライフサイクルにわたって、開発者がより高品質のソフトウェアをより短期間でリリースするのに役立ちます。Azure DevOps は、パブリック クラウドにおいて最も包括的なオファリングです。Azure DevOps には次のサービスが含まれます。

Azure PipelinesAzure Pipelines

あらゆる言語、プラットフォーム、クラウドに対応した CI/CD 機能。GitHub や任意の Git リポジトリに接続し、継続的にデプロイすることができます。詳細情報 >

Azure BoardsAzure Boards

かんばんボード、バックログ、チームのダッシュボード、カスタム レポートを使用した強力な作業追跡。詳細はこちら (英語) >

Azure ArtifactsAzure Artifacts

パブリックおよびプライベートのソースからの、Maven、npm、NuGet パッケージのフィード。詳細はこちら (英語) >

Azure ReposAzure Repos

クラウドでホストされる容量無制限のプロジェクト用プライベート Git リポジトリ。プル リクエストや高度なファイル管理などを共同で実施できます。詳細はこちら (英語) >

Azure Test PlansAzure Test Plans

オールインワンの計画された探索的テスト ソリューション。詳細はこちら (英語) >

Azure DevOps の各サービスは、オープンで拡張可能です。フレームワーク、プラットフォーム、クラウドに関係なく、あらゆる種類のアプリケーションに適しています。組み合わせて完全な DevOps ソリューションを実現することや、他のサービスと一緒に使用することができます。Azure Pipelines を使用して、GitHub のリポジトリから Node サービスを作成してテストし、そのサービスを AWS のコンテナーにデプロイしたいと思ったら、そうすることができます。Azure DevOps では、パブリックとプライベートの両方のクラウド構成がサポートされます。クラウド構成を Microsoft のクラウドや独自のデータセンターで稼働させることができます。別途ライセンスを購入する必要はありません。Azure DevOps の価格について詳しくは、こちらをご覧ください。

Azure Pipelines を個別に使用して、GitHub リポジトリを構築する例を次に示します。

pipelinesbuild2x

また、Azure Boards の視認性の良さを活かして Azure DevOps サービスをすべて使用している開発者の例を次に示します。

boards2x

オープン ソース プロジェクトで Azure Pipelines を使用した無料の CI/CD を受け取る

すべての開発者にオープンで柔軟なツールを提供する取り組みの延長として、Azure Pipelines では、すべてのオープン ソース プロジェクトに対して無料の CI/CD (時間制限なし、10 個の並列ジョブ) を提供します。Linux、macOS、Windows のプールがクラウドでホストされるため、Azure Pipelines はあらゆる種類のプロジェクトに最適です。

大規模なオープン ソース プロジェクトの多くでは、CI/CD に Azure Pipelines を既に利用しています。そうしたプロジェクトには AtomCPythonPipenvToxVisual Studio CodeTypeScript などがあり、そのリストは日々拡大しています。

Microsoft では、すべての人に非常に高い品質のサービスを提供したいと考えています。そのため、有料のお客様が使用するのと同じインフラストラクチャでオープン ソース プロジェクトを実行します。

Azure Pipelines は GitHub Marketplace でも入手できるようになり、GitHub リポジトリ、オープン ソースなどのための設定を簡単に行うことができます。 

以下は、Azure Pipelines のチュートリアルです。

詳細はこちら (英語) >

Visual Studio Team Services (VSTS) の進化 

Azure DevOps は、Visual Studio Team Services (VSTS) の進化版です。VSTS ユーザーは Azure DevOps プロジェクトに自動的にアップグレードされます。既存のユーザーにとっては、機能が減ることはなく、単純に選択肢とコントロールが増えるだけです。VSTS の特長であるエンド ツー エンドの追跡可能性と統合もすべてそのままです。Azure DevOps サービスは組み合わせてうまく機能します。今日から変革が始まり、これから数か月にわたって既存のユーザーは変化を目の当たりにします。これはどういう意味でしょうか。

  • URL が abc.visualstudio.com から dev.azure.com/abc に変更されます。リンクが壊れないように、visualstudio.com の URL からのリダイレクトがサポートされます。
  • この変更の一環として、サービスのユーザー エクスペリエンスが更新されます。エクスペリエンスは、プレビューのフィードバックを基に引き続き強化されます。新しいお客様については、今日、更新後のユーザー エクスペリエンスが既定で有効になります。既存のユーザーについては、これから数か月の間に既定で有効になります。
  • オンプレミスの Team Foundation Server (TFS) のユーザーは、Azure DevOps で提供している機能に基づいた更新プログラムを引き続き受け取ります。TFS は、次のバージョンから Azure DevOps Server という名前になり、通常の更新頻度で引き続き強化されます。

既存の VSTS 組織に対してこれらの変更を今すぐ有効にする方法は、こちらをご覧ください。

詳細情報

Azure DevOps について詳しく知るには、ぜひ以下のイベントにご参加ください。

  • 基調講演:Azure DevOps の基調講演をライブ配信。2018 年 9 月 11 日午前 8:00 から 9:30 (太平洋夏時間)

  • ライブ トレーニング:Mixer によるライブ配信でワークショップと質疑応答を実施。2018 年 9 月 17 日午前 8:30 から午後 2:30 (太平洋夏時間)

イベント ページでは、日付を保存し、両方のライブ ストリームを見ることができます。また、作業開始に役立つオンデマンドのビデオやその他のリソースもあります。

お客様とそのチームに Azure DevOps がいよいよ提供されます。Azure DevOps を利用して、お客様がどのようなものを作り上げるのか楽しみにしております。