お客様の Azure での成功を支援する

2020年7月22日 に投稿済み

General Manager, Microsoft Azure

このパンデミックは、かつては組織でビジネスの岩盤真理と考えられていた経営理念、モデル、戦略に一石を投じています。COVID-19 の危機は、リーダーシップの原則、財務モデル、運用、販売プロセスから、テクノロジの決定やプラットフォーム戦略に至るまで、あらゆることに課題を投げかけています。組織は、このような困難な時期に効率的な運用を維持するために、迅速な対応を余儀なくされてきました。テクノロジは依然として、この世界的な変化への適応の時期全体を通じ、共通の推進力となっています。

クラウドは、近年のデジタル トランスフォーメーションの取り組みの中心に躍り出ています。安全かつ確実に新しいソリューションをすばやく創出し、新たなビジネスの課題に対応し、継続的な技術革新による変革を推進することができます。この世界的なパンデミックがもたらす課題に対応するために、クラウド テクノロジを採用しているますます多くの組織で、クラウドによるデジタル トランスフォーメーションが、これまで以上に高速に推進されています。

Microsoft はパートナーとともに、お客様の取り組みに対して積極的に支援してまいります。また、お客様のクラウド利用を成功に導き、この困難な時期に世界中の組織にイノベーションの波をもたらすことをお約束します。

Microsoft Inspire では、Microsoft が次の 4 つの優先事項に焦点を当てて、Azure 上でのお客様の成功を実現できるよう投資を続けていることをお伝えしています。

  • 技術的なガイダンスとスキル開発のためのリソースを提供することで、クラウドへの行程に対して自信を高める。
  • GitHub を使用した DevOps を通じて、自分の条件で、そして自分のペースでプロセスや運用に注力する。
  • すべての顧客のクラウド導入の取り組みをサポートする。ビジネス目標を達成し、コンプライアンスに準拠し安全で管理の行き届いた環境をデプロイする。
  • 効率的かつ最適化されたワークロードをサポートするアーキテクチャ設計原則でお客様を支援する。

ここでは、それぞれの優先順位に Microsoft がどのようにアプローチするか、またそれらを使用して、市場でのお客様のポジションを強化し、ビジネスを成長させる方法についてご紹介します。

技術的なガイダンスとスキルの開発

スキル開発と技術に関する知識は、クラウド導入のための重要な成功要因です。Microsoft では、この世界的なパンデミックにおけるリモート ワークやリモート学習プラクティスの高まりを受け、デジタル リテラシーの需要とデジタル テクノロジ プラットフォームの速いペースに対応できるよう、学習プラットフォームへの投資を続けています。研究によると、「現在のスキルの平均寿命は 5 年未満」1であり、「全従業員の半数以上 (54%) が 2022 年までに大幅なスキルの再獲得を必要とする」2ことが示されています。今こそ、パートナーであるあなたが、お客様をサポートしながらスキルアップを続けていく時です。

Microsoft と Microsoft ラーニング パートナーはどちらも、対面式のインストラクター主導のトレーニングを仮想インストラクター主導のトレーニングに移行しています。Microsoft は、お客様のスキルアップやスキル認定を行うため、Microsoft Learn で無料のオンデマンドかつマイペースで進められるコースを提供しています。そこでは認定済みで役割ベースの学習リソースが提供されており、組織は自信を持って Azure を導入し、成功を収めることができます。まもなく、Azure の技術認定の包括的なポートフォリオに、Azure データベース管理者とデータ アナリストの認定資格 (アソシエイト レベル) をリリースする予定です。

Microsoft は、パートナー エコシステムと共に COVID-19 に対応しています。世界中の人々が確実に、自宅で安全に過ごしながら学習目標を達成し、Microsoft のテクノロジ認定を受けられるように取り組んでいます。Microsoft のトレーニングと認定の更新されたガイドラインの詳細についてご確認ください。

GitHub での DevOps でクラウド導入プロセスと運用をサポートする

リモート ワークにより、組織はソフトウェア開発者がそのような環境でも生産性を維持し続けることができるよう変化を迫られています。効率的な組織にするには、開発者がコードを書き続けることができ、またシステムを稼働させ続けることができるようにするための方法を見つける必要があります。ソフトウェア開発はチームのスポーツです。ほとんどの組織では、開発者が効率的にコラボレーションを続け、開発者が顧客に価値を提供し続けることができるようにする必要がありました。

Microsoft はこのほど、クラウドでホストされている強力な開発環境である Visual Studio Codespaces を発表しました。これにより開発者は、リモートで作業していても生産性を維持できるようになります。Visual Studio Live Share を使用すると、複数の開発者たちが同じコードベース上で共同作業、共同作成、編集を継続して行うことができます。

5,000 万人の開発者が GitHub で個人的、そして専門的なプロジェクトに取り組んでいます。GitHub は、オープンソースのコード コラボレーションのための世界最大のリポジトリであり、多くの企業コードベースを掲載しています。GitHub に直接組み込まれた GitHub Actions は、GitHub エクスペリエンスでのタスクの自動化をサポートしているため、繰り返し可能で自動化されたプロセスで Azure に直接コードを配信できます。Visual Studio、GitHub、および Azure 全体で、Microsoft は DevOps プロセスと、世界中のどこからでもソフトウェアのコラボレーションと配信ができるようにするための開発チームの背後にあるコードを強化しています。

クラウドの導入行程をシームレスにサポート

クラウド テクノロジは現在の主流となっていますが、企業はその導入の取り組みにおいて、行く手を阻むものや不確実性に直面し続けています。クラウドのベスト プラクティスの実装は、リーダーの負担が大きく、また健全なクラウド計画の欠如、戦略の整合性の欠如は、イノベーションと成長に影響を与えるだけでなく、予想外のコストを発生させます。ガートナー社の最近の調査では、「2024 年までに、クラウドの導入における間違いを認識していない企業では、20% から 50% の追加支出が発生する」ことが明らかになっています。3 

一方で、クラウドとオンプレミスの運用モデルの不一致について、戦略的な計画を立てて対応している企業は、学習のための準備が既に整っており、保持している Azure ポートフォリオの増加に合わせて反復することができます。Azure ランディング ゾーンを (Azure 向け Microsoft クラウド導入フレームワークを使用して) 作成することにより、組織は機敏性や効率性を高め、クラウド導入全体の信頼性を向上させることができます。Azure ランディング ゾーンを使用すると、お客様は Azure 環境をスケーリング、セキュリティ、ガバナンス、ネットワーク、ID を目的としてセットアップすることができます。  Microsoft の実績のある技術的ガイダンス、リソース、テンプレートを使用すれば、お客様が自信を持って Azure の導入を成功させることができるよう、反復と学習を通してお客様を導くことができます。

Azure ランディング ゾーンの詳細については、こちらのセッションをご覧になり、また作業を開始する方法に関するガイダンスについてもご確認ください。

高品質のクラウド ワークロードのデプロイと最適化

適切に設計されたワークロードを重視しなければ、適切に設計されたクラウド環境であっても成功を収めることはできません。組織は、パフォーマンス レベルを維持しながら、コストを最適化し、効率性を高め、セキュリティと信頼性を向上させて、戦略的なビジネス目標を達成する方法を模索しています。

Microsoft Azure Well-Architected Framework は、パートナーやお客様が既に一般的に使用している業界標準や用語に沿って、ワークロードの品質を向上させるための技術的なベスト プラクティスを提供します。これには、コストの最適化、運用上の優位性、パフォーマンスの効率、信頼性、セキュリティという、アーキテクチャ エクセレンスの 5 つの柱があります。

パフォーマンスとコストの最適化に焦点を当てたパートナーの 1 社である、Turbonomic のクラウド CTO である Mor Cohen-Tal 氏は、この 1 年でどのように組織を支援してきたかを振り返っています。「パフォーマンスを理解していないとコストを解決することはできません。これにより、"必要なものにお金を払う" ことと "必要なものがわからない" ことのギャップが埋まるからです。 Turbonomic のお客様は、アプリケーションのパフォーマンス要件と、耐障害性や信頼性などの Azure クラウドの利点を関連付けることができます。そして最終的には、適切に設計された必須アクションを継続的に自動化し、ビジネス上のコンプライアンスの範囲内ですべてのアプリに適切なリソースを確保して、クラウドでの最適なパフォーマンスを発揮することができます。」

適切な設計は、継続的な課題です。市場の需要、ビジネス戦略の調整、テクノロジの利用可能性の変化などの要因により、ワークロードが期待通りに稼働しているかどうかを常に監視する必要があります。Azure Advisor は、デプロイされたワークロードとアセットに対してリアルタイムの推奨事項を提供します。また Azure Well-Architected Framework と共に使用することで、ワークロードの品質を監視し、改善することができます。Microsoft Azure Well-Architected Review を使用すると、顧客のワークロードの品質をいつでも評価し、組織やクラウドのポートフォリオを健全に保つことができます。

Microsoft Azure Well-Architected Framework の詳細については、Microsoft Learn でこちらのセッションをご覧になるか、こちらのブログ記事を読むか、またはラーニング パス「Microsoft Azure Well-Architected Framework を使用して優れたソリューションを構築する」を受講してください。

パートナーが顧客を成功に導くことができるようにする

Azure Lighthouse は、サービス プロバイダーが複数の顧客テナントにまたがって生産的かつ効率的に、安全なマネージド サービスを大規模に構築して提供することを目的とした、ネイティブ Azure 管理ソリューションです。

Azure Lighthouse を使用すると、サービス プロバイダーは、Azure ネイティブの包括的なセキュリティと管理ツールを使用して、適切に設計されたマネージド サービス オファーを構築することができます。顧客を安全かつ迅速にオンボードし、単一の画面を活用してクロステナント管理を行い、全顧客のクラウド コストを監視、管理し、クラウド インフラストラクチャと運用を最適化することができます。これらはすべて、統一された 1 つのコントロール プレーンからの自動化、セキュリティ、ガバナンスにより実現します。

また、サービス プロバイダーは、オンプレミス、マルチクラウド、エッジ環境にマネージド サービスを拡張することで、Azure Arc の収益を拡大する機会を得られます。「最もよい部分は、顧客による制御です。必要なものだけに正確にアクセスできるだけでなく、アクセスしている内容、場所、タイミングについて、顧客が完全な透明性を維持できます。これは、非常に高速で安全性が高く、また効果的であるため、お客様に今すぐサービスを提供する上ではるかに便利です。」 - Peter Chiang 氏 (シニア プロジェクト マネージャー、CloudRiches)

Azure Lighthouse は、パートナーやお客様からのフィードバックに基づき、Azure Multi-Factor Authentication のプレビューや、ジャストインタイム アクセスのための Azure Privileged Identity Management のサポートなど、複数の機能強化を提供しています。「当社は既にきめ細かで安全なアクセスを実現していましたが、最小権限の原則のセキュリティ ベスト プラクティスを追加することができるようになったため、お客様にさらに快適さと安心感を提供することができます。」 - James Brookbanks 氏 (Azure サービス マネージャー、Parallo)

パートナーは、顧客のオンボードに使用するアーム テンプレートのロールベースのアクセス制御ロール (恒久的または昇格の対象) に種類のオプションを追加することで、簡単に PIM および MFA を有効化できるようになりました。パートナーは、恒久的に高いレベルのアクセスを必要とせずに、短期間で特権的なロール タイプへのアクセスを昇格させることができます。

Azure パートナー ゾーンで、これらすべてのイニシアチブをサポートする詳細情報と包括的なリソースをご確認ください。私たちの前には絶好の機会が広がっています。引き続き Microsoft のパートナーとして、お客様が Azure を正常に使用してビジネス目標を達成できるよう、ご支援ください。


1 LinkedIn Workplace Learning レポート

2 世界経済フォーラム: 仕事の未来レポート、2018 年。

3 ガートナー、クラウド インフラストラクチャの導入者から学んだ 4 つの教訓、2020 年 6 月 30 日。