Azure IoT Edge によるオフライン操作の拡張

9月 24, 2018 に投稿済み

Program Manager, Azure IoT Edge

先日は Azure IoT Edge の一般的な可用性についてお伝えしました。Azure IoT Edge は AI や機械学習のようなクラウドのワークロードをデプロイして、お使いの IoT デバイスで直接実行できます。今やデバイスでは、空中写真からパイプのひび割れを確認したり、設備で問題が起きる前に予測したりと、リアルタイムのデータを即座に操作できます。

次のステップとして、私たちはユーザーの IoT ソリューションが離れた場所や過酷な条件でも安定して動作するようにします。現時点ではこのような場合、クラウドへの接続が最適です。今回は、パブリック プレビューになった Azure IoT Edge のオフライン操作の拡張についてお知らせします。

デバイスがクラウドと接続していない場合でも、デバイスの再起動やデバイス間の通信ができるようになり、これまでの機能が拡張されています。Edge デバイスと Azure IoT Hub の間での 1 回限りの同期で、Edge デバイスはオフライン モードで無制限に機能します。

Edge デバイスを透過的なゲートウェイとして使用する場合、IoT デバイスをゲートウェイの子として割り当てる新しいポータルのエクスペリエンスがリリースされました。割り当てられた子は、Azure IoT Hub と接続していなくてもその親や兄弟と接続したり、通信したりできます。

この新機能はユーザーから頻繁にリクエストがあったものです。現実的なシナリオの多くでは、安定したクラウド接続がない場合でもリモート管理されたインテリジェントな Edge の機能が必要でした。たとえば、遠方の地下鉱山で異状を察知する場合や、捜索救助ドローンが外海で生存者を探すような状況でこれが役に立つことは容易に想像できるでしょう。

下記の図に機能をまとめました。詳細はドキュメントをご覧ください。フィードバックをお待ちしております。

Azure IoT Edge によるオフライン操作の拡張