Azure Cosmos DB の開発者エクスペリエンスの更新

9月 24, 2018 に投稿済み

Program Manager, Azure Cosmos DB

Azure Cosmos DB チームは、以下のような開発者向けの新機能と機能強化をご案内できることをうれしく思います。

1 か月無料試用版の Azure Cosmos DB

1 か月間無料で Azure Cosmos DB を試すことができるようになりました。この試用版では、30 日間無料で Azure Cosmos DB の機能を評価することができ、最大 25 コンテナー (コレクション) を含むデータベースの作成と最大 10,000 要求ユニット (RU)/秒のスループットが含まれ、Azure サブスクリプションまたはクレジットは必要ありません。「Azure Cosmos DB を無料で試す」で始めてみてください。Azure Cosmos DB は Azure 無料アカウントにも含まれ、12 か月間 400 RU/秒を利用できます。

try-cosmos-db

.NET、Java、JavaScript、Python SDK の更新

JavaScript 2.0 SDK が一般公開されました。複数リージョンの書き込みのサポートが追加されました。これは、新しい "fluent" スタイルのオブジェクト モデルであり、明示的な URL を明示しないで Cosmos DB リソースを簡単に参照できます。また、promises および JavaScript の他の最新機能のサポートも追加されました。これは TypeScript でも書かれており、最新の TypeScript 3.0 をサポートします。

これらの変更により、新しいデータベースやコンテナーを作成したり、10 行のコードでアイテムを追加したりすることができます。

helloCosmos

新しい Python 3.0 SDK では、複数リージョンの書き込みのサポートに加えて、名前空間を azure.cosmos に変更し、"document_client" の名前を "cosmos_client" に変更しました。 Azure Cosmos DB では複数の API モデルがサポートされており、概念の名前も "コレクション" が "コンテナー" に、"ドキュメント" が "アイテム" に変更されました。

SDK 最新リリース
.NET 2.1
Java 2.2
JavaScript 2.0
Python 3.0

Cosmos Explorer

Cosmos Explorer では、人気のある Azure Cosmos DB データ エクスプローラーの全画面でスタンドアロンの Web ベース バージョンが提供されます。Cosmos Explorer では、データベース アカウントとコンテナーへのアクセス、クエリの実行、結果の表示をすべて全画面表示で行うことができます。また、一時的なアクセスを承認された同僚と共有することができ、同僚はサブスクリプションやポータルへのアクセス権を持っていなくてもかまいません。

cosmos-explorer_1

また、Cosmos Explorer ではクエリ実行のメトリックが [Query Stats] (クエリの状態) タブに表示されます。CSV をダウンロードしてパーティション レベルで詳細なメトリックを表示することもできます。詳しくは、Azure Cosmos DB でのメトリックおよびクエリの調整方法に関するページをご覧ください。

query_stats

Cosmos Explorer を試すには、データ エクスプローラーに移動して、[Open Full Screen] (全画面で開く) リンクをクリックしてください。https://cosmos.azure.com/ に直接アクセスして接続文字列を貼り付けてもかまいません。「Azure Cosmos DB エクスプローラーを使用してデータを管理する」をご覧ください。

cosmos-explorer_2

ポータルでアカウントを作成するための新しい UX

ポータルでの Azure Cosmos DB アカウント作成エクスペリエンスが更新されました。全画面表示を利用して、新しい Azure Cosmos DB アカウントを作成できます。

full-scren-create_v2

アカウント作成の状態を追跡することもできます。

full-screen-create_2

推奨事項

Azure Cosmos DB ポータルに、アカウントに関するアラート、推奨事項、メッセージが表示されるようになりました。見るには、[概要] タブに移動して、[通知] セクションを表示します。

たとえば、次に示す推奨事項では、コレクション内のパーティション キー プロパティの多くの値が null であり、分布が適切であることを確認する必要があることが指摘されています。

recommendations-v2

Azure Cosmos DB エミュレーターの更新

Azure Cosmos DB エミュレーターでは、Azure Cosmos DB サービスを開発目的でエミュレートするローカル環境を利用できます。エミュレーターを使用すれば、Azure サブスクリプションを作成したりコストをかけたりせずに、アプリケーションをローカルで開発してテストできます。

ビルドおよびリリース プロセスの一部として実行するように Azure Cosmos DB エミュレーターをセットアップしようとしたことがある場合は、維持するのが困難な場合があることをご存じでしょう。そのような場合、Azure DevOps (旧称 Visual Studio Team Services) 用の新しい Azure Cosmos DB エミュレーター ビルド タスク拡張機能を使用できるようになりました。ビルド タスクでは、すべてを CI パイプラインの一部として、エミュレーターに対してテストを直接実行できます。

始めるには、チュートリアルに従い、Marketplace から拡張機能をインストールしてください。

emulator-build-task

Twitter の @AzureCosmosDB をフォローして、最新の Azure #CosmosDB ニュースや機能の情報を常に把握してください。Azure Cosmos DB を利用して構築されたものを見られることを、本当に楽しみにしています。