ナビゲーションをスキップする

Azure SQL Database は、ゾーン冗長 Premium データベースおよびエラスティック プールを提供します

3月 7, 2018 に投稿済み

Principal Program Manager, Azure SQL Database

Azure SQL Database Premium 層では、リージョン内の同じデータセンターで自動的にプロビジョニングされる各データベースについて複数の冗長レプリカがサポートされます。この設計は SQL Server AlwaysON テクノロジを活用し、可用性 99.99% の SLA と RPO=0 により、サーバー エラー発生時の回復性を高めます。Azure Availability Zones の導入により、SQL Database では、Premium サービス層の Availability Zones のサポートが組み込まれるようになりました。異なる可用性ゾーンに個別のデータベース レプリカを配置することで、致命的なデータセンターの停止など、より大規模な一連のエラーが発生した場合に Premium データベースの回復性が高まります。Availability Zones のビルトイン サポートにより、Azure SQL Database における高可用性 (HA) ソリューションが向上します。詳細については、「高可用性と Azure SQL Database」を参照してください。

この機能を活用するには、データベースまたはエラスティック プールの作成中にゾーン冗長オプションを選択するだけです。既存のデータベースまたはプールに対して有効にすることもできます。ゾーン冗長オプションを有効にすると、Azure SQL Database では、ダウンタイムなしで、データベースまたはプールが自動的に再構成されます。

次の図に示されているように、Azure portal を使用して、データベースをゾーン冗長になるように構成できます。

GA ブログ (002)

CLIPowerShellREST API のいずれかを使用して、この設定を構成することもできます。

ゾーン冗長 Premium データベースまたはプールは、次のリージョンでご利用いただけます。

  • 米国中部 (一般公開)
  • フランス中部 (一般公開)
  • 西ヨーロッパ (パブリック プレビュー)
  • 東南アジア (パブリック プレビュー)

対象リージョンは今後追加予定です。