SQL Server のライセンスが Azure Virtual Machines で簡単に利用可能に

2016年5月26日 に投稿済み

Senior Program Manager, Microsoft Azure

本日より、Microsoft Enterprise Agreement のお客様は、SQL Server を実行するための既存のライセンスを Azure Virtual Machines に移行できるようになったことをお知らせいたします。Azure Virtual Machines を起動すれば、Azure ギャラリーで入手可能ないくつかの既存の SQL Server イメージを通して Azure Virtual Machines における SQL Server を実行したり、独自のイメージを Azure にインストールしたりできるようになります。これらのイメージと機能のサポートは継続されるため、Azure Virtual Machines における SQL Server の従量課金制ライセンスをそのまま利用することができます。

Enterprise Agreement に加入していて既に SQL Server ライセンスをお持ちのお客様は、Azure Virtual Machines のマイクロソフト認定済みギャラリー イメージ (BYOL イメージ) でそのライセンスを使用できるようになりました。これらのイメージには SQL Server のライセンス料は発生せず、コンピューティング料金のみでご利用いただけます。

BYOL SQL Server for Enterprise Agreement

今回は、Microsoft Enterprise Agreement のお客様が既存の SQL Server ライセンスを使用して VM をデプロイできる新しいギャラリー イメージが提供されることも発表されました。これにより、Microsoft Enterprise Agreement のお客様はさらに柔軟で利便性の高いサービスを利用できるだけでなく、さらなるコスト削減も実現できます。既存の SQL Server ライセンスを再利用すると、SQL Server ワークロードを連続的に実行していたり、長時間実行している場合にコスト削減が可能になります。

SQL Server を Azure Virtual Machines に移行する際にカスタム イメージを作成する必要はなく、上記のイメージのいずれかを選択して VM をプロビジョニングし、そこに既存のライセンスを追加することができます。ただし、Enterprise Agreement サブスクリプションが必要です。これらの Microsoft 認定 BYOL イメージを使用して Portal の豊富な自動化機能である Azure クイックスタート GitHub テンプレート (ストレージの構成、トランザクション処理の最適化、データ ウェアハウス、自動バックアップ、自動修正など) を利用することもできます。さらに、SQL Server VM のデプロイはギャラリーから直接行うか、または Azure PowerShellAzure CLI (コマンドライン インターフェイス) などのお好きなクライアント ツールを使用するか、あるいは Azure SDK 経由で行えます。

BYOL SQL Server for Enterprise Agreement

お客様のフィードバックにお応えして、既存のライセンスで Enterprise Agreement サブスクリプションにログインし、SQL Sever ベースの VM をプロビジョニングできるようになりました。ドキュメント ページで詳細を確認してください。